ー18歳の若武者に、将来性を確信

錦織選手を知ったのは、私がカード推進部にいた頃でした。2008年3月、米国デルレイビーチ国際テニス選手権で18歳の若武者がツアー初優勝したんです。
私はこう見えても高校時代はテニス部で、東京でもなかなかの強豪校の出身なんです。レギュラーにはなれませんでしたが(笑)松岡修造さんとは同年代。その松岡修造以来なかった、テニス界のビッグニュースに驚きました。しかもマイアミにある国際的なテニス教育機関IMGアカデミーの出身。前年には当時世界ランク1位のロジャー・フェデラーの練習相手にもなっていたという、トッププロも認める逸材。久しぶりに胸が高鳴りましたね。その半年後に全米オープンベスト16に入るなど、錦織選手が大きく報道されるようになり、世界のトップで戦える日本人が出てきたなあと。まだ18歳。彼をしばらく見守っていきたいと思いました。

ー自社メディアでの速報担当として、錦織情報を発信

2013年からジャックスが錦織選手をサポートすることになって驚きました。私はまだ岡山支店にいた頃で、センセーショナルでした。翌年に錦織選手は全米オープンに準優勝して一気にブレーク。私は本社のWebソリューション部に移り、自社SNSで錦織選手の速報投稿を任されるようになりました。伸び盛りの彼の記事に対する周囲の反応はとても良く、彼が活躍するたびに「ファンになりました」「明日はテレビで応援します」などと書き込みがどんどん増えていく。こんなに応援してくれて本当にありがたいと思いました。
一方社内でも、「試合どうだった」「昨日のゲームすごかったね」と、普段の社員の会話にテニスや錦織選手の話題が出てくるようにもなりました。メディアにも錦織情報を発信している自社SNSを取り上げてもらって、加盟店でも評判になりました。日々の営業活動でも話題づくりに寄与しているようです。

ーテニス談義をきっかけに、久しぶりにコートに立つ

錦織選手に見習いたいのは、彼のチャレンジ精神。日本から単身アメリカにテニス留学して、世界を舞台に未来を拓こうとしています。
今年はケガに悩まされ、つらい時でしょう。2018年シーズンで復帰して必ず活躍する姿をみんなに見せてくれると信じています。
2020年には東京オリンピックがありますから、ぜひ表彰台に立ってほしいし、それまでにはグランドスラム(世界4大大会)にも1度優勝してほしいですね。
最近、いつものようにチームメンバーとお酒を飲んだとき「テニスやりましょうよ」という話になって、久しぶりにラケットを振り回してきました。若い頃のように動けませんでしたが、そこはテクニックでカバー(笑)。いい汗をかきました。久しぶりに高まったテニス熱、しばらくつづきそうです。

撮影協力/HUB恵比寿店
店内は英国パブのような雰囲気。世界のビールと、フィッシュ&チップスをはじめとする本場仕込みの料理が自慢です。サッカー、野球、テニスなど、スポーツ観戦は6台のモニターですべてのお席から視聴可能。ノーチャージ、キャッシュオンデリバリーですので気軽で安心。会社帰りにぜひご来店ください。

<店舗データ>
住所:渋谷区恵比寿西1-9-3 入船ビル5F
電話:03-3463-3321
最寄り駅:東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」徒歩1分/JR山手線他「恵比寿駅」西口より徒歩1分
営業時間:[月~木]17:00~翌1:00[金]17:00~翌2:00[土]16:00~翌2:00[日]16:00~翌1:00