2017年7月3日に行われた「JACCS PRESENTSレジェンドシリーズ2017 at 東京ドーム」に協賛しました。
このレジェンドシリーズは、北海道日本ハムファイターズの実施する球団ヒストリー企画で、現在の球団の礎を築いた方々に感謝と敬意を表し、復刻版ユニフォームを着用しプレイするイベントです。
当日は、北海道日本ハムファイターズ対埼玉西武ライオンズ戦が行われ、ジャックスが取り組んでいる社会貢献活動に関わりのある小児がん患者や、知的障がい者の方、視覚障がい者の方とそのご家族、総勢174名をご招待。

選手たちのバッティング練習を間近に見ることができる「ダッグアウトツアー」、選手にハイタッチしながらダイヤモンドを一周する「ベースランニング」、試合開始前に選手の守備位置まで駆けていく「キッズスターター」、監督への花束贈呈などのイベント参加と、野球観戦を楽しんでいただきました。参加された方々からは「選手を間近に見られて感動した」「はじめて東京ドームのグランドに降りて貴重な経験ができた」など、喜びの感想をいただきました。
また、このイベントにジャックス社員とその家族55名もボランティアとして参加し、盲導犬を連れた方をご案内したり、記念撮影をお手伝いしたり、ご招待した方々のイベント参加や野球観戦をサポート。ボランティアからは、「イベント参加や野球観戦を楽しむ顔を間近で見ることができ、そのお手伝いができて良かった」「ボランティア活動を通じて社会貢献を実感することができた」という感想が多く寄せられました。
今回のイベントを通じて参加者とジャックス社員との交流を深めることができました。