1950年~

1954年(昭和29年) 6月 函館に資本金330万円の「デパート信用販売株式会社」を設立。
クーポン券を発行し会員を募集するデパート月賦事業を開始。
取締役社長に伊部政次郎が就任、常務取締役に渡邊達弥・山根要が就任。
1957年(昭和32年) 4月 仙台支店を開設し、東北地区へ進出。
1959年(昭和34年) 7月 創立5周年を機に社名を「北日本信用販売株式会社」へ変更。
1959年(昭和34年) 12月 業界で初めて金融機関の融資保証業務を開始。

1960年~

1961年(昭和36年) 1月 高額の耐久消費財向けに長期払い(6ヵ月)の「スペシャルクーポン」制度を導入。
1962年(昭和37年) 9月 利用代金を分割返済できる「信販小切手」を導入。
1965年(昭和40年) 5月 函館市末広町の土地・建物を買い取り、本社事務所を移転。
1969年(昭和44年) 3月 大手メーカーと提携し、債権買取業務(ショッピングクレジット)を本格的に開始。

1970年~

1970年(昭和45年) 12月 札幌、仙台ではじめてカードを発行。
1972年(昭和47年) 7月 東京事務所(現・東京支店)を開設し、関東地区へ進出。
1973年(昭和48年) 4月 札幌証券取引所に上場。
1973年(昭和48年) 10月 大阪支店を開設し、関西地区へ進出。
1974年(昭和49年) 5月 名古屋支店を開設し、東海地区へ進出。
1975年(昭和50年) 8月 本部機能を東京へ移転。
1976年(昭和51年) 2月 福岡・広島支店を開設し、九州・中国地区へ進出。
1976年(昭和51年) 4月 社名を「株式会社ジャックス」へ変更。
1976年(昭和51年) 11月 東京証券取引所第2部に上場。
1978年(昭和53年) 9月 東京証券取引所第一部に指定替え。

1980年~

1981年(昭和56年) 6月 世界最大の免税店チェーンのDFS(Duty Free Shoppers)とカード業務で提携。
1982年(昭和57年) 1月 業界初の銀行カードローンの保証業務を開始。
1983年(昭和58年) 4月 住宅ローンセンター(現・東京住宅ローンセンター)を開設。
1989年(平成元年) 4月 国際カード「ジャックス・Visaカード」、「ジャックス・MasterCard」を発行開始。
1989年(平成元年) 6月 創立35周年記念として、旧本社ビルを函館市へ寄贈(現・函館市文学館)。

1990年~

1991年(平成3年) 1月 「ジャックス・JCBカード」を発行開始。
1994年(平成6年) 2月 業界で初めてCP(コマーシャルペーパー)を発行。
1994年(平成6年) 11月 新本社ビル「恵比寿ネオナート」竣工、本部を渋谷区恵比寿へ移転。
1995年(平成7年) 10月 「ジャックスカード1億円 COME HOME キャンペーン」を実施。
1996年(平成8年) 10月 「ジャックスカード半分持ちますキャンペーン」を実施。
1997年(平成9年) 2月 カードキャッシング利率を業界最低水準となる実質年率(利息制限法内である)18.0%へ引き下げ。
1999年(平成11年) 5月 創立45周年の感謝を込めて「ジャックスカード旅行ご招待キャンペーン」を実施。

2000年~

2001年(平成13年) 5月 日本IBMと業界最新鋭の基幹システム「JANET」を稼働、24時間365日稼働のオンラインシステムを実現。
2002年(平成14年) 6月 ジャックスカード会員向けインターネット総合サービス「インターコムクラブ」開始。
2004年(平成16年) 6月 創立50周年を迎える。
2006年(平成18年) 2月 「プライバシーマーク」の認証を取得。
2006年(平成18年) 11月 業界初の携帯電話完結型ショッピングクレジットシステム『WeBBy mobile(ウェビーモバイル)』を開発。
2007年(平成19年) 9月 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ、株式会社三菱東京UFJ銀行(現 三菱UFJ銀行)三菱UFJニコス株式会社と業務・資本提携に係る基本合意を締結。
2008年(平成20年) 3月 第三者割当増資により株式会社三菱東京UFJ銀行(現 三菱UFJ銀行)の持分法適用関連会社へ。
2008年(平成20年) 4月 三菱UFJニコス株式会社の個品割賦事業を承継(JNS管理サービス株式会社)。

2010年~

2010年(平成22年) 6月 海外連結子会社 ジャックス International Vietnam Finance Co.,Ltd. (JIVF)を設立。
2012年(平成24年) 12月 インドネシアの現地企業 PT Sasana Artha Finance(SAF)の株式40%を取得し、二輪車販売金融事業へ参入。
2014年(平成26年) 4月 創立60周年を機にコーポレートロゴをリニューアル。
2014年(平成26年) 4月 創立60周年記念事業として函館市へ太陽光発電所を寄贈。
2014年(平成26年) 5月 インドネシアの持分法適用関連会社SAFと事業パートナーのPT Mitra Pinasthika Mustika Finance(MPMF)が合併し、存続会社であるMPMFを持分法適用関連会社化。
2014年(平成26年) 9月 ジャックスグループのJIVF、ベトナムにおいて日系イシュアとしては初となるクレジットカード事業へ参入
2016年(平成28年) 5月 フィリピンにてMMPC Auto Financial Services Corporation(MAFS)を合弁で設立し、四輪車販売金融事業へ参入。
2016年(平成28年) 10月 日本IBMと基幹システムのバックアップ・センターを構築。
2016年(平成28年) 11月 業界初のクラウドファンディング事業を開始。
2017年(平成29年) 4月 アクワイアリング事業を開始。
2017年(平成29年) 5月 インドネシアの持分法適用関連会社MPMFの株式を追加取得し、連結子会社化。
2018年(平成30年) 4月 中期3カ年経営計画「RAISE 2020」がスタート。