女性活躍推進法に基づく行動計画について

女性社員が能力を最大限発揮し、活き活きと働くことができる職場環境・制度の整備を進めるとともに、活躍の場や機会の拡大に向けた取り組みを推進するため、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間
    2016年4月1日~2018年3月31日(2年間)
  2. 目標と取組内容・実施時期

目標1 採用
グローバル職(基幹職)採用における女性社員の割合を30%以上といたします。

  • 2016年度
    • 採用ホームページや会社説明会等で活躍している女性社員の紹介や広報を実施
    • 多様な働き方支援や仕事と育児・介護の両立支援に向けた制度面の整備・拡充
  • 2017年度
    • 継続実施

目標2 長時間労働是正
正社員の月平均残業時間を13.0時間(法定超)といたします。

  • 2016年度
    • 「ノー残業デー」の更なる推進と有給休暇の取得奨励
    • 労務管理の徹底と業務効率化の推進
  • 2017年度
    • 継続実施

目標3 育成・登用
女性社員の管理職における課長級以上を10名以上といたします。

  • 2016年度
    • マネジメント力強化等に向けた研修の実施
    • 活躍の場や職域の拡大に向けたジョブローテーション等の実施
  • 2017年度
    • 継続実施

情報公表項目(女性活躍推進法)

1. 採用

採用した労働者に占める女性労働者の割合(正社員)
(区分) 男性(名) 女性(名) 女性割合(%)
グローバル職 30 14 31.8%
リージョナル職 0 46 100%

2015年4月入社者

(区分) 男性(名) 女性(名) 女性割合(%)
グローバル職 21 10 32.3%
リージョナル職 0 23 100%

2016年4月入社者

(区分) 男性(名) 女性(名) 女性割合(%)
グローバル職 25 8 24.2%
リージョナル職 0 22 100%

2017年4月入社者

2. 長時間労働

労働者の一月当たりの平均残業時間(正社員)
(区分) 平均残業時間(1ケ月当)(時間)
グローバル職 21.0
リージョナル職 8.7
正社員計 14.0

2014年度(法定超:8時間超の時間)

(区分) 平均残業時間(1ケ月当)(時間)
グローバル職 20.2
リージョナル職 7.9
正社員計 13.1

2015年度(法定超:8時間超の時間)

(区分) 平均残業時間(1ケ月当)(時間)
グローバル職 19.5
リージョナル職 8.0
正社員計 12.7

2016年度(法定超:8時間超の時間)

3. 育成・登用

管理職(課長級以上)に占める女性労働者の割合
(区分) 男性(名) 女性(名) 女性割合(%)
グローバル職 272 0 0%
リージョナル職 0 1 -
正社員計 272 1 0.4%

2015年4月1日時点

(区分) 男性(名) 女性(名) 女性割合(%)
グローバル職 272 2 0.7%
リージョナル職 0 4 -
正社員計 272 6 2.2%

2016年4月1日時点

(区分) 男性(名) 女性(名) 女性割合(%)
グローバル職 276 3 1.1%
リージョナル職 0 7 -
正社員計 276 10 3.6%

2017年4月1日時点

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画について

  1. 計画期間
    2017年4月1日から2019年3月31日までの2年間
  2. 内容
  • 育児休業等の取得について
    男性社員・・・各年度の取得率を30%以上といたします。
    女性社員・・・各年度の取得率を95%以上といたします。
    • 男性対象者に人事部から案内文を送付することで、育児休業の取得推進を図ります。
    • 案内文送付後、未取得者と部署長に対して個別に取得依頼を行います。
  • 育児・介護関連制度の理解浸透と利便性の向上策検討について
    • 育児・介護関連制度等を利用しやすくするための支援策を検討します。
    • 社内通達等により社員へ報知し、制度内容の理解浸透を図ります。
  • 女性社員のキャリア形成・マネジメント能力向上のための研修実施
    • 女性社員を対象にキャリア形成・マネジメント能力向上のための研修を実施します。
  • ワーク・ライフ・バランスの推進
    • 「ジャックス ワーク・ライフ・バランス プロモーション(JWP)」の実施
      1. 「ノー残業デー月3日以上」・「プレミアムウィークデー月1日」を取得いたします。
      2. 「有給休暇の年間付与日数60%以上」を取得いたします。
      3. 「超過勤務時間の月30時間以内」といたします。

育児休業の取得状況について

2016年度の具体的取り組み内容

育児休業の取得を推進するため、以下の目標を設定いたしました。

  • 女性社員の取得率95%以上
  • 男性社員の取得数5名以上

また、男女問わず育児休業を取得しやすい環境整備に努めます。

2016年度の取り組み結果

  • 女性社員の育児休業取得率100%(46名)で目標を達成しました。
  • 男性社員の育児休業取得者13名で目標を達成しました。
  • 2017年3月1日より、育児休業の期間を最長2歳に達するまでに延長しました。

2017年度の取り組み・改善予定

育児休業の取得を推進するため、以下の目標を設定いたしました。

  • 女性社員の取得率95%以上といたします。
  • 男性社員の取得率30%以上といたします。

従業員の健康保持・増進に対する取り組み

従業員一人ひとりが心身ともに健康な状態で、安心して活き活きと働き続けることが、会社にとって重要であるとの認識のもと、「労働環境の質的向上」を目指してまいります。

2016年度の具体的取り組み内容

  • ストレスチェックを実施いたしました。
  • ノー残業デー(月4回)を実施いたしました。
  • プレミアムウィークデー(ジャックス版プレミアムフライデー)を実施いたしました。
  • 健康一時金を支給いたしました。
  • 所定就業時間の喫煙禁止を就業規則に明記いたしました。
  • 超過勤務を抑制いたしました。

2016年度の取り組み結果

  • ストレスチェックの受検対象者は96.9%でした。
  • ノー残業デーの実施率は91.2%でした。
  • 健康一時金の支給は対象者の34.9%でした。
  • プレミアムウィークデー(ジャックス版プレミアムフライデー)の実施率は99.6%でした。
  • 正社員の残業時間は12.7時間でした。

2017年度の取り組み・改善予定

  • ジャックスグループライフケアポイント(略称JLP)をジャックス健康保険組合と協働で実施し、様々な施策や企画と連動させ、社員が自主的に健康の保持・増進や自己啓発・研鑽に取り組める環境を醸成します。
  • ノー残業デー・プレミアムウィークデー(ジャックス版プレミアムフライデー)の継続実施、有給休暇の取得促進、超過勤務の抑制により、ワーク・ライフ・バランスを推進いたします。
  • ストレスチェックを行い、メンタルヘルスケアに努めます。