女性活躍推進法に基づく行動計画について

女性社員が能力を最大限発揮し、活き活きと働くことができる職場環境・制度の整備を進めるとともに、
活躍の場や機会の拡大に向けた取り組みを推進するため、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間
    2016年4月1日~2018年3月31日(2年間)
  2. 目標と取組内容・実施時期
    目標1 【採用】グローバル職(基幹職)採用における女性社員の割合を30%以上とする。
    • 2016年度
      • 採用ホームページや会社説明会等で活躍している女性社員の紹介や広報を実施
      • 多様な働き方支援や仕事と育児・介護の両立支援に向けた制度面の整備・拡充
    • 2017年度
      • 継続実施
    目標2 【長時間労働是正】正社員の月平均残業時間を13.0時間(法定超)とする。
    • 2016年度
      • 「ノー残業デー」の更なる推進と有給休暇の取得奨励
      • 労務管理の徹底と業務効率化の推進
    • 2017年度
      • 継続実施
    目標3 【育成・登用】女性社員の管理職における課長級以上を10人以上とする。
    • 2016年度
      • マネジメント力強化等に向けた研修の実施
      • 活躍の場や職域の拡大に向けたジョブローテーション等の実施
    • 2017年度
      • 継続実施

情報公表項目(女性活躍推進法)

  1. 【採用】
    採用した労働者に占める女性労働者の割合(正社員)
    (区分) 男性 女性 女性割合
    グローバル職 30 14 31.8%
    リージョナル職 0 46 100%
    • 2015年4月入社者(人)
    (区分) 男性 女性 女性割合
    グローバル職 21 10 32.3%
    リージョナル職 0 23 100%
    • 2016年4月入社者(人)
  2. 【長時間労働】
    労働者の一月当たりの平均残業時間(正社員)
    (区分) 平均残業時間(1ケ月当)
    グローバル職 21.0
    リージョナル職 8.7
    正社員計 14.0
    • 2014年度(法定超:8時間超の時間)
    (区分) 平均残業時間(1ケ月当)
    グローバル職 20.2
    リージョナル職 7.9
    正社員計 13.1
    • 2015年度(法定超:8時間超の時間)
  3. 【育成・登用】
    管理職(課長級以上)に占める女性労働者の割合
    (区分) 男性 女性 女性割合
    グローバル職 272 0 0%
    リージョナル職 0 1 -
    正社員計 272 1 0.4%
    • 2015年4月1日時点(人)
    (区分) 男性 女性 女性割合
    グローバル職 272 2 0.7%
    リージョナル職 0 4 -
    正社員計 272 6 2.2%
    • 2016年4月1日時点(人)

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画について

  1. 計画期間
    2015年4月1日から2017年3月31日までの2年間
  2. 内容
    [育児関連の取り組み]
    • 育児休業等の取得について
      男性社員・・・各年度の育児休業取得者を5名以上とします。
      女性社員・・・各年度の取得率を95%以上とします。
      • 男性対象者に人事部から案内文を送付することで、育児休業の推進を図ります。
      • 案内文送付後、未取得者と部署長に対して個別に取得依頼をします。
    • 育児関連制度の理解浸透と利便性の向上策検討について
      • 育児関連制度等を利用しやすくするための支援策を検討します。
      • 社内通達により社員へ報知し、制度内容の理解浸透を図ります。
    [ワークライフバランス関連の取り組み]
    • 年次有給休暇の取得促進に向けて
      • 年次有給休暇取得状況を検証し社内周知・徹底します。
      • 年次有給休暇の計画的付与策を検討します。
    • 所定外労働の削減に向けて
      • 「ノー残業デー」の更なる推進を図ります。
      • 所定外労働時間の検証と労務管理徹底に向けた社内報知を行います。

育児休業の取得率について

子育てサポートしています 2009・07 年認証事業主従業員の子育て支援に取り組んでいる企業として厚生労働大臣の認定を受け、2009年7月、くるみんマークを取得しました。

2015年度の具体的取り組み内容

育児休業の取得を推進するため、以下の目標を設定しました。

  • 女性社員の取得率95%以上
  • 男性社員の取得数5名以上

また、男女問わず育児休業を取得しやすい環境整備に努める。

2015年度の取り組み結果

  • 育児休業取得状況は、女性社員の取得率が100%(48名)と目標を達成しました。
  • 男性社員の取得者数が11名と目標を達成しました。

2016年度の取り組み・改善予定

  • 男性社員の育児休業取得者を5名以上とします。
  • 女性社員の育児休業取得率を95%以上とします。

従業員の健康保持・増進に対する取り組み

従業員一人ひとりが心身ともに健康な状態で、安心して活き活きと働き続けることが、会社にとって重要であるとの認識のもと、「労働環境の質的向上」を目指す。

2015年度の具体的取り組み内容

  • 個別ストレス診断の実施
  • ノー残業デー(月4回)の実施
  • 所定就業時間の喫煙禁止
  • 階段の積極的利用
  • 超過勤務の抑制

2015年度の取り組み結果

個別ストレス診断、実施対象者の約98%が実施
ノー残業デー実施率84.2%
健保と協働で禁煙キャンペーンを実施後、9月より所定就業時間の喫煙禁止を実施
超過勤務時間(前年比約5%減)

2016年度の取り組み・改善予定

ストレスチェックを行い、メンタルヘルスケアに努めます。
禁煙および運動を奨励し、従業員の健康保持・増進を推進します。
ノー残業デーの継続実施・超過勤務の抑制を図りワークワイフバランスを図ります。