社会貢献活動の基本方針について

社会貢献に対する企業姿勢を明確にし、安定的且つ継続的な活動を維持するために、社会貢献活動の基本方針を以下のとおり定めています。
『ジャックスグループは豊かで夢のある未来のために、「地域社会との共生」を軸とした社会貢献活動に取り組み、良き企業市民として全役職員が自発的に参加する風土を醸成します。』

社会貢献活動を推進する組織体制について

全社ベースによる社会貢献活動を推進するために、本部の経営企画部内に「社会貢献推進事務局」を設置し専任の担当者を配置して取り組んでいます。

社会貢献活動について

2015年度の具体的取り組み内容・結果

  • 全社をあげての収集活動
    全役職員が気軽に参加できるボランティア活動として、ペットボトルキャップ・ベルマーク・書き損じはがきの収集活動を行っています。集まった収集物は、開発途上国支援や地域活動に役立てていただくため、NPO法人や地域団体等に寄贈しています。
  • 創業の地函館の子どもたちに積木を届ける活動
    間伐材を活用した積木づくりボランティアを実施しました。作成した積木は函館市内の保育園35園(上期に5園・下期に30園)に寄贈し、子どもたちが木のぬくもりを感じられる遊具として、活用してもらっています。
    【参加役職員数:上期100名、下期618名】
  • 「キワニスドールをつくる会」を開催
    一般社団法人東京キワニスクラブのご協力により、入院中の子どもたちに手作りの人形を届ける活動「キワニスドールをつくる会」を開催しました。入院中の子どもたちに元気や勇気を届ける気持ちを込めて作成しました。
    【参加役職員数:上期30名、下期54名(家族含む)】
  • FITチャリティ・ラン2015への参加
    東京の金融関連サービス企業が集結して行うチャリティイベント「FITチャリティ・ラン2015」へ参加しました。このイベントで集まった募金は、地域に根ざした活動を行っている非営利団体へ寄付されます。当社からは61名のランナーと3名のボランティアが参加しました。
  • 障がい者福祉作業所自主製品の社内販売会を開催
    当社本部が所在する恵比寿にある福祉作業所の「おかし屋ぱれっと」の方たちに、自主製品を当社役職員向けに販売していただく社内販売会を開催しました。売上に貢献するとともに、障がいのある方たちの社会参加の場として活用いただきました。会社も役職員が購入し支援する気持ちに応えるため、売上金額と同額を寄付金として拠出し、作業所で必要としている機材等の購入に役立てていただきました。
  • インターンシップによる外国人学生の受け入れ
    当社では2014年度より、海外の学生を受け入れるインターンシッププログラムを実施しています。2015年度は当社進出国であるベトナムの大学生2名を2ヵ月間受け入れ、当社各部門での研修を通じて日本のビジネスの現場を体験してもらいました。このプログラムは株式会社パソナグループのご協力により行っています。
  • 献血活動
    当社では毎年主要事業所において、日本赤十字社による団体献血を行っています。2015年度は本部(恵比寿)の他に、目黒・海老名・千里(大阪)の各部署において実施しました。
  • 福島へ備蓄保存水を寄贈
    本部および一部部署で保管している備蓄用保存水の入れ替えを前倒しで行い、賞味期限が到来する前のミネラルウォーターを、福島県内で妊産婦や乳幼児に安全な水を届ける活動をしている団体に届けました。この活動は、フードバンク活動を行っているNPO法人セカンドハーベスト・ジャパンを介して実施しました。

2016年度の取り組み予定

社会貢献活動の基本方針に基づき、全役職員が自発的に社会貢献活動へ参加する風土醸成に努めてまいります。

社会貢献カードについて

社会貢献カード

2015年度の具体的取り組み内容

「日本盲導犬協会カード」においては、新規カード発行に伴う寄付金として1名につき1,000円、毎年お支払いただいております年会費から1名につき500円、カードショッピングご利用代金の0.5%を寄付するプログラムと共に、日本盲導犬協会に寄付できるラブリィポイントプログラムを継続実施いたします。また、2015年10月に「日本盲導犬協会カード」(VISA)のカードデザインを変更し、より一層ご愛用いただけるカードとなりました。

2015年度の取り組み結果

「日本盲導犬協会カード」においては、各種プログラムを通じて日本盲導犬協会へ約227万円の寄付をいたしました。また昨年に引き続き、日本盲導犬協会の認知度向上の為、チャリティゴルフ大会(9月)への一部協賛を実施いたしました。

2016年度の取り組み・改善予定

「日本盲導犬協会カード」の更なる認知度向上を図ると共に、各種プログラムを継続して寄付金を募ってまいります。