トップ>会社情報>ジャックスのこれから

VISION ジャックスのこれから

私たちは、日本を代表する先進的なコンシューマーファイナンスカンパニーというビジョンの実現を目指します。

「日本を代表する先進的なコンシューマーファイナンスカンパニー」とは以下のような状態と考えています。

以上のビジョンを実現するため、ジャックスを中心としてジャックスグループの力を集結し、国内・海外で消費者信用を軸にさまざまな事業を展開しています。

収益基盤を拡充し、連結経営を目指す

私たちは、MUFGグループともグループの力を結集して、以下のことに取り組み、連結経営への転換を目指します。

[MUFGグループの強みを最大限に発揮] JACCS、三菱東京UFJ銀行、グループ企業/[ジャックスグループの力を結集] JACCS、ジャックス債権回収サービス(JLS)、ジャックス・トータル・サービス(JTS)、ジャックス・ペイメント・ソリューションズ(JPaS)、ジャックスリース(JL)、JIVF(ベトナム)、MAFS(フィリピン)、MPMF(インドネシア)

ASEANへ進出し、豊かな国民生活の実現に貢献

ASEANに進出する3つの理由

経済の成長力

ASEAN諸国では、経済成長を牽引する生産年齢人口(15〜64歳)が2040年代後半にピークを迎えると予想されています。このことから、今後30年以上にわたって安定的な経済成長が見込まれます。

ショッピングクレジットの需要

ASEAN全体で二輪車や自動車は成長産業です。1人あたりのGDPが日本の10分の1以下という国も多く、二輪車はまだまだ高嶺の花です。

また、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどの白物家電は普及率が低く、こうした比較的高額で長期間使われる商品が中間所得者に広く行き渡るのはこれからです。

このような背景から、カードの普及より先に、利便性の高い決済手段であるショッピングクレジット市場が大きく成長することが見込まれています。

親日であること

2013年度に外務省が実施した対日世論調査で、日本企業進出に対する好意的な回答が95%を占めました。これは国や先人たちのASEANに向かう姿勢の成果といえます。

ASEANへの想い

積み上げてきたシステムを通じて、ASEANの人々に貢献

ASEAN各国は貧困や格差、最近まで続いた内戦の悲劇や暴動など、問題を多く抱えています。こうした「痛み」を理解せず、単にもうけるためだけのASEAN進出であってはなりません。

私たちが今まで積み上げてきた高品質なシステムを提供して、ASEAN各国の豊かな国民生活に貢献すること。これは忘れてはならない視点だと考えています。

2016年11月18日 フィリピンMAFS社 開所式の模様