トップ>事業紹介>海外事業

OVERSEA 海外事業

ASEANに挑む。途上国の未来へ届けるジャックスの想い
ASEANに挑む。途上国の未来へ届けるジャックスの想い

ASEAN諸国でも、ジャックスブランドを確立する

ジャックスは、クレジット事業で培ってきたノウハウを成長著しいASEAN市場でも展開するため、2010年のベトナム進出を皮切りに、2012年にはインドネシア、2016年にはフィリピンへ進出しました。

今後は海外事業の安定稼働を目指すとともに、営業基盤の拡充、業容拡大に向けた取り組みを強化。各国でのリーディングポジションを確保し続け、ジャックスブランドを確立していきます。また、成長が著しい他の東南アジア諸国への進出も、早期に実現していく方針です。

ベトナム

ベトナムにおける二輪車の販売市場は日本国内の約7~8倍。年間300万台以上の需要があり、金融サービスのニーズも増加しています。

ジャックスは2010年6月、100%出資のベトナム現地法人をホーチミン市に設立し、日系ファイナンスカンパニーとして、日系の二輪車メーカーの販売店を中心に加盟店網の拡充を進めてきました。現在は、取扱商品を自動車・家電製品・クレジットカード・カードローンと拡大し、ベトナム経済の発展に貢献しています。

インドネシア

インドネシアは2億5,500万人という世界第4位の人口を擁し、国民の平均年齢も約28歳と若いことから、中長期的な内需拡大・経済成長が期待されております。

ジャックスは2012年12月に二輪車販売金融事業を営むPT Sasana Artha Finance(「SAF社」)の株式40%を取得し、経営に参画いたしました。2014年5月にSAF社のグループ会社で四輪車販売金融事業を営むPT Mitra Pinasthika Mustika Finance(「MPMF社」)との合併に合意、存続会社であるMPMF社の株式を取得し、経営参画を継続しておりました。

2017年5月、今後の事業拡大を展望し、MPMF社の株式20%を追加取得、出資比率60%に引き上げ連結子会社化しました。アジアにおける第二の進出先として、日本国内で培ってきた販売金融事業のノウハウを提供し、インドネシアにおける事業拡大を目指します。

フィリピン

人口1億人を超えるフィリピンは、今後も東南アジア諸国の中で、高い経済成長率を維持していくことが見込まれています。

堅調な経済成長と消費市場の伸長とともに、同国の自動車販売市場も拡大を続けていることから、ジャックスはフィリピンで三菱自動車を専門に取り扱う販売金融会社、MMPC Auto Financial Services Corporationを4社合弁で設立し、2016年9月に営業を開始しました。今後、2020年までに年間2万台超の三菱自動車の販売金融の契約獲得を目指します。

さらなるASEAN進出により、海外事業を収益の柱に

ジャックスでは、海外の人々の暮らしも豊かにするサポートを実施し、国内3事業(クレジット事業・カード事業・ファイナンス事業)に続いて、海外事業を第4の事業の柱になるよう挑戦を続けています。

また、今後は各国で安定的に決済サービスを提供し、確固たるプレゼンスを構築。他のASEAN諸国への進出に向けて積極果敢にチャレンジしていきます。