トップ>先輩紹介>国際事業企画 山本 綾

[先輩インタビュー] 自分が携わる事業を通じて日本と海外がつながっていることを肌で感じられる/山本 綾(ヤマモトアヤ)/国際事業部 国際事業企画 グローバル職 2001年入社
自分が携わる事業を通じて日本と海外がつながっていることを肌で感じられる/山本 綾(ヤマモトアヤ)/国際事業部 国際事業企画 グローバル職 2001年入社

ジャックスに注目した理由

大学時代に国際関係学科で国際法を専攻していた私は、男女問わず働きやすく、居心地が良いかどうかを大切にして就職活動をしていました。

ジャックスに対してはじめに感じたのは、どの社員も温かい人柄で話しやすく、魅力的だということでした。そして、会社として女性の活躍を支援していく方針だったこと、入社前に営業の女性社員の実業務を拝見し、仕事に対して熱意と誇りを持って働く姿を見て、私もここで働きたいと強く思いました。

普段の仕事内容

海外子会社の実績管理、各種法令調査、規定作成などの内部統制対応、新興国の調査・開拓などが国際事業部の仕事です。そこで私は、主にインドネシア子会社からの決議対応、関連する経営会議などに向けた社内調整、駐在員の人事・総務関連の対応など、幅広く駐在員をサポートし、協議をおこなっています。

国際色が豊かで、朝礼を英語でおこなう国際事業部では、業務内容が非常に幅広いため、さまざま業務知識が必要です。これまで見たことがなかった、英語での決算書や金融商品の詳細情報について理解する必要がありますし、駐在員から意見を求められることもあります。大変ではありますが、組織・海外子会社運営の全体像を学ぶことができるこの職務には、大きな魅力を感じています。

一日のスケジュール

7:00 起床/8:00 英会話/9:10 出社/9:20 メールチェック/10:00~12:30 部内会議/12:30~13:00 昼休み/13:00~16:00 資料作成(経営会議資料、IR資料、契約翻訳等)/16:00~17:00 電話会議(駐在員/現地関連法人)/17:00~19:00 稟議書作成(人事関連)/19:00 帰宅/20:00 夕食/21:00 ジム/24:00 就寝 7:00 起床/8:00 英会話/9:10 出社/9:20 メールチェック/10:00~12:30 部内会議/12:30~13:00 昼休み/13:00~16:00 資料作成(経営会議資料、IR資料、契約翻訳等)/16:00~17:00 電話会議(駐在員/現地関連法人)/17:00~19:00 稟議書作成(人事関連)/19:00 帰宅/20:00 夕食/21:00 ジム/24:00 就寝

仕事のやりがい

インドネシア事業担当者として、海外出張した際に現地での会議に出席したり、海外子会社の駐在員や現地スタッフと対話したりしますが、そんなとき、自分が携わっている事業を通じて、実際に日本と海外がつながっていることを肌で感じることができます。そして、私がサポートした業務について感謝されたときは、大きなやりがいを感じます。

ジャックスの海外事業の歴史はまだ浅いことから、手探り状態の部分が多く存在します。メンバー同士で協力し、さまざまな業務を模索しながら進めているため苦労も多いですが、以前より財務知識や分析能力が身につき、自分やメンバーが成長していることを実感しています。また、会社の歴史を刻む事業に携わっていることに誇りを感じています。

キャリアパス

2001年 京都支店(営業渉外)
2006年 eビジネス開発室(現Webソリューション部)
2010年 オーソリセキュリティー
2015年 オート事業部(オート推進)
2016年 国際事業部

これからの目標

英語のスキルアップはもちろんですが、財務分野、国際会計等も幅広く学びたいと考えています。まずは国内で経験を積み、いずれは駐在員として海外で働き、現地スタッフをマネジメントして日本と海外の架け橋となって活躍したいと思います。

女性のキャリア

ジャックスは産休育休の制度が充実していて、職場内にそれが浸透しているため、非常に働きやすいと思います。周りにも出産、育児中の同期や先輩後輩が沢山いますが、それぞれのライフステージを尊重し、全員で協力して業務に取り組んでいます。

就活中のみなさんへ

5年後、10年後の自分はどうなっていたいと思いますか?そう考えたときに、この会社は自分が成長できる環境があるのかをしっかり考えると良いと思います。

ジャックスは今後のさらなる成長に向けて取り組んでいます。仕事はやりがいもありますが、楽しいことだけではありません。すべてが自分の成長につながるとポジティブに受け止めて、前向きに働ける人と一緒に仕事ができたら、と思います。当社には、困ったら必ずサポートしてくれる温かい先輩達が沢山います。ぜひ飛び込んでみてください。