トップ>採用情報>人事制度

PERSONNEL SYSTEM 人事制度

ジャックスの人事制度は、実力・成果を重視しながらも、より個人の適性や価値観にあったキャリアパスを描くことのできる仕組みで、厳しい経営環境の中でも勝ち抜いていけるような「強さ」と個人を尊重した「優しさ」の両面を兼ね備えた制度です。

人事制度のコアである、3つの制度を以下に紹介します。

「等級制度」「賃金制度」「考課制度」/この3つの制度によって個人の働きに応じた公正な処遇を実現します。
等級制度(CHECK) 考課制度(CHECK) 賃金制度(CHECK)

等級制度

役割バンド制度とは

当社では、「役割の大きさ」によって社員を位置づけています。この制度を、「役割バンド制度」と呼びます。

役割バンド制度とは、「現在の期待役割の大きさを表わす仕組み」です。各人が担っている役割の大きさによって決定されます。

つまり、同じ役割バンドであれば、「基本的に担うべき役割はほぼ同じである」と言い換えることができます。

役割バンド制度

考課制度

「行動考課」と「成果アクションプログラム」の2つからなる考課制度

「考課制度」とは、何らかの基準に基づいて、社員を考課する仕組みのことであり、「会社からの期待に各社員が応えられているか確認する制度」とも言えます。会社から最も大きな期待は「成果をあげること」です。しかし、考えられるだけの努力をしても必ず成果があがるとは限りません、何故なら、そこには自分でコントロールできない環境要因があるからです、そこで人事考課制度を「行動考課(昇格・昇給アクションプログラム)」と「成果考課(成果アクションプログラム)」の2つに区分しています。

[行動考課(昇格・昇給アクションプログラム)とは?] 会社が期待する行動を日々取っているかを確認する制度です。/仕事ぶり、日常の行動を考課する制度とも言えます。役割バンド毎に期待する行動を整理しています。 [成果考課(成果アクションプログラム)とは?] 会社が期待する成果をあげることができたかどうかを確認する制度です。/仕事の結果を考課する制度とも言えます。また、成果考課は「成果目標」と「プロセス目標」から成り立ちます。

2つの考課の関係

2つの考課制度は、以下のような関係にあります。成果は日々の行動によって生み出されますが、よい行動をとったからと言って、考課期間中に必ずしも高い成果があがるとは限りません。そのため「会社が期待する行動をとっていたのか?」「その結果として成果はあがったのか?」を別々に考課する必要があります。

[行動考課] 「会社が期待する行動」を日々取っているかを考課します。「日々の行動」 → 環境要因 → [成果考課] 「会社が期待する成果」を上げることができたかを考課します。「成果の実現」

賃金制度

「役割給」と「手当」からなる月例給と会社業績と個人成果に応じた「賞与」

「賃金制度」とは、社員に何らかの基準によって賃金を支払う仕組みです。年収は大きく「月例給」と「賞与」で構成されます。

月例給は毎月決まって支払われる賃金です。賞与は業績に応じて夏と冬の年2回支払われる賃金です。月例給は「役割給」と「各手当」から構成されます。

[役割給とは?] 「現在の期待役割の遂行度」への対価として支払われる賃金です。/「役割バンド」と「行動考課結果」によってその額は決定されます。 [賞与とは?] 「現在の期待成果の達成度」への対価として支払われる賃金です。/「会社業績」と「個人成果」によってその額は決定されます。また、個人の成果は「役割バンド」と「成果考課結果」によって決定されます。

各制度の関連性

「等級制度」「考課制度」「賃金制度」の関係は以下の通りです。各制度は独立したものではなく、相互に関連しています。

経営目標・組織目標に沿って各人の役割が決定し(役割バンド制度)、役割に応じて各人が取るべき行動や、上げるべき成果を考課し(考課制度)、更にその考課の結果によって賃金が決まる(賃金制度)という流れになっています。

経営目標・組織目標 等級制度 役割バンド制度 役割の決定:組織方針・目標に応じて、各人の役割(何を、どのようになすべきか) 考課制度 行動考課 役割に求められる行動を明らかにし、遂行度を考課します 成果考課 上げるべき成果を明らかにし、達成度を考課します 賃金制度 役割給 「役割給(月例賃金の多くを占める部分)」が決定します 賞与 「賞与(成果反映部分)」が決定します