コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社及び子会社(以下、「ジャックスグループ」という)は、株主をはじめとした、お客様、お取引先、社会や環境などのあらゆるステークホルダー(以下、「ステークホルダー」という)の信頼と期待に応え、ジャックスグループの持続的な成長、及び中長期的な企業価値の向上を実現していこうと考えております。また、企業の社会的責任(CSR)を重視した経営を進めてまいります。そのために、経営の健全性、透明性を高め、経営管理体制や監査機能の強化を図り、社会正義に合致した企業活動を行ってまいります。

現状のコーポレート・ガバナンス体制

当社は、取締役会が適切に意思決定と監督機能を発揮すると共に、独任制の監査役が適切に監査機能を発揮することができるよう監査役会を設置しており、取締役会と監査役双方の機能の強化により、ガバナンスの向上に取り組んでいます。また、執行役員制度を導入し、業務執行の役割分担の明確化と権限委譲を行い、迅速な業務執行を行います。さらに、取締役会の諮問委員会として指名諮問委員会及び報酬諮問委員会を、取締役会の直轄の組織としてガバナンス委員会を設置することにより、実効性と透明性を備えたコーポレートガバナンスを目指してまいります。

コーポレート・ガバナンス基本方針
コーポレート・ガバナンス報告書
コーポレート・ガバナンス報告書を東京証券取引所へ提出しております。