第1条 法令等を遵守した企業活動をします。

『法令等』には当グループの企業活動に関係する法律・政令・省令・条例だけでなく、当グループ各社の定款並びに各々独自に作成した社内規程及びマニュアル等が含まれます。私たちがそれらを遵守しつつ仕事に取り組むことが、『法令等』を遵守した企業活動を展開していくことに繋がります。
『法令等』に反した行為の責任は、知らなかったこと、誤った理解をしたことを理由に免れられるわけではありませんので、私たちは『法令等』を知るとともに目的や制定の趣旨を十分に理解することが必要です。

第2条 『人』を大切にする企業活動をします。

『人』とは、役職員だけでなく、お客様、取引先、株主及び地域社会の人々など当グループの利害関係者等を意味します。企業は『人』のためにあり、『人』が創り上げていくものです。
当グループは人権尊重を基本とし、『人』を大切にする経営を行い、『人』の力で永続的に成長していきます。

第3条 信用を大事にする企業活動をします。

『信用』は一朝一夕で築くことのできない当グループの大事な財産です。私たちは当グループがあらゆる関係者(『人』)、そして社会からの『信用』の上に成り立っていることを十分認識した企業活動を行うことを基本とします。
この『信用』を維持し向上し続けるために、私たちは『約束』したことを誠実に守っていきます。

第4条 公正で透明な企業体質を維持します。

当グループは企業活動の成果について常に適正、適法な方法によりこれを公表します。
そして、その他の情報についても積極的にこれを公表し、すべてのステークホルダー(役職員、取引先、株主、債権者等、当グループに対するすべての利害関係人のことをいう)に正しく経営内容を伝えることを基本とします。
また、反社会的勢力に対しては毅然とした態度で臨み、取引や資金提供を疑われるような一切の関係を遮断します。
私たちは公正で透明な企業体質が『信用』の礎となることを認識し、その維持に努めていきます。

第5条 社会正義に合致した企業活動をします。

当グループにおける『社会正義』とは、単に『法令』を遵守することだけではなく、より高い倫理観に基づく行動をすることを指します。私たち一人一人が社会正義を意識した誠実な行動をすることにより、当グループが社会からさらに厚い信頼を得られることを基本とします。

第6条 個人情報保護を徹底した企業活動をします。

当グループには企業活動を通じて得た膨大な個人情報が蓄積しており、将来にわたってその量は増加していきます。これらの個人情報は個人情報の保護に関する法令に基づいて適正に収集し、保有し、利用することが求められます。個人情報の保護に関する手続きや方法は社内規程に定めており、私たちがこれらを確実に守ることにより当グループ全体が個人情報を保護する企業活動を基本とします。

第7条 社会とともに歩む企業活動をします。

すべての企業活動は社会との接点無くして成立しません。私たちは社会的責任を認識し、自発的に社会の課題に取り組み、継続して社会貢献活動を行っていくことを基本とします。また、全役職員が自発的に多様な社会貢献活動に参加する風土を醸成していきます。