一時的に引き上げられるカードの限度額。どんなときに活用する?

クレジットカード

クレジットカードには利用限度額が定められており、その限度額以上の買い物をすることはできません。ところが、カード会社の多くが利用限度額の一時的な引き上げ措置という制度を設けています。これはどのようなときに使えるものなのでしょうか。

知ってる?カードの限度額の引き上げ制度

クレジットカードの限度額とは、そのカードで支払うことができる上限の金額です。たとえば、利用限度額が30万円のカードであれば、30万円までしかそのカードを使って買い物をすることができません。
このカードの限度額というのは、会員の返済能力に適した額が設定されています。年齢・年収・勤務先・勤続年数・持ち家か否かなどの社会的状況や、カードの利用履歴も影響します。
カードで公共料金やインターネット、携帯の利用代金を支払い、通販で買い物などをしていると、突発的な支出があるときにカード限度額では足りないことも出てきます。このように限度額を超える出費が予想される場合は、一時的にカードの限度額を引き上げることができます。あくまで一時的なものなので、1ヵ月などといった一定期間でのみ、それまでの利用限度額以上の金額がクレジットカードで支払えるようになります。

どんな時に便利なの?

カードの限度額の引き上げ制度は、一時的にカードの利用額が増えることが予想される場合に便利です。たとえば、下記のようなケースが考えられます。

海外旅行
国内に比べ海外では、クレジットカードの使用頻度が高くなります。せっかくショッピングを楽しもうと思ったのに、限度額を超えてクレジットカードが使えない状況では困りますね。
結婚関連費用
結婚にかかわる費用は、挙式費用だけではなく、ハネムーン、新居への引越しやお祝い返しなどをまとめると、数百万円にのぼることもあります。
高額品の支払いが重なったとき
家電の買い替えが重なったり、通販で高額な商品を続けて購入するときは、限度額を超える利用額となる場合があります。

多額の出費があるときにカード払いをあきらめると、多くのポイントをためる機会を逃してしまいます。また、多額の現金を持ち歩くことになるなど、危険を伴う場合もあります。
クレジットカードの限度額を超える支出になりそうなときには、ぜひ積極的に一時的なカード限度額の引き上げを利用してみてください。

利用方法と注意点

利用方法
カードの限度額を一時的に引き上げるには、事前にカード会社に申請する必要があります。インターネットの会員専用サイトや電話で申し込む方法があるので、詳しくは各カード会社のホームページや会報誌でご確認ください。
注意点
カードの限度額を引き上げるにはカード会社による審査があります。審査結果の連絡は、後日カード会社からきます。審査に時間がかかる場合もあるので、余裕をもって申し込みましょう。審査結果によっては、限度額引き上げができない場合もあります。
カードの限度額引き上げが可能になるのは、支払いの延滞もなく、利用実績を積み上げてきた会員です。逆にいえば、入会して日が浅い人や支払いが遅れたことがある人は難しいこともあるでしょう。いざというときのために、計画性をもってクレジットカードを使い、支払日にはきちんと支払うようにしましょう。
一時的にカード限度額が上がり買い物した後には、当然、後日支払日が到来します。必ず支払計画も考慮したうえで利用してください。

海外旅行や結婚式など、クレジットカードを使う機会が増えるときに便利なのが、一時的な利用限度額の引き上げです。多くのポイントをためられる絶好の機会ですので、注意点をおさえつつ一時的な限度額の引き上げ制度を使いましょう。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

松本喜子
ファイナンシャルプランナー(CFP®、1級FP技能士)。
数少ない、保険などの金融商品を販売しないファイナンシャルプランナー。法律事務所で働きながらFP資格を取得。企業内にて数百人のお客様からFPとして家計相談を受け、中立的な独立系FP会社にて経験を積む。現在は、個別相談、講師、コラムの執筆など、FPとして独立して活躍中。
ホームページ:http://hanafp.jp/