盗難だけじゃない!クレジットカードによる犯罪被害【前編】

クレジットカード

クレジットカードにまつわる犯罪被害というと、真っ先に盗難が思い浮かぶかもしれません。ところが、安易で無防備な利用によって、盗難以外の犯罪被害に巻き込まれる可能性があるのです。
一体、クレジットカードによる犯罪被害にはどのようなものがあるのでしょうか。

どれくらい起きている?カードの不正利用

クレジットカード、キャッシュカード、プリペイドカード、カードローンを悪用したカード犯罪は減少傾向にあるものの、いまだに多数発生しています。

カード犯罪の認知・検挙状況の推移

カード犯罪の内容としては、盗難や拾ったキャッシュカードでATMなどから預貯金を不正に引き出す犯罪や、商品を不正に購入する犯罪が多数となっています。

クレジットカード不正使用被害額の推移

とても怖いスキミング被害とは

クレジットカード犯罪については、従来のようなクレジットカード自体の盗難による犯罪のほかに、「スキミング被害」も注目されるようになってきています。
スキミング被害とは、クレジットカードの“情報”を盗み取られ、同じ情報を持つカードを複製して使用されることによる被害をいいます。所有者の目を盗んで、スキマーと呼ばれる機械で本物のクレジットカード情報をデータとして取り込み、同じ情報を持つカードを複製して不正に利用します。
例えば、スポーツクラブやゴルフ場などでは貴重品をロッカーに預ける人が多くいます。そのロッカーの中から、クレジットカードを一旦持ち出してスキミングして戻すケースが多発しています。被害にあった本人は、勝手にロッカーを開けられてスキミングされたことに気付かないので、被害が発覚するのも遅くなるのが特徴です。
氏名や有効期限、クレジットカード番号などの情報が盗まれてカードを複製されると、知らない間に複製された自分のクレジットカードを使用され、後から莫大な請求がくることがあります。

偽のショッピングサイトでカード払いにすると…

カード“情報”が盗まれる犯罪には、偽のショッピングサイトを使うケースもあります。以前はサイトにアクセスするとすぐに偽サイトとわかるものが多くありましたが、最近では巧妙化しており、一見すると偽サイトと判別できないものが増えてきました。
偽のショッピングサイトでクレジットカードを利用してしまうと、クレジットカード情報が盗まれる危険性があります。セキュリティコードも含め、スキミングよりも多くのクレジットカード情報を盗まれ、その情報を不正に利用してネットショッピングをされてしまう可能性があります。


クレジットカードによる犯罪は、一時期よりは減少したものの多様化しており、毎年多額の被害が発生しています。また、手口も巧妙になっており、従来のカード自体の盗難による犯罪だけでなく、カード情報の盗難による被害も増えています。一度情報を盗まれると被害額が大きくなる可能性がありますので、取り扱いには注意してクレジットカードを活用しましょう。

参考:
  • 日本クレジット協会|クレジットカード不正使用被害の集計結果について
  • 警察庁|警察白書
  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

松本喜子
ファイナンシャルプランナー(CFP®、1級FP技能士)。
数少ない、保険などの金融商品を販売しないファイナンシャルプランナー。法律事務所で働きながらFP資格を取得。企業内にて数百人のお客様からFPとして家計相談を受け、中立的な独立系FP会社にて経験を積む。現在は、個別相談、講師、コラムの執筆など、FPとして独立して活躍中。
ホームページ:http://hanafp.jp/