「今月ピンチ…」を救う!リボ払いの上手な使い方

クレジットカード

世の中には様々なクレジットカードがあふれ、カード会社同士の競争により、私たち消費者にとっておトクなカードが数多く発行されています。
そのクレジットカードの返済方法のひとつである「リボ払い」。よく耳にする言葉ですが、どのような返済方法なのかご存知ですか?
リボ払いの仕組みと、リボ払いを利用するメリットについて詳しくみていきましょう。

「リボ払い」と「分割払い」の違いとは?

リボ払いとは、クレジットカードの返済方法のひとつで、月3万円といったようにあらかじめ決められた支払い額で毎月の返済を行う方法です。買い物をした金額に応じて毎月の返済額が変わるということはなく、毎月一定の支払い額のまま返済期間が変わります。
支払いが複数回にわたる返済方法には「分割払い」もありますが、分割払いはカード利用ごとに分割回数を選べます。そのため、返済回数が違うものを同時に抱えることもあり、必ずしも毎月の返済額は一定ではありません。この点が、リボ払いと分割払いの大きな違いです。

リボ払いにはどんな種類があるの?

リボ払いには4つの種類があります。

事前登録型リボ払い
事前に自分で設定した毎月の返済額を超えた部分が、自動的に翌月以降にリボ払いとなる方法です。
利用後変更型リボ払い
「あとからリボ払い」ともいい、買い物後に、カード会社にリボ払いへの変更を申し出る方法です。インターネットや電話で申し込むことができます。
店頭リボ払い
買い物をした時に、会計でリボ払いを指定する方法です。会計のときに「リボ払いで」と伝えることで利用できます。
リボ専用カード
リボ払い専用のカードで買い物をする方法です。

なお、詳細はクレジットカードによって異なりますので、必ず事前に確認してから利用するようにしましょう。

リボ払いにはどんなメリットがあるの?

返済計画が立てやすい
公共料金の支払いや日々の買い物などでクレジットカードを利用すると、一括払いでは月によって返済額に差が出て、家計の管理が難しくなります。また、カード加盟店によって、翌月や翌々月など請求月が違うため、忘れた頃に請求がきて驚くこともあります。
この点、リボ払いなら毎月の返済額が変わらないので、毎月決まった額の返済額を予定していれば大丈夫です。家計の管理がしやすく、返済計画も立てやすくなります。ただし、カードによっては、支払残高が一定額を超えると毎月の定額の返済額が上がる場合もあるので注意が必要です。
返済額を調整できる
家計では、保険や税金の支払いなどで支出が多い月もあれば、ボーナスや残業などで収入が多い月もあります。支出が多く収入が少ない月に高額のカードの請求がくると、家計を圧迫する可能性もあります。
そんなとき、リボ払いを使えば“支出が多く収入が少ない月”でも、カードの支払いが家計の過度な負担になることはありません。そして、収入が多い月には繰り上げ返済をすることで、返済額を調整することができます。
リボ払いで特典がある場合も
リボ払いを利用することによって、さまざまな特典が得られるクレジットカードもあります。リボ払いの利用者にはカード会社による年会費の値引きがあったり、カードのポイントが多くもらえたりといった特典です。

リボ払いでは手数料などのコストがかかる場合もありますが、計画的に使いさえすれば、多くのメリットがあります。家計を上手に管理するために、リボ払いのメリットを賢く取り入れていくのも選択肢のひとつでしょう。

割賦販売法に定める用語について

当ページにおけるショッピング利用にかかる用語は、割賦販売法※に定める以下の用語のことをいいます。

当ページにおける用語 割賦販売法に定める用語
手数料 包括信用購入あっせんの手数料
リボルビング払いにかかる「支払い額/返済額」 弁済金
  • 割賦販売法では、クレジット取引の健全な発達・消費者の利益保護などを目的として、さまざまなクレジット取引のルールが定められています。
  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

松本喜子
ファイナンシャルプランナー(CFP®、1級FP技能士)。
数少ない、保険などの金融商品を販売しないファイナンシャルプランナー。法律事務所で働きながらFP資格を取得。企業内にて数百人のお客様からFPとして家計相談を受け、中立的な独立系FP会社にて経験を積む。現在は、個別相談、講師、コラムの執筆など、FPとして独立して活躍中。
ホームページ:http://hanafp.jp/