大学生になったらクレジットカードを作るべき2つの理由

クレジットカード

大学生になると、クレジットカードを持つことができます。
しかし「クレジットカードは社会人になってから持つもの」だと考えていませんか?
大学生になったら、クレジットカードを作るべきメリットについて紹介します。ぜひ、これを機にクレジットカードの保有を考えてみましょう。

将来の優良顧客になる大学生

クレジットカードには、大きく分けて6種類があります。
銀行が発行する「銀行系」、ジャックスなどの信販会社が発行する「信販系」、イオンやイトーヨーカドーなどのスーパーや、そのグループ会社が発行する「流通系」、JALなどの航空会社が発行する「航空・交通系」、ネットショップが発行する「ネット系」、ガソリンスタンドなどで発行される「メーカー系」です。
クレジットカードを作るには「支払い能力があるか=信用度」の審査があります。この審査基準が上記の6種類ではそれぞれ異なります。「ネット系」や「流通系」は審査が通りやすいと言われる一方、「銀行系」や「信販系」の審査は比較的厳しいといわれています。
例えば、大学卒業後に正社員での就職が決まらなかった場合や、起業して個人事業主や会社役員になった場合は、クレジットカードの作成が難しくなります。また、正社員で就職しても、3年以内に離職する割合は30%以上にものぼるといわれており、離職後にクレジットカードを作成したいと考えても審査は厳しくなってしまいます。
一般的に、大学生は社会人と比べて固定収入が少ないため、信用度は低いといえます。ところが、クレジットカード会社は、業界の激しい顧客争奪戦のなかで、「将来の優良顧客を早い段階で確保しておきたい」との思惑があるため、大学生の審査基準は比較的緩やかになっているのが実情です。

ポイント還元率の高さも今だけ!

大学生の間にクレジットカードを作った方がよい理由は他にもあります。それは、ポイント還元率の高さです。
ジャックスの学生専用カード「ジャックスカード アクルクス」の場合、入会から5年間は年会費が無料でポイント還元率が通常の2倍になります。たとえば、毎月の携帯電話料金とショッピングの合計金額15,000円をクレジットカード払いにするだけで、年間1,800円分相当のポイントがたまります。
他にも、Amazonをはじめとする通販サイトを利用した際の支払いや、通学のための定期券、国民年金の保険料などをクレジットカード払いにすれば、さらにポイントを得ることができます。消費税や物価が上がり続けている今の時代、このように少しでも効率的にお金を得ることはとても大切ですね。


クレジットカードを使うとネットショッピングの決済が便利になったり、海外旅行のときに現金をあまり持ち歩かなくてもよかったりと、メリットが数多くあります。クレジットカード業界に進出する企業が増えており、今後も競争によってクレジットカードはますます便利でおトクに進化していくことでしょう。使いすぎに注意して賢く使えば、現金で生活するよりもはるかにメリットがあるのです。

学生専用カード ジャックスカード アクルクス

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

松本喜子
ファイナンシャルプランナー(CFP®、1級FP技能士)。
数少ない、保険などの金融商品を販売しないファイナンシャルプランナー。法律事務所で働きながらFP資格を取得。企業内にて数百人のお客様からFPとして家計相談を受け、中立的な独立系FP会社にて経験を積む。現在は、個別相談、講師、コラムの執筆など、FPとして独立して活躍中。
ホームページ:http://hanafp.jp/