ネットショッピングのトラブル回避術【支払い編】

クレジットカード

正しく利用すれば便利なネットショッピング。しかし、利用方法を間違えるとトラブルに見舞われる危険性があることを知っておきましょう。今回は、支払いに関する注意点について解説します。

決済方法はなにがある? 支払い手段をまずチェック

ネットショッピングを安全に楽しむには、その仕組みをきちんと知って利用することが大切です。ここでは、決済方法と手数料について確認しましょう。
ネットショッピングを利用するときのおもな決済方法には、下記のようなものがあります。

決済方法 内容 決済手数料の負担者
クレジットカード払い クレジットカードで代金を支払う方法です。一般的には、1回払いとなります。 ショップ負担
電子マネー払い おサイフケータイ機能やスマートフォン等を使って、EdyやSuica、nanacoといった電子マネーで代金を支払う方法です。 ショップ負担
銀行振込・ゆうちょ振替 銀行などからの送金で代金を支払う方法です。支払いのタイミングはショップによって異なり、商品の受け取り前と後の場合があります。 購入者負担
コンビニ払い コンビニで代金を支払う方法です。支払いのタイミングはショップによって異なり、商品の受け取り前と後の場合があります。 ショップにより異なる
代金引換(代引き) 商品と引き換えに代金を支払う方法です。自宅やコンビニなどの店頭で商品を受け取り、その場で代金を支払います。 購入者負担

どの決済方法を選べるかはショップによります。また決済手数料も、決済方法やショップによって異なります。ネットショッピングをするときは、必ずそのショップでの決済方法と決済手数料をチェックすることが、のちのトラブル防止につながります。

つい使いすぎるネットショッピング、支払いにムリはない?

ネットショッピングをすると、予定外の買い物をしてお金を使いすぎてしまうことがあります。使いすぎて支払いが滞ると個人の信用にも関わりますので、ショッピングの際は、自分なりのルールを作ることが大切です。

限度額を決める
ネットショッピングでお金を使いすぎる原因のひとつは、クレジットカード払いや電子マネー払いを利用することにより、財布からお金を出すことなく買い物ができる点です。手元の現金が減らないため、使いすぎの実感がわきにくいのです。そのうえクレジットカード払いでは買い物の翌月や翌々月に請求がきますので、いつ、いくら請求されるかを失念して、支払いに困ってしまうケースが見受けられます。
そうなる前に、ネットショッピングの利用は毎月いくらまで、といった自分なりの限度額を決めましょう。限度額を設定するときは、洗剤や食料品などの生活必需品とそれ以外の物など、内訳を作ることもひとつの方法です。そうすることで、冠婚葬祭費や交際費が多くかかる月のネットショッピング利用は生活必需品だけにするなど、支出を調整しやすくなります。
予定外の買い物をするときは即決しない
ネットショッピングでお金を使いすぎるもうひとつの原因は、ネットだといつでも買い物ができる点です。どこにいても24時間お買い物ができるので、ほしい商品が目に入る可能性も高くなります。そのたびに衝動的に買い物をしてしまうと、あとから多額の請求が届き、支払いがかさむおそれがあります。
ほしい商品を見つけたら、購入するかどうかを1日置いて考えるなど、必ず冷静になる時間を作りましょう。そして、最近のショッピング利用額やほかの支出、収入を考えて、少しでも使いすぎの可能性があれば購入を見送るようにしてください。支払いが滞るなどのトラブルを起こすと、カードそのものが利用できなくなり、以降思うようにネットショッピングができない可能性もあります。

見落としがちな送料や梱包料で合計金額は変わってくる

このような支払いの注意点に気をつけても、そもそも利用額の計算が間違っていては想定外の支出が発生することになります。ネットショッピング利用時には、商品の購入額以外にも送料や梱包料がかかることがありますので、きちんと確認しましょう。
特に送料の有無や金額は、ショップや送付先によって大きく異なります。ほしい商品の最安値を調べて購入したつもりでも、送料を合わせると割高になることも。ネットショッピングを利用するときには、送料や梱包料を加味しても安く購入できるショップを選ぶなど、賢く利用して支払いトラブルを起こさないようにしましょう。


ネットショッピングの決済方法はショップによって選択肢が異なり、決済手数料も違います。利用する前に、必ず決済方法と手数料を確認しましょう。そして、支払いトラブルとならないようにネットショッピング利用のルールを決めて楽しんでくださいね。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

松本喜子
ファイナンシャルプランナー(CFP®、1級FP技能士)。
数少ない、保険などの金融商品を販売しないファイナンシャルプランナー。法律事務所で働きながらFP資格を取得。企業内にて数百人のお客様からFPとして家計相談を受け、中立的な独立系FP会社にて経験を積む。現在は、個別相談、講師、コラムの執筆など、FPとして独立して活躍中。
ホームページ:http://hanafp.jp/