買ったものが補償される、ショッピング保険ってどんなもの?

クレジットカード

クレジットカードで買い物した商品が、壊れたり盗まれたときに補償してもらえるショッピング保険。便利な付帯サービスですが、具体的な保険の内容や適用条件についてご存知でしょうか。利用にあたって注意すべきポイントを解説します。

ショッピング保険ってどんなもの?

ショッピング保険には、「お買物保険」「ショッピングプロテクション」「ショッピングガード」といった呼び方もありますが、正式名称は「動産総合保険」です。
ショッピング保険をひとことで言うと「クレジットカードで買った商品が補償される」というもの。家電品などを購入すると保証書が同封されていますが、ショッピング保険も似たような機能を持っています。壊れたり盗難にあったときに修理費用や商品代金を補てんしてくれる点は同じですが、保証書と異なるのは、ちょっとした過失で壊れた(壊した)としても、補償してくれる場合があるところ。現金で購入した場合、ショッピング保険のような補償は基本的にありませんので、クレジットカードを使う大きな利点のひとつと言えます。

どんな買い物に適用される?利用に関する条件とは

ただし、ショッピング保険にも当然ながら制約や注意点があります。
まず抑えておきたいのが「補償対象外の商品もある」ということ。一例を挙げると、自動車や自転車、コンタクトレンズやメガネ、動植物、有価証券やチケット、携帯電話、食料品、などがショッピング保険の補償対象外商品になります。
また、ショッピング保険の補償対象となる商品であっても「故意または重大な過失による損害」の場合は、保険の補償対象外になります。その他「紛失や置き忘れによる損害」「水災・地震・噴火による損害」などの場合も補償対象外です。ただし、内容によっては別の補償が受けられる場合もあるので、クレジットカード会社に確認してみてください。
そして、もっとも気をつけなければいけないのが「そもそもショッピング保険が付いていないカードも多い」という点です。
クレジットカードによって条件は異なりますが、一般的なクレジットカードや年会費無料のカードの場合は、「ショッピング保険が付いていない」「付いていても海外でのカード利用に限定される」あるいは「分割払いに限定される」ということが多くなっています。また、希望すればショッピング保険を付けられることもありますが、その場合は別途費用が発生したり、補償額も比較的小さいことが多いのです。

それに対して、いわゆるゴールドカードやプラチナカードなどは、このショッピング保険が付いていることがほとんどです。一般的なカードと比べて補償額も比較的大きいことが特徴です。
その他のショッピング保険の制約として「購入後90日~180日のみ補償される」「一事故あたりの免責(自己負担)がある」「一年あたりの補償に上限がある」などもあります。
また、ショッピング保険の補償を受ける際には、その商品の「お客様控え」「お買い物伝票」などが必要になります。ショッピング保険の付いたクレジットカードで商品を購入する場合、これらの書類は保証書の代わりともいえます。レシートを溜めたくないという人も、ショッピング保険の補償期限が過ぎるまでは、大切に保管しておきましょう。


クレジットカードの付帯保険では「海外旅行傷害保険」の人気が高いですが、旅行よりも買物にクレジットカードを使うことが多い場合には、ショッピング保険の付いたカードがおすすめです。ご自身のカード利用目的を考えたうえで、必要な補償やサービスが受けられるかどうか、しっかり確認して選びましょう。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

山本昌義
一級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP認定者。
「一切の商品を売らない」を基本とし、「金融以外も含めた家計全般の支援」を前提に、多数の相談業務を行う。現在は「婚活FP」として、人生の最初の一大イベント「結婚」に注力。成婚前後の男女から、将来を見据えた家計に関する様々な相談を受けている。
ホームページ:http://yamamotofpoffice.com/