絶対ダメ!クレジットカードのショッピング枠現金化ってなに?

クレジットカード

街なかの広告で「クレジットカードのショッピング枠現金化」と書かれた看板を見かけたことはありませんか?手持ちのお金が少ないとき、現金が受け取れるのならとても便利なサービスのように思えます。しかし、絶対に利用してはいけない理由があるのです。

よく見かける「ショッピング枠現金化」ってなに?

「ショッピング枠現金化」とは、クレジットカードの特性を利用した規約違反行為です。
クレジットカードには、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」というものがあります。店舗やECサイトでの買い物、サービスを申し込む際などに使用できるのが「ショッピング枠」。クレジットカードを使ってお金を借りることができるのが「キャッシング枠」です。通常、クレジットカードをつくると、「ショッピング枠○○円」「キャッシング枠○○円」というようにそれぞれ限度額が設けられています。
街なかの看板、新聞、雑誌、インターネットなどの広告で「ショッピング枠現金化」という言葉を見かけたことがあるかもしれません。これは、「ショッピング枠○○円」を利用してお金に換えることを言います。つまり、現金化を目的としてクレジットカードで商品を購入するのです。実はこの「ショッピング枠現金化」は、クレジットカード決済が後払いであることを利用したカード会員規約違反の行為。場合によってはクレジットカードの利用停止処分を受けることもあるのです。

「ショッピング枠現金化」の手口は?

ショッピング枠現金化の手口は、主に以下の2種類です。

キャッシュバック方式

ひとつめは「キャッシュバック方式」というもので、次のような流れで行われます。

  1. 本人が換金業者からクレジットカードで商品を購入する。
  2. 換金業者がクレジットカード会社から支払いを受けるための手続きを行う。
  3. 換金業者が購入代金から手数料を差し引いた金額を本人へキャッシュバックする。
  4. 本人が後日クレジットカード会社から商品代金を請求される。
買取屋方式

ふたつめは「買取屋方式」というもので、次のような流れで行われます。

  1. 本人が換金業者からクレジットカードで商品を購入する。
  2. 換金業者が商品を手数料差引額で買い取り代金を支払う。
  3. 本人が後日クレジットカード会社から商品代金を請求される。

換金業者の中には、「景品表示法を遵守しています」「公安委員会の許可を受けています」というように、自社が適法業者であるかのようなアピールをしているところがあります。しかし、これらの表示があればショッピング枠現金化が許されるというわけではありません。

高金利で貸し付けるためトラブルも

先ほどご紹介した「キャッシュバック方式」という手口は、手数料を差し引かれるものの、商品も現金も手元に残るため、得だと思われるかもしれません。しかし多くの場合、扱われる商品はほとんど価値のないもの。つまり「キャッシュバック方式」も「買取屋方式」も、差し引かれる手数料が「事実上の金利」となっているのです。そして、その金利が高いために問題となっています。
さらに、換金すると約束した額を換金業者が支払わない、または本人がクレジットカード会社へ支払いができないというトラブルも生じています。各種団体が警告し注意を促していますが、これ以上問題が起きないよう対策が必要です。私たちができることは、とにかく「利用しない」ということに尽きるでしょう。


手元のお金が少ないときに「ショッピング枠現金化」という看板を見かけたら、ついつい利用したくなることがあるかもしれません。しかし、あなた自身を苦しめる結果にもなりかねないのです。しっかりと危険を認識し、手を出さないようにしましょう。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

丹所美紀
アステル行政書士事務所代表 行政書士・知的資産経営認定士
「皆様の明日を照らす」を理念とし、建設業許可申請をはじめとする各種許認可申請、知的資産経営支援、事業計画書や補助金申請書等の作成代行、遺言相続業務、会社設立支援、外国人関連業務等に従事。
ホームページ:名古屋遺言書作成支援センター