メリットがいっぱい!家族カードの選び方

クレジットカード

家族カードは、会員本人のクレジットカードのステータスや付帯するサービスがほぼそのまま利用できてしまうおトクなカード。年会費を安く抑えられる、ポイントを獲得しやすいといった面でもメリットがあります。家族カードをつくるうえで気をつけたいことや、選ぶ際のポイントについて知っておきましょう。

家族カードをつくるメリットとは?

クレジットカードのおトクな利用法のひとつに「家族カード」をつくるというものがあります。家族カードは、会員本人の配偶者や子ども(18歳以上、高校生を除く)など、生計をひとつにしている家族が持つことができます。例えば夫が持っているクレジットカードの家族会員になると、妻や同居する親、一定の要件を満たす子どもなどに家族カードが発行されるのです。家族カードの主なメリットは次の2つです。

年会費やポイント面でおトク
一番のメリットは年会費の安さとポイントのたまりやすさです。
クレジットカード会社やカードの種類にもよりますが、一般的な年会費の相場は、数百円~数千円。年間1,500円程度の場合が多いでしょう。それに対し、家族カードの年会費は数百円のものが多くなっています。家族全員が本人会員としてクレジットカードを持つよりも、家族カードを上手に利用したほうが、クレジットカード会社へ支払う全体の年会費を安く抑えることができます。
また、家族会員の利用額は本人会員の利用額に加算されるので、本人だけでクレジットカードを利用するよりもポイントがたまりやすくなります。
本人会員と同じステータスのカードが持てる
本人会員と同じステータスのカードを持つことができるのも大きなメリット。「ゴールドカード」など、年会費やステータスが高いクレジットカードは、会員になるためにさまざまな条件をクリアする必要があります。家族カードを利用すれば、家族も本人会員と同じステータスのクレジットカードを持つことができ、各種特典や優待サービスを受けることができます。また、家族会員に付帯保険が適用される点もメリットといえるでしょう。

家族カードをつくるときに気をつけたいことは?

家族カードのメリットはたくさんありますが、気をつけたいポイントもいくつかあります。

家族カードの条件をしっかり確認する
カードの種類によっては家族カードの取り扱いがないものもありますのでご注意ください。また、何枚まで発行可能かを確認する必要があります。本人会員および家族会員の年会費や利用限度額もあわせて確認しましょう。
何を買ったかは家族にバレてしまう
家族カードで利用した分も合わせて本人会員へ請求されます。支出を一元管理できる反面、家族カードをどんなことに使ったのかが本人会員にバレてしまうことは覚えておきましょう。
不慣れな家族が使いすぎる可能性がある
家族カードは本人会員のクレジットカードの利用限度額の範囲内で利用できます。なかには、家族会員がカードを使いすぎてしまい、本人会員が使おうとしたときにはすでに限度額に達していたというケースも。そうならないためにも、家族全員が計画的に利用するよう話し合いをしておいたほうがいいでしょう。子どもに持たせる場合にはキャッシング機能を止めておく工夫も必要かもしれません。

クレジットカードの発行会社や種類は数多く、どのクレジットカードを持つか悩む人もいると思います。よく行くお店のポイントがたまるカードなど、自分にとって一番メリットの多いクレジットカードを選び、家族みんなでおトクに利用しましょう。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

丹所美紀
アステル行政書士事務所代表 行政書士・知的資産経営認定士
「皆様の明日を照らす」を理念とし、建設業許可申請をはじめとする各種許認可申請、知的資産経営支援、事業計画書や補助金申請書等の作成代行、遺言相続業務、会社設立支援、外国人関連業務等に従事。
ホームページ:名古屋遺言書作成支援センター