クレジットカードの年会費はやっぱり無料の方がおトクなの?

クレジットカード

クレジットカードには、年会費がかかるものと無料のものがあります。「年会費無料」と聞くとおトクに感じますが、実際のところどうなのでしょう?年会費の有無で特色、メリットにどのような違いがあるのか、解説します。

気軽につくれる「年会費無料」のクレジットカード

まず、年会費無料のクレジットカードは「使わなくても損をすることはない」という安心感があることが大きなメリットです。維持費がかからないため、はじめてカードを持つ人や利用頻度が低い人も気軽につくることができます。

「年会費無料」の条件に注意
ただし、「年会費無料」といってもクレジットカードによって条件はさまざま。例えば、「初年度のみ年会費無料」というケースもあります。また、在学中のみ年会費無料の学生カードや、利用実績に応じて年会費の有無が変わるなどの条件つきのものも。クレジットカードは年会費無料でも、ETCの年会費が別途かかる場合や、家族カードは有料といった場合もあるので、申し込み前によくチェックしておきましょう。

年会費がかかるカードは、リッチな特典が充実

一方、年会費がかかるカードは、その分さまざまな特典が充実していることが多いです。例えば、航空ラウンジが利用可能だったり、旅行傷害保険の限度額が高めに設定されていたり、手厚い優待が受けられるものも。また、年会費無料でも高還元率のものは存在しますが、基本的に年会費がかかるカードのほうがポイントをためやすい傾向にあります。
年会費有料のカードをつくる場合は、ポイント還元やサービスで元が取れるようなものを選ぶといいでしょう。有料カード特有のポイントプログラムがあるか、普段よく利用するお店・施設に関連するカードはないか、といった観点で検討してみてください。

年会費1,000円の場合
では、どのような場合に年会費以上のメリットを得ることができるのか、検証してみます。
ポイント還元
仮に、100円で1ポイント(1ポイント=1円)たまるクレジットカードで、毎月2万円ずつ買い物したというケースで考えてみましょう。2万円で200ポイントたまるので、年間では
200ポイント×12か月分=2,400ポイント(2,400円分)
となり、年会費1,000円以上のポイントを得ることができます。
なお、クレジットカードの利用頻度が低くても、公共料金の支払いをカード払いにするなどしてポイントを得る方法もあります。
旅行でおトクに
例えば台湾へ3日間旅行して、傷害死亡保障1,000万円の保険に加入する場合、一般的な海外旅行保険であれば保険料は1,300円~1,600円程度となります。クレジットカードの付帯保険ですませる、足りない部分だけ旅行保険に加入するなどすれば、年会費を支払った分、もしくはそれ以上の支出削減になる可能性がありますね。ただし、もちろん保障内容はきちんと比較しましょう。

このように、特典を活用することで年会費以上の恩恵を受けられる場合も多いのです。しかし、全く使わない場合は年会費分の損をしてしまいます。自分がどれくらいそのカードを使う予定があるのか、よく考えたうえで入会するといいですね。

具体例で見てみよう

数えきれないくらい存在するクレジットカードですが、利用目的やタイプに応じて選ぶのがいいでしょう。3つのカードを例にご紹介します。

5年間年会費無料!「ジャックスカードアクルクス」
18歳以上29歳以下の学生(高校生除く)専用カードです。入会から5年間は年会費無料、さらにジャックスのラブリィポイントも5年間は2倍となります。また、海外旅行傷害保険も付帯しています。卒業旅行で海外に行きたいと考えている人は持っておくといいかもしれません。
サービス充実の「ジャックスカードゴールド」
初年度は年会費無料。次年度以降は年間5,000円プラス消費税の年会費がかかります。国内の主要空港ラウンジを利用できる、会員専用トラベルデスクがある、国内外の旅行傷害保険が付帯しているなど旅行好きな人にはうれしいカードです。また、使えば使うほどポイントがたまりやすくなるので、一定以上の買い物をする人にもオススメ。家族カードの年会費は、1人なら次年度以降も無料となり、夫婦で持つと割安感があります。買い物や旅行を楽しむご夫婦に向いているのではないでしょうか。
本人も家族会員も年会費無料!「横浜インビテーションカード」
年会費無料ながら、海外・国内旅行傷害保険が付帯。また、全国で23万件以上の施設と提携しており、会員限定の優待サービスが充実しています。年会費無料のカードがいいけれど、優待サービスや旅行保険も捨てきれないという人にぴったりです。

そのクレジットカードがおトクかどうかは、特典や利用方法によって異なります。年会費の有無だけをチェックするのではなく、目的に応じてカードを選べば最適なクレジットカードが手に入るのではないでしょうか。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

横山晴美
企業に所属せず、中立・公平の立場で活動する住宅系ファイナンシャルプランナー。新規購入・リフォーム・二世帯住宅を問わず、家に関することなら購入額から返済計画まで幅広く対応。また、住宅購入は家計・教育費・老後資金・相続など多くの視点が必要なため、ライフプランを見据えた相談を行う。
ホームページ:ライフプラン応援事務所