カードホリック、買い物依存症…その症状と対策とは?

クレジットカード

クレジットカードは、現金が手元になくても買い物ができるとても便利なもの。しかし、「後払い」という特性ゆえに、なかには身の丈以上の買い物をしてしまう人も…。そういった行動がエスカレートし、必要もないのに買い物を続けて多重債務を抱える人がいます。不安な人は、「カードホリック」や「買い物依存症」と呼ばれる症状になる前に、きちんと対策を立てておきましょう。

カードホリック(クレジットカード中毒)って?

買い物依存症のなかでも特に、クレジットカードを使って必要もない買い物をし続けてしまう人のことを、「カードホリック」ということがあります。

クレジットカードでも「お金を使っている」という意識が必要
クレジットカードには後払いという特性があり、財布に手持ちの現金がなくても、欲しい商品を購入できる便利な存在です。最近ではインターネットで買い物することも一般的になってきたので、クレジットカードを使って買い物をする機会は多くなりました。手持ちの現金は使えば減っていきますが、クレジットカードを利用しても目に見えてカードが変化することはありませんよね。そのため、なかには「お金を使っている」という意識が徐々に薄れてしまう人がいるのです。
お金を使っている意識が薄れると、次第に必要のないものまで購入するようになり、エスカレートしてカードホリックになってしまうことがあります。そして、自分の収入だけでは支払いができなくなると、多重債務者となってしまうことも。
借金のために借金を重ねる多重債務者
「多重債務者」というのは、借金返済のめどがたたず、返済のためにさらなる借金を重ねてしまう人のことをいいます。なかには、ヤミ金などに手を出して借金が膨らみ、債務整理や自己破産といった事態に陥ってしまう人もいるのです。

こんな人は危険信号?

では、買い物依存症やカードホリックの人に多くみられる傾向にはどのようなものがあるのでしょうか?代表的なものを一部ご紹介します。

  • ストレスを感じたり落ち込んだりしたら、つい買い物をしてしまう
  • 店舗で商品を見ると、必要もないのに購入してしまう
  • 買い物をした後に、買ったことを後悔する
  • 購入したものの、未開封・未使用の商品が多数ある
  • クレジットカードの利用金額がわからなくなっている

もちろん、このような傾向があるすべての人が買い物依存症やカードホリックというわけではありません。しかし、少しでも兆候がみられるなら、困ったことになる前に今一度クレジットカードの使い方を見直したいものです。

どうすれば過剰な買い物をやめられる?

まずは過剰な買い物をやめることが大切ですが、具体的にどうすればいいのでしょうか?

こまめに利用明細をチェック
大前提として、買い物をする際に本当に必要かどうかをきちんと考えることが重要です。また、こまめにクレジットカードの利用明細をチェックすること、毎月の利用額の上限を決めることも大切。クレジットカードの利用限度枠を減らすという方法もあります。クレジットカードの利用明細はインターネットでいつでも見られることが多いので、定期的にチェックする習慣をつけると良いでしょう。
症状が深刻な場合は医師に相談を
それでも買い物がやめられない場合は、家族にお金の管理を手伝ってもらう、ひとりで買い物に行くのをやめる、といった方法をとるのもいいでしょう。買い物依存症やカードホリックになった人のお金やカード利用の管理は大変ですが、周りの人は根気よく付き合ってあげる必要があります。
ただし、買い物依存症は医学的に正式な病名ではないものの、精神疾患のひとつともいわれます。症状が重い場合は、精神科や心療内科の医師に相談しましょう。

クレジットカードは便利なもの。しかし、クレジットカードで購入したら、後で必ず支払いがあるということを意識しないといけません。自分自身が買い物依存症やカードホリックにならないよう気をつけるとともに、もし親しい人が困っていたら、サポートして予防や改善をすることが大切です。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

丹所美紀
アステル行政書士事務所代表 行政書士・知的資産経営認定士
「皆様の明日を照らす」を理念とし、建設業許可申請をはじめとする各種許認可申請、知的資産経営支援、事業計画書や補助金申請書等の作成代行、遺言相続業務、会社設立支援、外国人関連業務等に従事。
ホームページ:名古屋遺言書作成支援センター