埋葬方法も多様化する時代。最新のお墓事情とは?

ライフイベント

最近では、従来の概念にとらわれない埋葬方法を選択する人が増えつつあります。海での散骨や樹木を墓標とした樹木葬、室内に骨を安置する納骨堂など、多様化している最新のお墓事情についてご紹介します。

お墓参りはインターネットでもできる!?

みなさんは、葬儀や埋葬について考えたことがありますか?お墓といえば、名前を刻んだ墓石を墓地に建て、中に遺骨を納めるのが従来の埋葬方法でした。
お墓を新たに建てる場合の費用は、地域などによって差があるものの、その土地にお墓を建てて代々にわたって使用していくための「永代使用料」と、墓石の購入費用をあわせて200万円程度が目安となります。
しかし近年では、こういった従来の概念に捉われず、自分の遺骨の埋葬方法を自由に選ぶ人が増えています。その中でも一風変わっているのが「ネット墓地」です。ネット墓地とは、文字通り「インターネット空間にお墓を持つ」というもの。サービスを提供しているサイトと利用契約を結べば、いつでも故人のお墓参りができる仕組みです。お墓はバーチャル空間にありますが、線香を手向けたり水をかけたり、実際のお墓参りと同じことが再現できるサービスもあります。「お墓が遠方で行きづらい」「管理が大変」「忙しくてなかなかお参りに行けない」といった人には、ログインすればいつでもお参りができるという利便性があります。また、真夏や悪天候の中のお墓参りは大変ですが、天気に左右されないのもネット墓地の魅力かもしれません。利用にかかる費用も、初期費用が5,000円~15万円、維持費が無料~年間6,000円程度と、従来の墓地に比べてかなり割安になっています。なお、通常のお墓を持たずにネット墓地のみを利用する場合は、お寺などに遺骨を納める「納骨先」を別途考えなければいけません。

樹木葬に納骨堂…さまざまな埋葬の方法

花や木などの樹木を墓石の代わりとする「樹木葬」も、注目を集めている埋葬方法のひとつです。
樹木葬には、区画分けされた墓地や霊園内に埋葬する「都市型・公園型」と呼ばれるものと、樹木葬という名前らしく大自然の中に埋葬する「里山型」の2種類があります。緑豊かな自然の中で眠りたいという人にはおすすめのスタイルです。この樹木葬は費用も比較的割安で、30万円~70万円程度が目安となります。
また、最近では「納骨堂」を利用する方法もあります。納骨堂とは、野外のお墓ではなく、室内に設置された専用スペースに遺骨を納めるものです。遺骨は個別に安置され、専用スペースはロッカー式や仏壇式など、さまざまな形があります。お参りの際は専用のカギや暗証番号で納骨スペースを解錠して、手を合わせるようになっています。この納骨堂は、一人用なら50万円程度、家族用なら100万円~120万円程度で利用できます。他者と合同で納骨する「合祀墓(ごうしぼ)」の場合は、25万円程度とさらに安価になります。ただし、契約するお堂によっては、別途5,000円~1万円程度の年間維持費も必要になります。

遺骨をダイヤモンドにして身につける?

新しい技術を使ったものとして「遺骨でつくるダイヤモンド」をご紹介しましょう。これは、遺骨そのものをダイヤモンドにするのではなく、遺骨から抽出した成分を使って人工のダイヤモンドをつくるものです。人工とはいえ、その形や輝きは、天然のダイヤモンドと比べても遜色がないそうです。また、人工ならではのメリットとして、色や形、大きさを選ぶこともできます。こちらの費用は、安いもので20万円~50万円、高額なものでは200万円程度となっています。お墓に納骨する代わりに、遺骨をダイヤモンドにして自宅に置いたり、ネックレスなどに加工して身につけるという利用方法もあるそうです。


ひとくちにお墓や埋葬といっても、さまざまな選択肢があります。故人と残される人がなにを望んでいるのか、家族としてお参りしやすい方法はなにか、最適なスタイルをじっくりと話し合ってみるのもよいでしょう。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

山本昌義
一級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP認定者。
「一切の商品を売らない」を基本とし、「金融以外も含めた家計全般の支援」を前提に、多数の相談業務を行う。現在は「婚活FP」として、人生の最初の一大イベント「結婚」に注力。成婚前後の男女から、将来を見据えた家計に関する様々な相談を受けている。
ホームページ:http://yamamotofpoffice.com/