家を改造!リフォームにはいくらかかる?

ライフイベント

念願のマイホームを購入しても、その後もさまざまな住居費が発生します。税金や維持費だけでなく、ライフスタイルの変化に伴うリフォーム費用が必要になることも。例えば、子どもが独立したから間取りを変更したい、バリアフリー化のために段差をなくしたい……といったケースが考えられます。リフォーム費用は高額になりがちなので、早めの準備が大切です。では、どのくらいの費用を見込んでおけばいいのでしょうか。ケース別に見ていきましょう。

家の増改築にはいくらかかる?

まずは部屋を増改築する場合。「ちょっとキレイにしたい」というレベルからフルリフォームまでさまざまです。施工内容により費用も大きく変わるので、規模ごとに3段階にわけて見ていきましょう。

部屋をキレイに:小規模リフォーム
間取りや構造に不満はないけれど、部屋や設備をキレイにしたいというケース。主なリフォーム内容は以下のとおりです。
  • 壁・天井のクロスの張り替え:10万円程度
  • フローリングの補修・上張り:10~20万円程度(6~8畳程度の広さの場合)
  • 畳の張り替え:10万円程度(6畳程度の広さの場合)
  • トイレの便座・本体などの交換:10万円程度
  • ユニットバスの交換:100万円程度
  • システムキッチンの交換:50~100万円程度
  • 金額はあくまで目安です。性能や材質、広さによって費用は異なります。
どんなにお掃除やお手入れをしても、壁や天井のクロスは劣化します。ユニットバスやシステムキッチンなどの水回りの設備も、寿命がくれば交換しなければなりません。つまり、上記の費用は維持費の性質が強いといえます。必要経費として前もって積み立てておきたいものです。長期にわたって住む予定なら、劣化による小規模リフォーム・設備維持費用を含めて500万円程度は見込んでおきましょう。
間取り変更:中規模リフォーム
リビング・ダイニングに面した居室の仕切りをなくして家族がゆったり過ごせる広い空間をつくる、独立して家を出た子どもの部屋をウォークインクローゼットにするなど、間取り変更を含むリフォーム工事の場合はいくらかかるのでしょうか。
どの程度変更するかにもよりますが、間取りの一部だけを変更する場合は「1,000万円以下」というのが工事費用のひとつの基準になります。見積もりで1,000万円を超えたら「間取り変更のリフォーム工事にしてはぜいたく」と考え、工事内容を見直すことをおすすめします。
外観変更や増改築:大規模リフォーム
外観変更や増改築などの大規模リフォームはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
外壁のリフォームの場合で見てみましょう。メンテナンスとしてつなぎ目を補修するだけなら30万円程度ですが、塗り替えをすると100万円程度、張り替えとなると200~300万円ほど必要になります。加えて屋根も張り替えをするとプラス100万円程度かかるのです。
とはいえ、一般的には、内装・間取り変更のリフォームに加えて外観も変更するというケースが多く、外観だけ手を加える人はまれでしょう。家の中と外に手を加えることで、総費用が膨らみがちなのでご注意ください。
また、増築もやはり費用は高額です。子ども部屋を増やすくらいなら数百万円で済みますが、2階を建て増しするような大規模な増築の場合、1,000万円を超えることも覚悟しておきましょう。

家のバリアフリー化にかかるお金は?

70歳を過ぎる頃から足腰が弱ってくる人が増え、バリアフリー化を考えるようになります。ただ、定年後は費用も節約したいところです。まずはケアマネージャーに、どの程度のバリアフリー化が必要なのかを相談しましょう。「念のため」につけた手すりのせいで、かえって筋力が衰えてしまった……という話も聞きます。ケアマネージャーは介護の入り口で最初に相談に乗ってくれる介護のプロです。プロに相談して本当に必要なリフォームを選択しましょう。
手すりの設置なら3万円程度、ドアを引き戸にするなら10万円程度です。ただし、車いすで入れるようにトイレを広くしたり、玄関の上がり口をスロープに変えるには数十万円の費用がかかります。

家の一角を雑貨屋に?店舗に改築するとしたら

最後に、家の一角を店舗に改築する場合の費用について。飲食店の場合は厨房やトイレなど特別な設備が必要となってしまうので、ここでは雑貨屋さんを例に挙げます。
室内のリフォーム工事費用は、すでにご説明した通りです。それに加えて、防犯上「自宅と店舗の出入り口は別につくりたい」というケースも多いでしょう。店舗用の大きな出入り口を作る場合、100万円程度は必要になります。


マイホームを購入した後、住居設備の維持やライフスタイルの変化などの理由でリフォームが必要となることが多いです。住宅を購入する時はそこまで考え、余裕のある資金計画を立てることが望ましいでしょう。

  • 記事内の費用はあくまで目安です。実際には施工方法や材質により費用は異なります。
  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

横山晴美
企業に所属せず、中立・公平の立場で活動する住宅系ファイナンシャルプランナー。新規購入・リフォーム・二世帯住宅を問わず、家に関することなら購入額から返済計画まで幅広く対応。また、住宅購入は家計・教育費・老後資金・相続など多くの視点が必要なため、ライフプランを見据えた相談を行う。
ホームページ:ライフプラン応援事務所