住宅や教育だけじゃなく歯のローンも?デンタルローンって何?

ライフイベント

よく耳にする住宅ローンや教育ローンのほかに、歯のローンがあることをご存知でしょうか?歯科治療のなかには保険が適用されないものもあり、治療費が高額になることもあります。そんな場合に使える選択肢のひとつ「デンタルローン」についてご紹介します。

どんな治療が高くなるの?

保険適用外で費用が高額になる歯科治療には、インプラント、矯正、審美歯科などがあります。

インプラント
インプラントとは、失った自分の歯の代わりに人工の歯根をあごの骨に埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療のことです。差し歯は自前の歯根ですが、インプラントの場合は根っこから置き換えます。外科手術が必要ですが、部分入れ歯やブリッジなどと比べてほかの歯に負担がかからないのがメリットでしょう。インプラントの治療費は歯科医院によって異なりますが、相場は大体1本30~50万円です。
矯正
矯正歯科(歯列矯正)とは、特別な器具を使い、時間をかけながら歯の位置を動かして、歯並びや噛み合わせを治していく治療のことです。矯正すると、歯並びや噛み合わせが改善され、虫歯や歯周病の予防にもなります。治療費の相場は、表側矯正(装置を歯の表側に装着する治療方法)の場合でおおよそ70~120万円です。
審美歯科
審美歯科は、歯の見た目をきれいにすることを目的としています。着色した歯を白くするホワイトニングや、セラミック素材を使用して歯の色や形を美しくする治療などが含まれます。
ホワイトニングには3種類あり、自分で行うホームホワイトニングと、歯科で施術を受けるオフィスホワイトニング、これらを組み合わせたデュアルホワイトニングがあります。歯科医院によっても異なりますが、ホームホワイトニングの相場は2~5万円、オフィスホワイトニングは2~10万円、デュアルホワイトニングでは5~10万円程度です。セラミック治療費もかなり幅広いですが、1本あたり5~18万円程度が相場のようです。

デンタルローンって何?

上記のような歯科治療は高額なので、利用を躊躇(ちゅうちょ)したり一括払いが難しい場合もあるでしょう。分割払いやクレジットカード払いが可能な歯科医院で治療を受けるという手もありますが、デンタルローンという選択肢もあるのです。

デンタルローンとは?
デンタルローンは、歯科治療に限定されたローンのこと。信販会社が治療費を立替え払いし、患者は、手数料が加わった額を分割で返済していきます。
デンタルローンを利用するメリット
デンタルローンを利用する最大のメリットは、返済回数が多いため余裕をもって支払いができる点です。受ける治療の内容に合わせて、借りる額を設定できるのも魅力のひとつです。
デンタルローンの申し込み方法

申し込み方法は、信販会社によって異なります。治療を受ける歯科医院が特定の信販会社と提携している場合、そのまま窓口で申し込めます。ほかに、デンタルローンを取り扱っている金融機関から直接申し込む方法もあります。
以下は、申し込みの流れの一例です。

  1. 初診を受ける
  2. 審査の申し込み(歯科医院またはウェブサイトで)
  3. 審査を通過したら手続き完了
  4. 治療の開始

審査方法や借りたお金の返済方法は信販会社によって異なりますので、申し込む際にしっかりチェックしましょう。

デンタルローンの注意点

最後に、デンタルローンを利用する際の留意点を確認します。

  • すべての歯科医院がデンタルローンを取り扱っているわけではない
  • 信販会社により、金利手数料が発生する場合も
  • 申し込み資格は信販会社によって異なる
  • 審査に通らないと利用できない
  • 審査の結果によっては連帯保証人が必要な場合も
  • 金利と手数料は医療費控除の対象にならない

デンタルローンの利用にあたり歯科医院や信販会社を選択する場合は、上記のポイントも頭に留めておいてくださいね。


歯をベストな状態に保つことは、人に与える印象の面でも健康の面でも、とても大切です。しかし、保険適用外の治療はお金がかかるため、前もって予算プランをしっかり立てておくことが必要です。インプラント、矯正、審美歯科などの治療を考えている人は、デンタルローンのチェックもお忘れなく。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。