【大人のマネー教養】入園・入学祝いを贈りたい!喜ばれるアイテムや金額の相場って?

ライフイベント

春は、卒業や入学などの時期ですね。親族や親しい友人にお子さんがいる場合、お祝いを贈ることもあるでしょう。どういったアイテムを贈れば、相手に喜ばれるのでしょうか?金額の相場もご紹介します。

入園祝いから大学進学祝いまで!金額の相場

子どものお祝いタイミングには、入園、小学校入学、中高入学、大学進学などがあります。まずは、それぞれ金額の目安を見てみましょう。

入園祝い
  • 親族:

    5,000円~1万円

  • 親しい友人:

    3,000円~5,000円

小学校入学祝い
  • 親族:

    5,000円~1万円

  • 親しい友人:

    3,000円~5,000円

中高入学祝い
  • 親族:

    1万円前後

  • 親しい友人:

    3,000円~5,000円

大学進学祝い
  • 親族:

    1万円~3万円

  • 親しい友人:

    5,000円~1万円

お祝いにかける金額は人それぞれのため、相場には幅があります。経済状況や子どもの親との関係の深さによっても、金額は変わるでしょう。
一般的には、子どもの年齢が上がるにつれて、お祝いの金額も上がっていくようです。また、親しい友人よりも親族の方が、金額が少し大きい傾向にあります。
ちなみに、お祝いを贈るタイミングは、入園・入学の1カ月前がベスト。遅くても1週間前には、直接渡すか届けるようにしたいです。

贈るアイテムの例

子どもは成長とともに、欲しいもの、必要なものも変わっていきます。入園祝いから大学進学祝いまで、どのような贈り物が適しているかを見ていきましょう。

入園祝い
  • 保育園・幼稚園でも使える水筒やループ付きタオル、靴
  • 知的好奇心を育てるブロックやパズル、図鑑
  • 創造力を養うクレヨンや楽器
小学校入学祝い
  • 毎日使える目覚まし時計や自転車
  • 学校でも使える名前入り鉛筆やペンケース
  • 6年間使い続ける机やランドセル
中高入学祝い
  • 勉強に役立つ電子辞書やノートパソコン
  • 部活にも使えるスポーツバッグ、リュックサック、タオル
  • 少し上質な財布、傘、腕時計
大学進学祝い
  • ひとり暮らし用に電子レンジやオーブンレンジなどの家電
  • 入学式だけでなく成人式や就職活動にも着られるスーツ
  • 長く使えるブランドもののバッグ

贈り物を選ぶ際に注意したいこともいくつかあります。まず、子どもにも好みがあるので、デザインや色が豊富なものは、可能であれば本人と一緒に選びたいところ。また、他の人と贈り物がかぶることを防ぐためにも、どんなものが欲しいか、誰から何をもらう予定か、事前に親から聞いておくとよいでしょう。
入園祝いや小学校入学祝いに、小さな子どもには大人っぽすぎるデザインを選ぶのも、避けた方が無難です。大人になりかけの中学生~大学生には、少し上質のものを贈ると喜ばれるのではないでしょうか。だからといって、中学生や高校生に高級ブランド品を贈るのはNG。子どもの年齢を考慮し、ふさわしいものを選ぶべきです。
保育園・幼稚園には規定があるので、園で使うものを贈る場合、注意する必要があります。

無難なプレゼントはカード類

贈る相手である子どもに何年も会っていない、一度も会ったことがないという場合、贈り物を選ぶのは難しいですよね。そんなときにおすすめなのが、図書カードやクオカードといったギフトカードです。

図書カードNEXT(注1)
2016年に登場した「図書カードNEXT」は、決まった金額内であれば、書店で好きな書籍や雑誌を購入できるプリペイドカードです。どんなものでも買えるタイプのギフト券とは違い、購入できるものが書籍や雑誌に限られていることも人気の理由。「500円」「1,000円」「2,000円」「3,000円」「5,000円」「10,000円」のカードがあり、多彩なデザインが用意されています。これまでの「図書カード」と異なるのは、パンチ穴の代わりに、スマホやパソコンで利用履歴や残額が確認できるようになったこと。有効期限は10年です(有効期限のない「図書カード」は今までどおり使えます)。
クオカード(注2)
コンビニエンスストア、書店、ファミリーレストラン、ドラッグストアなど身近なお店で使えるプリペイドカード。「300円」「500円」「700円」「1,000円」「2,000円」「3,000円」「5,000円」「10,000円」から選ぶことができます。また、名画や金色箔加工など、デザインも豊富です。
ギフトカードを贈るメリット
ギフトカードを贈る一番のメリットは、年代や性別を選ばないこと。また、近しい関係でなくても贈りやすいアイテムですし、相手の好みを知らなくてもまったく問題ありません。子どもにとっても「自分で選べる」「自由に使える」といったメリットがあるので、喜ばれるでしょう。

お祝いで最も大事なのは、贈る側の「気持ち」。相手を想う気持ちさえ伝われば、金額に関係なくきっとどんな贈り物でも喜ばれるでしょう。

出典:
  • (注1)書店販売の図書カード|図書カードNEXT
  • (注2)QUOカードの種類|QUO
  • 本ページの内容は2017年2月8日時点での情報です。

ライター紹介

丹所美紀
アステル行政書士事務所代表 行政書士・知的資産経営認定士
「皆様の明日を照らす」を理念とし、建設業許可申請をはじめとする各種許認可申請、知的資産経営支援、事業計画書や補助金申請書等の作成代行、遺言相続業務、会社設立支援、外国人関連業務等に従事。
ホームページ:名古屋遺言書作成支援センター