6月第3日曜日は「父の日」!感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈りませんか?

ライフイベント

「父の日」は、父親に感謝の気持ちを伝えるための大切な日。日本では毎年6月の第3日曜日が「父の日」として浸透していますが、いったい、どのように生まれたのでしょうか? また、どんなものが贈られているのでしょうか?「父の日」の由来やいきさつ、アンケートから見える実態や喜ばれるプレゼントなどについてお話しします。

「父の日」の由来やいきさつって?

「父の日」の由来は諸説ありますが、もっとも有名なのは1909年にアメリカのワシントン州で誕生したという説です。提唱者は、子供6人を男手ひとつで育てた父親をもつソノラ・スマート・ドッドさんという女性。彼女が教会で「母の日」の説教を聞きながら、「父の日もあるべきではないか?」と思ったのがきっかけと言われています。
ソノラさんは、「父の日」を自分の父親の誕生月である6月に祝うことを提案。こうして、1910年6月19日(第3日曜日)に最初の「父の日」が祝われました。
「母の日」に贈る花といえばカーネーションですが、「父の日」の定番はバラ。ソノラさんが父親のお墓にバラを供えたことから始まったと言われています。アメリカでは白いバラが定番ですが、日本での一番人気は黄色いバラです。日本ファーザーズ・デイ委員会が、黄色を「父の日」のイメージカラーとして行っているキャンペーンが影響していると思われます。

「父の日」に関するアンケートから見た実態

ニッセイが2016年5月に、「父の日」に関するアンケート調査(注1)を行いました。その結果から、「父の日」の最新事情が見えてきます。

プレゼントを贈る?贈らない?
プレゼントを「贈る」と回答した割合は、2013年には「58.0%」であったのに対し、2016年は「48.9%」にまで減少しています。しかし、プレゼントを「贈る」と答えた人のうち、「昨年も贈った」人は「94.1%」という興味深い結果に。プレゼントを贈る人が全体的には減っているものの、前の年に贈っている人は再び贈る傾向にあることがわかります。
プレゼントの予算は?
プレゼントの予算帯トップは「3,000円~5,000円未満」で「35.4%」。次いで「5,000円~1万円未満」が「29.7%」、「3,000円未満」が「21.9%」と続きます。半数以上が5,000円未満での購入を考えているということですね。
何をあげる?何がほしい?
「贈る側からのプレゼントと贈られる側がほしいもの」の第1位は、どちらも「食事・グルメ」。第2位以下には、ばらつきが見られます。「衣類」と「酒類」は、贈る側からのプレゼントとしては2位と3位につけていますが、もらう側が希望する割合はそこまで高くありません。もうひとつ差異が大きかったのは、「手紙・メール・自分(家族)が描いた絵」。贈る人はたったの1%未満ですが、ほしいと感じる人は「13.8%」もいます。
父親にしたい有名人は?
父親にしたい有名人の1位は所ジョージさん、2位は長嶋茂雄さん、3位は加山雄三さん。男女別で見ると、男性が選んだ1位は長嶋茂雄さん、女性の選ぶ1位は所ジョージさんです。

父の日に贈るものってどういうもの?

父親に贈り物をしたいけど、何を選べばよいか分からない人もいるでしょう。そこで、贈る側にも贈られる側にも人気のプレゼント候補をまとめてみました。

お菓子やお酒などの飲食系
甘党のお父さんであれば、洋菓子や和菓子はいかがでしょうか。お酒好きであればビール、ワイン、日本酒などのほかに、ちょっと珍しいおつまみを添えるのもよいかもしれません。
洋服や小物などのファッション系
仕事着として使えるワイシャツ、ネクタイ、カフスボタンや、休日用のジャケットや帽子など選択肢は豊富にあります。カバンや財布、時計なども昔からの定番です。父親の好みに合わせることもできますが、本人が選ばないような少しオシャレなものをあえて贈るのもよいかも。一緒に買いに行くという手もあります。
食事や手紙など「物」以外のプレゼント案
プレゼントは「物」だけではありません。外食や旅行など、お父さんを連れ出して楽しい時間を過ごすのもあり。財布の中身が寂しい場合でも、工夫の仕方はいろいろあります。例えば、手紙やカードで感謝の気持ちを伝える、手料理をふるまう、手作りのお菓子をあげる、などはいかがでしょうか? また、自宅でおしゃべりしながら一緒にゆっくり過ごすだけでも立派な贈り物になるでしょう。

皆さんは、父親に日頃から感謝の気持ちを伝えられている!と自信を持って言えるでしょうか? 普段は照れくさくて言えない人も、今年は心を込めた贈り物を用意して、素直に「ありがとう」を伝えてみてはいかがでしょう。

出典:
  • (注1)日本生命保険相互会社|ニッセイ インターネットアンケート ~6月:「父の日」に関する調査結果について~
  • 本ページの内容は2017年6月1日時点での情報です。
  • 掲載された情報をもとに、お客様がなされた行為によって生じたトラブル・損害について、当社は一切責任を負いかねます。