単身赴任や一人暮らしに便利なレンタル家具。本当におトク?

マネープラン

「レンタル家具」というサービスがあることをご存知ですか?
家族と離れて暮らす単身赴任者や、転勤が多い人にとってはとても便利なサービスです。レンタル家具にすれば、必要なものをすべて一から揃えるより、安価に済ませることもできます。利用する具体的なメリットについて解説していきましょう。

レンタル家具ってどんなサービス?

レンタル家具とは、必要な家具や家電品を使用したい期間だけ借りられるサービスのことです。ベッドやテーブルなどの大型家具はもちろん、カーテンなどの小物、テレビや冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機などの家電品、自転車など生活に必要なものの多くを揃えることができます。必要な家具や家電品をセットにしたサービスもあります。

買うのと借りるのではどちらがおトク?

費用の比較
レンタル家具サービスの料金体系は、借りる期間が長いほど費用は高くなります。そのため、短期間であれば、レンタル家具を利用する方が新品を買うより安くなります。
しかし、たとえば一人暮らし用の冷蔵庫を買うといっても、リーズナブルな輸入家電や価格競争の影響もあり、購入店によっては新品の購入価格も割安になっています。そのため、短期間でも、レンタル家具サービスを利用するより新品購入の方が安くなる場合があります。レンタルサービスと新品購入のどちらが安くなるかは、期間と使いたい商品を選んでから比較してみるとよいでしょう。ただし、新品を購入する場合には、不要になったときにかかる廃棄費用も含めて比較しましょう。
なお、新品購入時でもレンタル家具でも費用を分割払いできる場合があります。もちろん、分割払いを利用すると金利や分割手数料などがかかりますが、レンタル家具サービスでは、金利や手数料なしで分割払いにできるので、この点ではレンタルの方がコストダウンできる場合もあります。
手間の比較
新品を購入する場合は、家具や家電品の量販店などでそれぞれ購入し、商品を配達してもらいます。そして、組み立てや設置、梱包していたビニール袋やダンボールの処分は基本的に自分で行います。その後、家具や家電品が不要になったときは、自分で手続きして廃棄処分することになります。
一方、レンタル家具を利用する場合は、ホームページまたは電話などで注文するとまとめて配送され、多くの場合、組み立てや設置、配線までの作業を引き受けてくれます。また、不要になった梱包材も回収して処分してくれるので、余計なゴミが出ることもありません。そして、契約が終了したらレンタル家具業者が回収してくれるので、比較するとレンタル家具サービスの方が手間はかかりません。

他にもある! レンタル家具サービスのメリット

レンタル家具サービスには、他にもさまざまなメリットがあります。

ライフスタイルに合わせて家具を変えられる
結婚や出産などのライフサイクルに合わせ、そのときどきに合った家具に変えることができます。
お試しで使える
気に入った家具があるけど実際に使ってみてから購入を決めたい。そんなときは、レンタルで試してみて、気に入ったら購入に切り替える。そんなサービスを提供する業者もあります。サービスを利用した場合、通常は、新品の代金とすでに支払ったレンタル家具料金の差額を支払えば購入できることになっており、すでに支払ったレンタル家具料金はムダになりません。
高級家具も安く使える
レンタル家具サービスの業者によっては、なかなか手が出ない高級家具を比較的安くレンタルできるところもあります。デザイン性の高い高級家具を数万点も取り扱い、ショールームでインテリアコーディネーターにアドバイスを受けながら決められるサービスもあります。

レンタル家具サービスは、新品と中古品を選べるか、配送料の有無、修理・交換への対応なども含めると、業者によって詳細が異なります。また、レンタル家具は新品購入よりも手軽に思える反面、本来は不要なものやサイズ的に置けないものまで借りてしまう……なんてことも。うっかり予定していたレンタル期間を過ぎてレンタル家具料金が高額になることもあるので注意しましょう。


使いたい商品や、レンタルする期間によってはレンタル家具サービスの方が新品購入よりも安くなるうえに、設置や回収もおまかせできるなどのメリットがあります。利用する際には、どちらがよいのかじっくりとシミュレーションしてみるとよいでしょう。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

松本喜子
ファイナンシャルプランナー(CFP®、1級FP技能士)。
数少ない、保険などの金融商品を販売しないファイナンシャルプランナー。法律事務所で働きながらFP資格を取得。企業内にて数百人のお客様からFPとして家計相談を受け、中立的な独立系FP会社にて経験を積む。現在は、個別相談、講師、コラムの執筆など、FPとして独立して活躍中。
ホームページ:http://hanafp.jp/