やりくり上手はもう始めてる!お金を貯める「天引き貯金」

マネープラン

「ぜんぜんお金が貯まらない」という人の多くは、毎月の収入から残った分を貯蓄しようとしている傾向にあります。これではいつまでたってもあるだけ使ってしまい、貯蓄はできません。しっかり貯めるなら、給与振込み口座から決まった額を天引きし、残った分でやりくりする方法がおすすめです。

お金が貯まらない人に共通する傾向とは

「お金が貯まらない……」と悩んでいる人の多くが、お給料から家賃や光熱費、交際費などを支出して、残ったお金を貯蓄にまわすと勘違いしています。しかし、「収入-支出」で残った分のお金を貯めるということは、逆をかえせば「収入-支出」でお金が残らなければ貯蓄をしないということです。
これでは、「いくら使ってもいい」のと同じこと。本当にムダ使いをしないタイプの方でなければ、なかなかお金を貯めることはできません。

浪費家こそ使う前に強制的に貯金しよう

お金を貯めるコツは、一般的に「収入-貯蓄=支出」にすることといわれています。お給料が振込まれると、まずはその口座から毎月の貯蓄額を天引きします。そして、残ったお金を「その月の間に使えるお金」とすると、自然とお金が貯まります。
これなら「ランチ代は500円まで」「なるべくムダな電気はつけない」というような節約生活よりもストレスを感じなくてすみますね。
ただし、この一般的にいわれる「お金を貯めるコツ」には注意点があります。支出を「収入-貯蓄」で残った金額内に収めようと思っても、口座内にもともと積みあがっていたお金があると、結局いくら使ってよいのかどんぶり勘定になってしまい、ムダにお金を使ってしまいがちなのです。
たとえば、20万円(収入)-3万円(貯蓄)=17万円をその月の生活費などに使っても大丈夫としても、預金口座に100万円の残高があると、ついつい17万円以上使ってしまうという方も多いと思います。そうなると、やはりお金は貯まりません。
お金を貯めるコツは、さらに掘り下げて、給与の振込み直後に下記のようにするとよいでしょう。

  1. 「収入-貯蓄」で残った額から、家賃やプロバイダー利用料などの毎月定額の支出を差し引く
  2. 1の金額から、携帯代や水道光熱費などの毎月金額が変わる支出を差し引く
    携帯代や水道光熱費などは、口座引落しやクレジットカード払いにしていても構いません。
    前月分の料金を差し引く、今月分のクレジットカード利用明細に載っている金額を差し引くなど一定のルールを決め、毎月その金額を差し引くようにしましょう。
  3. 2で残った金額を毎月お財布に入れ、その範囲内でその月の買い物などをし、次の給料日までは預貯金から引き出さないようにする

クレジットカードで買い物すると、財布の中のお金が減らないため使いすぎになりがちです。そこで、クレジットカード払いにした金額は、財布から抜いてカード利用料金の引落し口座に戻すようにすれば、使いすぎることはありません。
このようなお金を貯めるコツは、「財布にお金が入っていると使ってしまう」タイプの方には難しいかもしれません。その日に使う予定の金額以上は持ち歩かない、というのもひとつの手段です。

天引き貯金はどんな種類がある?

上記のお金を貯めるコツを実践するなら、給与口座から天引きでお金を貯める方法が必要となります。その方法には、下記のようなものがあります。

自動積立定期預貯金
銀行などの金融機関で申し込む方法で、普通預貯金の口座から毎月自動的に定期預貯金口座に振り替えてくれるサービスです。一般的な定期預金と異なり、満期になっていなくても、定期預金を解約せずに必要な分だけお金を引き出せるのが特徴です。急にお金が必要になったときには便利ですが、うっかりムダ使いしてしまう危険性もあります。
投資信託や株式などの自動積立
銀行や証券会社などで申し込む方法で、積立しながら積極的に資産運用をすることができます。運用状況が悪いと、引き出すときに元本割れ(積立額より引出額の方が少なくなること)もあります。ただし、資産運用の視点では、一時金で運用するよりも元本割れのおそれは少なくなります。順調に積立ができるかは選ぶ商品次第ですので、商品選びは慎重にしましょう。
生命保険
保険会社で積立型の保険に申し込む方法です。積立利率が預貯金よりも高いため、預貯金で積立てるよりもお金を増やしやすくなっています。ただ、積立途中のお金の引き出し(=保険の解約)は必ず元本割れしますので、できるだけ積立期間(=保険料の払込期間)を短くすることをおすすめします。

これらはどの方法が良いというわけではなく、組み合わせることもできます。まずは、貯蓄をするにあたり、何のための資金でいつ必要なのかを考え、それに合った方法を選びましょう。また、すぐに引き出せるお金はどうしても使ってしまうタイプの方はできるだけ自動積立定期預貯金は選ばないようにするなど、ご自身の性格も加味して考えることが大切です。


「収入-支出=貯蓄」とすると、お金はなかなか貯まりません。「お金を貯めるコツ」は「収入-貯蓄=支出」にすることです。貯蓄があるほど将来できることは増えますので、ご自身に合った方法でお金を貯めましょう。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

松本喜子
ファイナンシャルプランナー(CFP®、1級FP技能士)。
数少ない、保険などの金融商品を販売しないファイナンシャルプランナー。法律事務所で働きながらFP資格を取得。企業内にて数百人のお客様からFPとして家計相談を受け、中立的な独立系FP会社にて経験を積む。現在は、個別相談、講師、コラムの執筆など、FPとして独立して活躍中。
ホームページ:http://hanafp.jp/