「結婚したら保険に入るべき」と言われるのはなぜ?

マネープラン

昔から「結婚したら生命保険に入りなさい」とよく言われます。なぜ、結婚したら生命保険に入ることを勧められるのでしょうか。これは結婚によるライフスタイルの変化とお金の関係が影響しているようです。

結婚はライフスタイルが大きく変わる

「愛さえあれば大丈夫!」という気持ちで結婚する人は少なくないかもしれません。ところが、結婚生活を続けていくには、お金とのかかわりを考えることも大切です。
結婚によって配偶者を得ると、独身時代とは異なり、生活時間などのライフスタイルが大きく変わります。当然生活費も2人分になり、子どもができるたびにどんどん増えていくもの。さらに、人生は何が起こるかわかりません。順風満帆な結婚生活が、ある日突然考えもしなかった事態に陥る可能性もあるのです。もちろん「うちには潤沢なお金があるから大丈夫!」という人もいるかもしれませんが、多くの場合、頼りになるのは公的な保障や保険になります。
では、人生におけるリスクとそれに対応する保険について整理してみましょう。

リスクの分類 対応する主な保険
死亡や高度障害状態
  • 定期保険…一定期間内に死亡した場合に保険金を受け取ることができる掛け捨て型の保険
  • 終身保険…死亡した場合に死亡保険金を受け取ることができ、一生涯保障が続く貯蓄性のある保険
病気やケガ
  • 医療保険…入院や手術をしたときに給付金が出る保険
  • 所得補償保険/就業不能保険…ケガや病気で働けなくなったときの収入減少などをカバーする保険
老後の生活
  • 個人年金保険…契約時に決めた年齢から年金を受け取ることができる保険

長い人生では、このようにさまざまなリスクが想定されます。結婚したら、自分だけでなく配偶者や子どものケアも考えていく必要があります。万が一のトラブルに対して、生命保険等で備えておくことは家族への安心や思いやりにつながりますね。

選ぶべき保険は家族構成によって異なる

では、一体どんな保険を選ぶとよいのでしょうか。選ぶべき保険は、家族構成が大きく影響します。「子どもがいる場合」と「いない場合」では備えるべき保険の種類が変わり、さらに「共働きをしている」か「していない」かによって、万が一のことがあった場合に保険会社から支払われる金額が大きく変わるからです。

夫婦のみの場合
結婚しているが子どもがいない場合は、残された家族のための死亡保障を中心に考えましょう。ただし、設定する保障額は残された家族の経済力により異なってきます。夫婦ともに、それなりの定収入があれば、備える保障額を高くする必要はありません。
事故などで高度障害状態になると、死亡しなくても、その後の保険料払い込みが免除になるケースや、死亡保険金と同額が支払われることがあります。よって、死亡保障はある程度備えておくと安心です。このほか、ケガや病気に対する「医療保険」は加入しておきましょう。
子どもができた場合
子どもができた後は、保険の大幅な見直しが必要です。一家の大黒柱に万が一のことがあると、残された家族の経済的負担は相当なものになります。よって、死亡保障をより高くすることが大切です。
さらに、病気やケガで入院や手術をした場合に備える「医療保険」や、病気療養などで働けなくなったときに給付金が出る「就業不能保険」を備えておくと安心です。このほかにも、子どものための教育資金準備の「子ども保険」や「学資保険」は早くから検討しましょう。
一度契約した保険はずっとそのままではいけません。見直しというメンテナンスも大切です。家族構成が変わったときや、子どもの進学などにあわせて必ず見直しをしてください。

これからの時代に必要となる保険とは

これからの時代の大切な備えとして、老後の生活費を確保しておくということがあります。「自分はまだ若いから大丈夫」と思うかもしれませんが、来るべき少子高齢化時代。社会保障制度を今と同じ水準で維持していくことは難しいと言われており、「老後は公的年金があるから安心」という考え方は通用しなくなります。老後のお金の準備はいろいろな方法がありますが、保険で備えるなら「個人年金保険」などを選択肢に入れると良いでしょう。いずれにしても、早めに準備をすることが賢明です。


人生の様々なライフステージにおいて、必要とされる保険は異なります。万が一のことがあった場合、健康保険や年金などの公的な保障がベースになりますが、それを踏まえた上で、足りないものを補うのが生命保険です。また、「心配だから」「とりあえず掛けておけば安心」といって、保険をかけ過ぎることがないように充分注意しましょう。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

小澤美奈子
ファイナンシャルプランナーおよび健康・美容ライターとして執筆・講座・相談等で活動中。
損害保険会社と住宅メーカーに従事し、主に家計管理、損害保険、住宅ローンを得意とする。趣味はカメラ・バレエ・料理。
ホームページ:http://kandbplanning.jimdo.com/