初心者にもわかる!投資信託の仕組みと種類

マネープラン

最近は、投資信託に関するCMを頻繁にテレビで目にします。「よくわからないからこわい」「投資ってお金持ちがやること」というイメージをもっていませんか? 投資信託は、初心者でも手軽にはじめられる金融商品なのです。その仕組みと種類について解説しましょう。

投資と投資信託って何が違うの?

投資とは、国や企業にお金を貸して利息を受け取る「債券」や、企業に出資して企業が上げた利益を分配金として受け取ったり、株価が値上がりしたときに売却して利益を得る「株式」などで、自らお金を増やすことをいいます。しかし、自分で商品を選んで売買するのはなかなか難しいものです。
一方、投資信託は、個人などの投資家からお金を集め、その資金で投資のプロが債券や株式などを売買するというもの。その利益を分配金や投資信託の値上がり益として投資家に還元する仕組みになっています。

投資信託のメリット

投資信託には次のようなメリットがあります。

少額から投資できる
個別の債券や株式などには、数十万円単位でしか投資できないものもあります。しかし、投資信託は多数の投資家からお金を集める仕組みなので、1人あたり1,000円程度の少額から投資できます。
投資のプロが運用する
金融や経済にあまり詳しくない、投資経験が浅いという人でも、投資の専門家に運用を任せることができます。
比較的リスクが少ない
多くの商品に分散投資するほど全体としてのリスクは低くなるといわれています。投資信託では、1つの投資信託でも数百などの個別銘柄(○○会社の株式など)に投資しており、1つの銘柄に全額投資するよりリスクが減る仕組みになっています。

投資信託のデメリット

では、逆にデメリットとしてはどんなものがあるのでしょうか。投資信託のデメリットとして、手数料が高いことが挙げられます。投資信託では下記のような手数料がかかります。

購入時手数料(販売手数料)
投資をはじめる(投資信託を購入する)ときに支払う手数料です。ノーロードファンドといって、購入時手数料がかからない投資信託もあります。
信託報酬(運用管理費用)
投資信託を保有している期間中に支払う手数料です。「設定された%÷365日」が、日々の残高に対してかかる仕組みとなっています。
信託財産留保額
解約するときに支払う手数料です。この手数料がかからない投資信託もあります。

特に信託報酬は、利益が出ているか否かに関係なく毎日支払うため、投資信託は他の運用商品よりも利益を出しにくいといわれています。
たとえば、購入時手数料を差し引いた投資額が100万円、信託報酬が1%のとき、投資から1年間まったく値動きがなかったとすると、1年間で100万円×1%=1万円を信託報酬として支払います。1年間で1%以上の利益を上げないと損をするということです。

思い込みには気をつけて!投資信託にありがちな勘違い

投資信託のデメリットとあわせて注意したいのが「勘違い」が多いことです。

投資信託のリスク
投資信託のメリットを見ると、投資信託はリスクが低いように見えるかもしれません。
しかし、投資信託の投資先は、日本や海外の債券、株式、不動産など投資信託によってさまざまです。たとえば、日本の代表的な企業225社の平均株価(日経平均株価)は、直近10年間でピーク時の半分以下に下落したことがあります。海外、特に新興国の株式に投資する投資信託には、それ以上に大暴落したものもあります。つまり投資信託は、投資先によっては決してリスクが低いとはいえないのです。
投資信託の運用方法
投資信託をすすめられるときに、長期間保有するほど安定的にお金が増えるようになるといわれることがあります。投資信託は、運用開始後は放っておくことができるので、手間もかからないというのです。
しかし、上記のように投資信託の値動きは激しいものもあり、かつ、手数料を考えると利益を出しにくいため、暴落して元本割れ状態が続いたという話もよく聞きます。それを防ぐためには、元本割れの懸念があると思ったら早めに投資を引きあげ、タイミングを見て再度投資するなどの調整をすることが大切です。

初心者でもはじめやすい投資信託は?

投資信託の中で一般的にリスクが低いといわれるのが債券です。特に、日本債券に投資するのは暴落の可能性が少ない投資信託といえます。ただし、金利が低いのであまり増えないといわざるを得ません。
日本債券で物足りない場合は、日本株式や先進国の債券に投資するという選択肢もあります。しかし、上記のように日本株式の値動きは激しいときもあり、海外の債券は為替リスクがあります。世の中の動きやその投資信託の過去の実績を確認して、できるだけ安定的に右肩上がりで値上がりを続けている投資信託を選ぶようにしましょう。
また、投資初心者の人には、「インデックスファンド」がおすすめです。日本株式でいう日経平均株価などのように、基準となる指標と同様の値動きを目指す消極的な投資信託で、比較的手数料が安くなっています。世の中の大きな流れで値動きするため「投資のプロ」の手腕に左右されにくく、積極的な投資信託(アクティブファンド)と比べて一般的に値動きが激しくありません。


投資信託は、初心者にはうれしいメリットが多く、手軽にはじめられる金融商品です。しかし、手数料などのデメリットもあるので、安易に手を出すのは禁物です。銀行や証券会社の人にすすめられた投資信託だから投資するのではなく、慎重に「良い投資信託」を選びましょう。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

松本喜子
ファイナンシャルプランナー(CFP®、1級FP技能士)。
数少ない、保険などの金融商品を販売しないファイナンシャルプランナー。法律事務所で働きながらFP資格を取得。企業内にて数百人のお客様からFPとして家計相談を受け、中立的な独立系FP会社にて経験を積む。現在は、個別相談、講師、コラムの執筆など、FPとして独立して活躍中。
ホームページ:http://hanafp.jp/