住宅をトラブルから守ってくれる、火災保険のメリット

マネープラン

住居の火災トラブルを補償してくれる火災保険。実は火災だけではなく、最近被害が増えている台風や竜巻、さらには盗難なども補償してくれることから注目が集まっています。火災保険の詳しい特長についてご紹介します。

火災保険とはいったいどんな保険?

一般的な住宅専用の火災保険は「住宅火災保険」と「住宅総合保険」という2つの保険から構成されます。

住宅火災保険
火災・落雷・破裂・爆発・風災・雹(ひょう)災・雪災からの損害を補償する保険
住宅総合保険
住宅火災保険の補償に加え、春から夏にかけてよく発生する水災による損害、盗難、自動車の飛び込みといった物体の衝突被害なども補償する幅広い保険

現在はこれら2つに加え、保険会社が様々なオリジナル商品を販売していますが、火災保険のベースとなっているのは「住宅総合保険」です。火災だけでなく盗難も補償され、一戸建ての住宅からマンションまで私たちを幅広く守ってくれる保険といえます。
ただし、マンションなどの集合住宅の場合、個人で保険加入するのは自分が住んでいる部分(専有部分)のみで、エントランスや廊下などの共用部分はマンションの各住民などで構成されているマンション管理組合で加入するのが一般的です。

見落としがちな「特約」に注意!

ほとんどの火災保険には「特約」が付帯されています。その補償内容を見ると、住宅火災とは一見関係ないように思えるものもありますが、重要な特約が付帯されていることもあります。契約前によく確認しておきましょう。
その中でも特に役立つ特約のひとつが「個人賠償責任補償」です。日常生活で思わぬ事故によって他人に損害を与えてしまった場合に保険金が支払われるというものです。例えば、自分の運転する自転車が知らない人の車にぶつかって傷をつけてしまったなど、身近で起こりやすい損害をカバーしてくれる便利な補償です。実はこの補償、現在ほとんどの保険会社では単独で加入できないため、火災保険や自動車保険に付帯することで加入できるようになっています。
他にも「類焼損害補償」は、自分の家が燃えて近隣の住宅へ延焼した場合に、被害を受けた人が原状回復に必要な範囲で保険金が出るというものです。こちらもぜひ加入しておきたい特約のひとつです。

最近急増している竜巻被害もカバー

「竜巻や台風の被害は火災保険とは関係ないでしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、火災保険には「風災」の補償があり、竜巻や台風の被害はそこからカバーされます。
最近は異常気象の影響もあり、竜巻や突風の被害が増えています。実際、気象庁の竜巻「年別発生確認数」によると、2012年は29件、2013年は34件と毎年のように各地で発生しています。ひとたび竜巻に襲われると、非常に大きな損害を受けることが多いので、備えとしての火災保険の役割は大きいといえます。
ただし「風災」はある一定額以上(20万円以上の場合が多い)の損害でないと補償されない商品があります。加入している火災保険の補償内容をよく確認することが大切です。

どんな場合に保険がおりる?具体的な適用事例

火災保険が適用されるか否かの判断基準は、具体的な事例で考えるとわかりやすいです。たとえば、「水災」に対する保険金支払い基準を見てみましょう。
火災保険に付いている「水災(水害)」の補償は、近年増加傾向にあるゲリラ豪雨などによる洪水や土砂災害に対して補償されますが、どんな水災被害でも補償が受けられるわけではありません。
よくある基準としては「床上浸水、地盤面より45cmを超える浸水」または「補償の対象となる建物・家財の30%以上が損害を受けた場合」というものが多く、この基準に満たないときには補償を受けることができません。ただし、保険金支払いの詳細な基準については保険会社ごとに異なります。
ほかにも、洗濯機のホースをしっかりセットしないで給水したために住宅が水浸しになった場合など、自分に過失のある水濡れは「水災(水害)」には該当せず、保険金支払いの対象とはなりませんので注意が必要です。


火災保険は私たちの生活を幅広く守ってくれる便利な保険です。その一方で、どこまで保険が適用されるか、素人ではなかなか判断がつきません。万が一何か起こった場合には、すぐに加入している保険会社へ確認してみましょう。

参考:
  • 気象庁ホームページ
  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

小澤美奈子
ファイナンシャルプランナーおよび健康・美容ライターとして執筆・講座・相談等で活動中。
損害保険会社と住宅メーカーに従事し、主に家計管理、損害保険、住宅ローンを得意とする。趣味はカメラ・バレエ・料理。
ホームページ:http://kandbplanning.jimdo.com/