スキマ時間で効率的に!ネットでできるお小遣い稼ぎ

マネープラン

家計が厳しくなってくると、まず削られるのが遊興費やお小遣い。とはいえ、一生懸命節約するだけでは気持ちにハリもうまれません。最近は、インターネットを使った副業でお小遣い稼ぎをしている人もいますが、一体どんなものがあるのでしょうか。

どんな副業が人気なの?

アベノミクスと言われる一方で、なかなか景気回復の実感が伴わない昨今。じわじわと物価の上昇が続く中で、多くの人が節約に励みながら生活しています。
その一方、節約には物理的にも精神的にも限界があります。そこで、副業をすることによって、なかなか増えない本業の収入を補てんしようと考える人が増えています。書店に行くと、副業テクニックを解説する書籍を数多く見かけますね。
しかし、大半の会社では、就業規則で社員の副業を禁止しています。これから副業をはじめようと考えるのであれば、まず勤務先の就業規則を確認してからにしましょう。
最近流行っている副業としては、インターネットを活用したアフェリエイトやインターネット広告が代表的です。たとえば、おすすめの飲食店やグルメスポットを紹介するブログや、飼っているペットのかわいい写真を公開しているブログなどを趣味で更新している人も多いのではないでしょうか。そのブログに企業の広告を掲載していると、閲覧者が広告をクリックするたびに広告収入が得られるという仕組みです。更新頻度が高くファンが多いブログなら、ちょっとしたお小遣い稼ぎになります。
ほかにも、オークションサイトで不要な商品を売って収入を得る人もいます。買ってから何十年もたった雑誌や書籍、フィギュアなど、希少性が高くなっていて思わぬ高値がつく……ということもあるようです。また、スマホで商品を撮影して手軽に出品できるフリマアプリも若年層を中心に流行しており、いらなくなったものを捨てずにお金に換えるお小遣い稼ぎは、すっかり身近なものになっています。

趣味の写真撮影がお金になる、ストックフォト

手軽にはじめられるインターネットの副業として注目されているのが「ストックフォト」と呼ばれるサービスです。これは簡単に言うと、撮影した写真でお小遣い稼ぎができるというものです。
雑誌社や制作会社が使用する写真というと、プロカメラマンが撮影したものを想像しますが、プロカメラマンは報酬も高額で撮影に時間がかかります。最近では、プロ並みの撮影技術を持つ素人が増えており、一定のクオリティの写真をリーズナブルに調達できるということで、ストックフォトサービスの需要が伸びています。
ストックフォトで写真を売るための手順としては、まずストックフォトサイトにユーザー登録します。サービスによっては身分証明書の提出が必要になる場合もあります。登録が完了したら、撮った写真をそのストックフォトサイトにアップしておくだけです。あとは、その写真を購入してもらえれば、都度使用料が入ってくるという仕組みです。
なお、写真の使用料はサービスごとに異なりますが、販売価格の20~50%程度が報酬となるケースが多いようです。

音源を聞いてテキストを打つ、テープ起こし

在宅ワークとして人気が高いのは「テープ起こし」です。これは、会議や講演会などで録音された音声データを聞きながら、文字に起こしていく仕事です。テープ起こしは、企業などが独自に案件を発注していることもありますが、フリーランスや主婦、副業をしたい人向けに、企業からの仕事の依頼を取りまとめている「クラウドソーシング」サービス上でも見つけることができます。報酬額は、音声データの長さや内容の専門性にもよりますが、タイピングが得意であれば基本的には誰でもできる仕事です。お小遣い稼ぎにはもってこいですね。

文章の添削や悩み相談でも稼げるってホント?

最近の傾向として、文章の作成や添削といった仕事の依頼も増えてきました。キャッチコピーやコラム・記事などの作成、就職・転職活動で必要になるエントリーシートや職務経歴書の添削、英文メールの簡単な翻訳など、依頼の内容はバラエティに富んでいます。自分の経験や得意分野を活かせるのがポイントですね。
さらには、人間関係・恋愛・子育てなどの悩み相談や、料理・音楽などのノウハウ指導といった、様々な分野で副業ができるようになっています。
なお、副業での平均的な収入は、月4万円前後というデータもあります。毎月コンスタントに稼ぎ続けるのはなかなか大変ですが、1年で換算すると約50万円という金額はかなり大きいのではないでしょうか。
注意点としては、こういったネットでできる副業紹介サービスには、「カンタンに高額報酬」を謳う怪しげな業者も存在しているということ。気軽に副業をはじめられる時代ではありますが、トラブルに巻き込まれないように気をつけなければなりません。その業者が実在するのか、ネット上で悪い評判がないか充分に調べたうえで、登録・利用してください。


時間や場所の制約が少ないネットでのお小遣い稼ぎは、世代や職業を問わず支持されています。「副業」というとハードルが高いように感じますが、自分の趣味や特技を活かしてお金をもらえるのは楽しいものです。一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

山本昌義
一級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP認定者。
「一切の商品を売らない」を基本とし、「金融以外も含めた家計全般の支援」を前提に、多数の相談業務を行う。現在は「婚活FP」として、人生の最初の一大イベント「結婚」に注力。成婚前後の男女から、将来を見据えた家計に関する様々な相談を受けている。
ホームページ:http://yamamotofpoffice.com/