宝くじに当選したら、税金はどうなるの?

マネープラン

宝くじを買ったことのある人なら「もし1億円当たったらどうしよう!?」なんて考えたことがあるはず。もしも1億円当たったとしたら、当選金は課税の対象になるのでしょうか?宝くじと税金の関係について解説します。

宝くじが当たったら、課税対象になるの?

結論からいうと、宝くじの当選金には税金がかかりません。通常、懸賞の賞金や福引の当選金などは、業務上のものを除いて一時所得として課税されます。では、なぜ宝くじの当選金に税金がかからないのかというと、それは宝くじを購入したときに税金を納めているともいえるからです。宝くじの売上金は、当選金や経費などを除いた収益金の約40%が発売元の都道府県及び全指定都市へ納められます。そして収益金充当事業として、道路維持管理費用や東日本大震災復興事業など様々な用途に使われます。つまり、宝くじは非常に公共性が高いので、課税対象にならないのです。

 確定申告は必要なの?

宝くじの当選金には、所得税はもちろんのこと、住民税もかかりません。住民税は前年の所得税をもとに計算されるため、所得税が課税されないということは住民税も課税されないのです。 注意点として、当選した場合には「当選証明書」を発行してもらいましょう。高額な当選金を手にすると、急に高価な買い物をしたり、会社を起業するための資金などに利用することもあるでしょう。そういった場合に、税務署で不自然な資金だと思われて指摘を受けることがあります。そこで「当選証明書」を見せれば、宝くじの当選金だと証明できるので、問題がないと判断されます。

 当選金を分けたら贈与税がかかる!

「宝くじに当たったら半分あげるよ」なんて冗談を家族に言ったことはありませんか?実は、宝くじの当選金を家族や友人に分配すると「贈与税」がかかります。この贈与税は、年間110万円までは非課税となり、それを超えると家族や親族間であっても贈与税の支払いが必要になります。たとえば1億円当選し、その半分の5,000万円を一緒に購入した友人へ贈与した場合、いくら税金がかかるのでしょうか。

  • 課税価格:5,000万円-110万円(基礎控除額)=4,890万円
  • 贈与税額:4,890万円×55%(税率)-400万円(控除額)=2,289.5万円

税金の高さにびっくりした人もいるのではないでしょうか?せっかく高額な当選金をもらっても、半分近くを贈与税の支払いにまわすことになります。贈与税は、基礎控除後の課税価格が高いほど税率も上がる仕組みになっており、平成27年の税制改正によって、最高税率がそれまでの50%から55%へ引き上げられました。もし複数名で購入し当選金を分配する場合は、受け取り時点で窓口に申告することが大切です。その際に共同購入用紙をもらえるので、そこに連名で署名・捺印し、分配の割合などを記入すると、当選証明書をそれぞれに発行してくれます。これで、後々問題なく当選金を受け取ることができるのです。


宝くじはたくさんの夢を運んできてくれますが、もしも当選したときのために、宝くじにかかる贈与税や受け取りに関する注意点を覚えておくといいかもしれません。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

小澤美奈子
ファイナンシャルプランナーおよび健康・美容ライターとして執筆・講座・相談等で活動中。
損害保険会社と住宅メーカーに従事し、主に家計管理、損害保険、住宅ローンを得意とする。趣味はカメラ・バレエ・料理。
ホームページ:http://kandbplanning.jimdo.com/