普及する電子マネーを賢く活用しよう

マネープラン

現金をあらかじめチャージして使う電子マネー。小銭を出さずにさっと会計できるところが魅力ですが、上手に使いこなしている人は意外に少ないものです。電子マネーは種類も豊富なので、「どれを選んでいいかわからない」という人もいるでしょう。今回は、代表的な電子マネーの特徴をご紹介します。また、電子マネーを使う際の注意点についても見ていきましょう。

 電子マネーの種類と特長

電子マネーには、あらかじめ現金をチャージしておくプリペイド(前払い)型と、使った金額が後日銀行口座から引き落とされるポストペイ(後払い)型があります。ここでは、多くの人が日常的に使っているプリペイド型の主な電子マネーを紹介しましょう。

Suica(スイカ)
電車に乗る時はもちろん、エキュートやキオスク、Suica加盟店での買い物にも使えます。たまったポイントはSuica電子マネーや、Tポイント、WAONポイントなどの提携ポイントに交換可能。Suicaカードは定期券としても使えます。
nanaco(ナナコ)
セブン-イレブン、イトーヨーカドー、デニーズなど全国のセブン&アイグループ各店やnanacoマークのある店で使えます。利用額100円(税抜)につき1ポイントがたまりますが、このポイント還元率1%はかなり高いといえるでしょう。たまったポイントは「1ポイント→1円」で電子マネーnanacoに交換できるほか、セブンネットショッピングでの買い物に使うことができます。
WAON(ワオン)
イオンやダイエー、ミニストップなど全国のイオングループ各店やWAONマークのある店で使えます。利用額200円(税込)につき1ポイントがたまり、100ポイントごとに100円分の電子マネーWAONに交換できるほか、Suicaポイントに交換することもできます。
楽天Edy(エディ)
コンビニ、スーパー、ドラッグストアやマクドナルド、ヨドバシカメラ、ブックオフ、TSUTAYAなど全国40万カ所以上の店で使えます。また、アマゾンをはじめネットショップでも使え、利用範囲が広いのが特長です。

電子マネーの注意点を知っておこう

次に、電子マネーを使ううえでの注意点も確認しておきましょう。電子マネーは誰でも簡単に使えますが、以下の点には気をつけてください。

盗難・紛失すると、チャージ分は戻らない
プリペイド式の電子マネーの場合、盗難に遭ったり紛失してしまった場合には、チャージした分のお金は戻ってきませんので注意しましょう。電子マネーはクレジットカードではないので、審査がない分気軽に持つことができます。しかし、現金と同様にしっかりと管理する必要があるのです。
残高が見えない分、使いすぎてしまうことも
現金と違って、残高が減っても目に見えないのが電子マネー。ついつい使いすぎてしまい、「もうチャージしなくてはいけないの?」と焦る人もいるかもしれません。また、オートチャージにしている人は、お金を使っているという認識が薄くなってしまうこともあるので、何にどれくらい使ったのかをしっかりと自分で管理する必要があります。家計簿をつけるのがベストですが、少なくともレシートは忘れずにもらっておき、こまめに残高と使用用途を確認しましょう。
2枚以上の電子マネーを重ねて改札でタッチしない
SuicaとPASMOなど、2種類以上の電子マネーを一度に改札でタッチしてしまうと、認識できずにエラーが起きることがあります。同じ定期券入れに複数の交通系電子マネーを入れている場合は、特に注意が必要です。改札で慌てないためにも、できれば電子マネーは分けて持ったほうがいいでしょう。

代表的な電子マネーや、利用時の注意点をご紹介しました。おすすめの電子マネーは人により異なりますが、よく利用する店で使えるものを選ぶのがベストです。自分のライフスタイルに合った電子マネーを使いこなし、賢くポイントをためましょう。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

一色徹太
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®認定者
金融商品や保険を販売しない中立的な独立系のファイナンシャル・プランナーとして、個人のマネー・ライフプラン相談、講演・セミナー、執筆等に従事。東証(東京証券取引所)でJPXアカデミー講座の講師も務めている。
ホームページ:一色FPオフィス