お財布と相談しながら選べる英語学習法7選

マネープラン

グローバル化が進む中、英語を話せるようになっておきたいという人は多いはず。そして、いざ「英語を習得しよう!」と決心したら、コストパフォーマンスを考慮しつつ自分に一番合った方法を選びたいもの。今回は、英語学習の選択肢7つと、それぞれの特徴をご紹介します。

英語漬けの環境に飛び込みたい人に

留学
一般的には最もお金のかかる選択肢ですが、生活のあらゆる場面で英語を話さざるを得ない環境になるため、英語力習得が一番期待できます。海外(英語圏)の大学で一定期間学べば、確実に英語力がつくでしょう。
予算的に難しいようであれば、短期語学留学や交換留学という選択肢もあります。国内外の奨学金を探してみるのもよいでしょう。ほかにも、研修生として働くインターンシップ留学、ホームステイ先で家事やベビーシッターをして滞在費を無料にする「オペア」「デミペア」といった留学方法もあります。
英語村
留学はお金がかかるし、海外に行く勇気はまだないという人にぴったりなのが、日本にいながら英語漬けの環境に身をおける「英語村」です。近畿大学内にある「e-cube(イーキューブ)」、岡山県にある「nano village(ナノビレッジ)」などがあります。料金に関しては、無料のもの、1回の参加費が約1,000円のもの、30日間泊まり込みで20万円を超えるものなどさまざまです。

日本にいながらネイティブスピーカーに教わりたい人に

英会話スクール
「決まった時間に決まった場所へ通う」というスタイルの方が続けられそうという人には、英会話スクールがいいでしょう。レッスン料の安さで決めるのではなく、口コミ情報、レッスン内容、講師のレベルなどを参考にしながら、自分に合ったスクールを選ぶ必要があります。入学金の有無もチェックしておきたいですね。
スクールでは1対1のプライベートレッスンと、少人数のグループレッスンという選択肢があります。プライベートレッスンの料金は、グループレッスンの2倍以上かかることが多いですが、英語を話す時間や質問できる機会が多いところが長所です。グループレッスンは料金が安く、励まし合ったり刺激し合える学習仲間と出会える可能性も。ただ、積極的に発言するのが苦手な人には向いていないかもしれません。
個人レッスン
個人で英語を教えているネイティブスピーカー(英語を母国語とする外国人)からレッスンを受けることもできます。レッスン料は講師によって異なりますが、スクールのような入学金はありません。レッスン料の安い講師を見つけることも可能ですし、すべて直接交渉になるので、レッスン内容やスケジュール変更などの相談もできます。講師経験の浅い人もいるので、教え方のスキルや自分に合っているかどうかを見極めるためにトライアルレッスンを受けてみるのもひとつの手です。
先生バンク」や「ぺらぺらワールド」のような語学講師を検索できるウェブサイトを利用すれば、条件や希望に合った講師を見つけることができます。なお、数千円の紹介料がかかる場合もあります。

なるべくお金をかけずに(できれば無料で)英語を学びたい人に

オンライン英会話
学校に通う必要がなく、インターネット環境さえあればどこにいてもレッスンを受けられるのが利点。また、場所代がかからないこともあり、レッスン料が安いです。特に、「レアジョブ」や「ぐんぐん英会話」などスカイプ(インターネット電話サービス)を利用した格安オンライン英会話なら、ワンレッスン100円台から。無理なく続けられるでしょう。
ランゲージエクスチェンジ
「ランゲージエクスチェンジ(language exchange)」とは言語交換のことで、ネイティブスピーカーから英語を教わる代わりに日本語を教えてあげるという方法です。お互いに母国語を教え合うので、レッスン料はかかりません。レッスンパートナーは、「オンライン言語交換コミュニティ」や「The Mixxer」といったウェブサイトで探すことができます。
独学
テキストや教材を購入すれば多少お金がかかりますが、インターネット上で公開されている語学学習関連のウェブサイトを活用すれば無料でも学べます。今は語学の学習サイトやアプリ、発音まで確認できる辞書など、英語学習に必要なものはインターネット上にほとんどそろっているので、利用しない手はないですね。ただし、独学はきちんと自己管理する必要があるため、勉強を続けるには強い意志が必要です。

英語の勉強は、予算を考えながら、自分の性格や生活スタイルに合った学習方法を選ぶのが最善です。一番大事なのは「何のために英語を学ぶのか?」を明確にすること。語学はコミュニケーションの手段にすぎません。どの学習法を選んでも、はっきりとした目標を持っておくことが、学習に対するやる気の持続と英語力の上達につながっていくはずです。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。