転勤や退職時にお渡しするお餞別のマナー

マネープラン

社会人になると、一緒に仕事をしてきた同僚や上司の転勤、退職などの際に「お餞別(せんべつ)」を渡す機会があります。このお餞別にはどういう意味があるのでしょうか?また、どんなものを用意するべきなのでしょうか?マナーについてもしっかり確認しておきましょう。

お餞別ってどんなときに渡すの?

まずは、そもそもお餞別とは何なのか、どんな場面で渡すのかを見ていきます。

相手の無事を祈る、もしくはお別れのしるしとして渡す
お餞別とは、遠方へ行ったりお別れする相手に対して、無事の祈願やお別れのしるしとして金品を贈ること、またはその金品のことをいいます。「餞」は「はなむけ」とも読み、餞別は「馬の鼻向け」と同じ意味。「馬の鼻向け」とは、遠方へ移動する手段として馬が使われていた時代に、旅人の無事を祈り、馬の鼻を目的地の方角へ向けてあげたことが起源となっている言葉です。
社会人の場合、転勤や退職時に渡すことが多い
社会人になると、会社の同僚や上司が転勤、海外出張、退職などをする場面でお餞別を渡す機会が多くなります。現金を包んで渡すこともあれば、品物を贈ることも。品物の場合は花や菓子のほか、手帳やボールペンなどの小物、寄せ書き、写真、ネクタイ(男性の場合)といったものがよく選ばれます。なお、中途退職者へのお餞別として現金を包むのは、その人に苦難が予想される場合が多いようですので、注意しましょう。一般的な転職であれば、送別会を開いたり品物を贈ったりするのが無難です。

知っておきたいお餞別のマナー

会社でお餞別を渡す際に知っておきたい、いくつかのマナーがあります。確認しておきましょう。

自分よりも上位の役職の人へ個人名でお餞別を渡すのは失礼
目上の人、例えば上司へお餞別として個人名で現金を包むのは失礼にあたります。部署名で渡すか、個人名の場合は「おはなむけ」や「お礼」など「お餞別」以外の表書きで渡しましょう。
熨斗(のし)袋は紅白の蝶結びの水引きがついたものを
熨斗袋は用途や目的によって水引きの形、紐の色が違うため、間違えないように気をつける必要があります。お餞別の場合は、紅白の蝶結び(花結び)の水引きがついたものを選びましょう。なお、熨斗袋ではなく、白い封筒に入れて渡してもかまいません。
表書きの贈り主名の書き方に注意
表書きに名前を記載できるのは3名までです。贈り主が4名以上の場合は、例えば「○○課一同」「代表者の氏名 他三名」といった書き方をします。役職や年齢が高い順に右側から名前を記載してください。なお、名前が書ききれないけれど誰からのお餞別かわかるようにしたいという場合は、別途贈り主の名前を書いた紙を入れておくという方法もあります。
中袋の金額は漢数字で
中袋の中央に金額を記載します。その際、「壱(いち)」「弐(に)」「参(さん)」「萬(まん)」「圓(えん)」(※圓は「円」でもOK)などの旧字体の漢数字で記載しましょう。例えば、1万円包むなら「金壱萬圓(円)也」と書きます。
中袋とお札を入れる向きにも注意
外袋の表面、中袋の表面、お札の表面をきちんと合わせて入れます。お札が2枚以上の場合は、お札同士の向きがそろっていることを確認しましょう。なお、肖像画側を上にするか下にするかは、地域によって慣習が異なるようです。

お餞別の相場はどれくらい?

お餞別の相場は社内で何らかの規定があるか、個人のつきあい方がどうだったかによっても異なるため、一概には言えません。規定がない場合で一般的と考えられる相場は、会社全体や部署別に現金を包む場合は1人1,000円~5,000円程度、個人的に現金を包む場合は3,000円~5,000円程度です。


今まで一緒に働いた仲間と別れるのは寂しいですが、相手へのねぎらいや感謝の気持ちを込めてお餞別を渡したいですね。マナーをしっかり確認し、気持ちよく送り出しましょう。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

丹所美紀
アステル行政書士事務所代表 行政書士・知的資産経営認定士
「皆様の明日を照らす」を理念とし、建設業許可申請をはじめとする各種許認可申請、知的資産経営支援、事業計画書や補助金申請書等の作成代行、遺言相続業務、会社設立支援、外国人関連業務等に従事。
ホームページ:名古屋遺言書作成支援センター