【大人のマネー教養】通夜、葬儀、告別式…お悔やみごとのマナーと費用

マネープラン

訃報は突然訪れるもの。お悔やみの気持ちを伝えたいのに、ご遺族に対して失礼があっては大変です。いざというときに慌てないように、しっかりとマナーを覚えておきましょう。

通夜、葬儀、告別式の違いって?

「お通夜はなんとなく分かるけど、葬儀と告別式って何が違うの?」という人も多いのではないでしょうか。それぞれの違いと、服装のマナーを見ていきます。

通夜とは

葬儀の前に親族や親しい知人が集まり、夜を徹して故人のそばで過ごし、別れを惜しむ儀式のこと。最近は、告別式に出席できない人が故人とお別れをする場として、1~3時間ほどで終わる「半通夜」が増えています。

  • 通夜の服装
    急きょ駆けつけるケースでない限りは喪服(ブラックフォーマル)が好ましいでしょう。ただし、亡くなった直後に行われる仮通夜は、平服(へいふく)で。平服は「普段着」という意味ですが、この場合は「喪服でなくてもいい」という意味ですので、地味な服装を心掛けましょう。男性はブラックスーツかダークスーツ、女性は黒か地味な色のワンピース・スーツの着用が一般的です。
葬儀と告別式の違い

葬儀は、遺族や親族が故人の冥福を祈って見送る儀式のことで、仏式であれば僧侶の読経があり、出棺、火葬などが行われます。告別式は、親族や知人が故人に最後の別れを告げる儀式。焼香や献花なども告別式に執り行います。昔は別々の儀式でしたが、現在は葬儀と告別式を一緒に行うことが多くなっています。

  • 葬儀・告別式の服装
    基本的には喪服(ブラックフォーマル)が好ましいです。男性はブラックスーツに、白シャツ、黒のネクタイと靴。女性は黒のワンピース、アンサンブル、またはスーツに、黒のストッキングと靴を着用します。黒でも光沢のあるものはNGなので、注意しましょう。

香典のマナーを知っておこう

親しい人が亡くなったときに考えなくてはならないもののひとつが香典です。香典にも覚えておきたいマナーがいくつかあります。

香典とは
香典とは、現金を不祝儀用の袋(香典袋)に包み、線香や花の代わりに霊前に供えるものを指します。もともとは、「お香を供える」「お香の代金を供える」という意味です。香典は、もちろん故人への供養の気持ちを表すものですが、葬儀費用などの突然の出費を助けるという意味もあります。
香典の渡し方
香典は通夜、葬儀、告別式のいずれかに持参します。受付がある場合は受付で渡し、ない場合は拝礼の際に霊前に供えるか、遺族に直接渡しましょう。
もし参列できない場合は弔電を打ち、現金を香典袋に入れて現金書留で送ります。お悔やみの言葉を記した手紙を添えるのも忘れずに。
香典袋の種類と書き方

香典袋には種類があり、宗教によっても異なるので注意が必要です。筆ペンなどで水引の上の部分に表書きを、下には名前をフルネームで書くのが基本ですが、表書きも宗教によって変わってきます。香典袋と表書きを、宗教別にまとめてみました。

  • 仏式
    蓮の花が描かれたものは、仏式用のし袋です。表書きは「御霊前」「御香典」「御香料」のいずれか。ただし、浄土真宗の場合は「御仏前」となります。
  • キリスト教式
    ユリの花、十字架などが描かれたのし袋を使います。表書きは「御霊前」「御花料」「献花料」のいずれか。
  • 神式
    のし袋は無地で、白黒か双銀の水引のもの。用途は「御霊前」「御玉串料」「御神前」など。

このように、宗教によって香典袋の種類や書き方が変わるので、故人の宗教を知っている場合は間違いのないようにしましょう。わからない場合は「御霊前」としておくのが無難です。

香典で包む金額の目安は?

香典の金額は、故人との関係によっても変わってきます。一般的な金額を見ていきましょう。

  • 親族:両親は10万円、兄弟・姉妹は3~5万円。祖父母や叔父・叔母を含むその他親族は、1万円が目安。
  • 仕事関係:勤務先の上司、同僚、部下、その家族、取引先などの場合は、5,000円~1万円程度。
  • 友人・知人:友人、友人の家族、ご近所の場合の目安は3,000円~1万円。

上に挙げた金額はあくまでも目安です。重要なのは、故人との付き合いの深さ。目安の金額を参考にして、自分の気持ちをプラスするとよいでしょう。ただし、香典は多ければよいというものでもありません。故人の家族が恐縮してしまうような金額にならないよう注意したいところです。


通夜、葬儀、告別式、そして香典のマナーをご紹介しました。基本的なポイントは押さえられたのではないでしょうか。突然の訃報を受けても慌てずに準備をし、安らかな気持ちで故人を見送りたいものです。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。