店舗や通帳がなくても平気なの?ネット銀行のメリット&デメリット

マネープラン

インターネットバンキングやネット銀行が普及して、ますます預金の管理がラクになりました。ネット銀行は比較的金利が高いということもあって、興味がある人も多いでしょう。しかし、実店舗や通帳がなくオンラインで完結してしまうので、なんとなく不安に思う人もいるのでは?今回はネット銀行について詳しく解説します。

ネット銀行とインターネットバンキングはどう違う?

「ネット銀行」と似た言葉に「インターネットバンキング」があります。まずは、この2つの意味を確認しておきましょう。

ネット銀行
ネット銀行は、インターネットを介した銀行取引サービスを主体とする銀行です。ほとんどのネット銀行は窓口(実店舗)を持ちません。また、預金通帳が発行されず、取引明細はオンラインで確認する必要があるのも特徴のひとつ。口座開設手続きも主にインターネット上で行い、後日郵送でキャッシュカードが届くという流れです。本人確認の方法は、免許証のコピーを郵送する、本人限定郵便の受け取りを行うなど銀行によって異なります。振込はインターネット上で行い、入出金はコンビニや提携銀行のATMを利用します。
インターネットバンキング
インターネットバンキングとは、インターネット上で振込や残高照会などの銀行取引が行えるサービスのこと。実店舗を持つ従来型の銀行の多くも、インターネットバンキングサービスを提供しています。口座を開設している銀行がインターネットバンキングを提供しているなら、申し込めば利用可能です。窓口やATMに足を運ばなくても、インターネット上で残高照会や振込手続きなどを行うことができます。なお、インターネットバンキング上で行った取引内容は、後日、通帳にも記帳できます。

従来型の銀行はサービスの一部としてインターネットバンキングを提供しています。一方ネット銀行は、インターネットバンキングを専業とする、新たな形態の銀行だということです。

ネット銀行のメリットとデメリット

ネット銀行の特徴をおさえたら、次はメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

ネット銀行のメリット
  • 営業日に関係なく銀行取引が可能
  • 各種手数料が安め
  • インターネットに接続できれば、いつでもどこでも利用できる
  • 預金金利が高め
ネット銀行のデメリット
  • 通帳に慣れている人は、通帳がないと戸惑うことも
  • こまめにWEB明細をチェックしていないと、不正利用に気づきにくい
  • 公共料金や保険の引き落とし口座として使えないことがある
  • 銀行と居住地域によっては利用可能なATMが限られる
  • インターネット回線障害時に利用できないリスクがある

いかがでしょうか。特に、比較的金利が高いというのは嬉しいメリットです。オンラインでこまめにチェックできる人、利用できるATMが近くにある人にとってはデメリットが少ないため、魅力的だと言えるでしょう。

どんなネット銀行があるの?

平成28年3月現在、ネット銀行は10行程度あります。ここでは、口座開設数が多い楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行の3行についてサービス内容を比較してみましょう。

  楽天銀行 ジャパンネット銀行 住信SBIネット銀行
他行への振込手数料 165円~
258円
172円~
270円
0円~
154円
入金手数料 0円~
270円
0円~
324円
0円
出金手数料 216円~
270円
0円~
324円
0円~
108円
普通預金金利 0.02%~
0.10%
(種類による)
0.03%~
0.05%
(預け入れ金額による)
0.02%~
0.06%
(種類および金額による)
主な特徴
  • 楽天ポイントを獲得・利用できる
  • 提携ATMの数が多い
  • 「Yahoo!かんたん決済」の落札支払い手数料が無料
  • セキュリティ対策が充実
  • 各種手数料が安い
  • 定額自動振込、目的別口座等のサービス多数

ネット銀行を利用する際の注意点

最後に、ネット銀行を利用するときに注意したい点をご紹介します。

利便性や手数料はしっかり確認
ほとんどのネット銀行は実店舗を持たないため、現金の入出金は提携銀行やコンビニなどのATMから行うことになります。自宅や職場の近くで入出金できる場所はあるでしょうか。また、入出金時の手数料、回数制限、振込手数料などの条件について、利用規約をよく読んでおきましょう。
セキュリティ対策を万全に
パソコン自体のセキュリティ対策はもちろん、「偽メール・偽サイトに注意する」、「ID・パスワードを厳重に管理する」といった一般的なセキュリティ対策は欠かせません。また、普段パソコンを見る習慣がなく、通帳での管理に慣れている人は、こまめにWEB明細を見て不正利用がないかチェックすることも大切。特に閲覧期間が定められている場合、定期的にデータ保存するか、印刷しておくとよいでしょう。

インターネット環境が整っていれば、時間・場所を問わず残高照会や振込などを行うことができるネット銀行。スマートフォンやタブレットが普及した現在、ネット銀行の需要も高まっています。ネット銀行を利用する際はメリット・デメリットの両方を理解し、不正利用などに注意しましょう。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

丹所美紀
アステル行政書士事務所代表 行政書士・知的資産経営認定士
「皆様の明日を照らす」を理念とし、建設業許可申請をはじめとする各種許認可申請、知的資産経営支援、事業計画書や補助金申請書等の作成代行、遺言相続業務、会社設立支援、外国人関連業務等に従事。
ホームページ:名古屋遺言書作成支援センター