電力自由化で電気代はどうなるの?身近な電気について考えよう

マネープラン

2016年4月、家庭に供給される電力の自由化がついに解禁となりました。これまでは地域ごとにあらかじめ電力会社が決まっていて選択の余地がありませんでしたが、自由に選べるようになったのです。では、電力自由化によって私たちの電気代や生活はどのように変わるのでしょうか?

電気代が安くなる?電力自由化のメリットとは

まずは、電力自由化によって具体的にどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

選択肢が広がる
第一に挙げられるのが、選択肢の拡大。電力供給会社各社の料金やサービス内容を比較し、さまざまな電気料金プランの中から、自分にとってベストなものを選べるということです。
エネルギー関係以外の企業も電気事業に参入しているので、異業種サービスとのセット割引など、今までになかったプランも登場。また、再生可能エネルギー(太陽光発電など)による電気を使いたいなど、自分の理念やライフスタイルに合った会社を選ぶことも可能です。
電気代が安くなることも
電力自由化とは、電気料金の設定を電気事業者側が自由に行えるということでもあります。新規参入企業が従来の電力会社から顧客を獲得しようとする動きもあり、価格競争が起こりやすくなります。他社との差別化のために、サービス内容を充実させたり、料金の割引や値下げで勝負する会社も。

エネルギー関係ではない会社も参入?プランをよく検討して

前述のとおり、エネルギー関連以外の企業も電気の小売事業に参入しており、ユニークなプランが続々と登場しています。参考までにいくつか例をご紹介しましょう。

東急グループ
東急電鉄は、電力小売事業を行う子会社として「東急パワーサプライ」を設立。電気料金をTOKYU CARDで支払うことで料金の最大1%がポイントとして貯まるほか、電気とケーブルテレビやインターネット接続サービスとのセット割引を提供。また、東急線の定期券を持っているとおトクになるサービスも。
生活クラブ事業連合生活協同組合連合会
生活クラブグループは、太陽光発電や風力発電が生み出す電力の小売会社「生活クラブエナジー」を設立しました。同社が目指すのは「エネルギー自給」「脱原発」「CO2削減」。すでに持っている食品宅配の販路を生かしながら、生協組合員に向けての電力供給を予定しています。
ミサワホーム
住宅メーカーでいち早く参入を決めているのが、ミサワホーム。ミサワホームオーナー向けに、電力サービス「ミサワでんき」を提供。電気代の3%が、自宅のメンテナンスやリフォームの費用に使える電子ポイントで還元されるというサービスです。

「スイッチング」の流れとは

今まで利用していた電力会社から、別の電力会社に乗り換えることを「スイッチング」と言います。例えば、携帯電話会社を変更するときの手続きでは、利用者は元の会社で解約の手続きを行い、一方で新しい会社で新規申し込みをしますね。電力会社のスイッチングでは、このような手続きを一元化し、電力会社の切り替えをスムーズに行える制度、「スイッチング支援システム」が開発されています。
スイッチング支援システムは、国の電力システム改革の一環として2015年4月に設立された「電力広域的運営推進機関(広域機関)」が開発したもの。このシステムによって、利用者は新しく利用したい電力会社にスイッチングを申し込むだけで、会社側が解約を含む全ての手続きを行ってくれます。現時点で想定される申し込み時に必要な事項は、主に次の5点です。

  • 現在の電力会社名
  • 電力会社のお客様番号
  • 供給地点特定番号
  • スイッチング希望日
  • 本人確認書類

また、変更手続きの際には、利用者の設備に関する情報、電力使用量のデータ、スマートメーターの設置状況という3つの情報も必要です。広域機関がスイッチング支援システムを通してこれらのデータを取得し、新規に申し込む会社に提供することになります。


新規参入企業だけでなく従来の電力会社も新しいサービスの提供を開始しました。私たちも乗り遅れずに自分のニーズを見直し、お得な情報を見逃さないようアンテナを張っておきましょう。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。