私たちの生活とどう関係する?日本銀行の役割を知ろう!

マネープラン

ニュースで日銀総裁の顔を目にする機会は多くても、日本銀行が普段どんなことをしているのかを説明できる人は少ないかもしれません。日本で唯一の中央銀行である日本銀行は、実際にはどのような役割を担っているのでしょうか?

日本銀行の主な業務内容は?

日本銀行の主な役割は、「発券銀行」、「政府の銀行」、「銀行の銀行」の3つです。それぞれの内容について紹介します。

1.発券銀行(紙幣の発行)
現在、日本では千円札、二千円札、五千円札、一万円札の4種類の紙幣が使用されています。紙幣は多くの人々の手に渡るため、流通するにつれてボロボロになります。日本銀行は、このように古くなった紙幣を銀行経由で回収したり、紙幣の必要量を計算して新しい紙幣を発行するのです。
2.政府の銀行
日本銀行には政府の預金口座があり、政府の資金(国庫金)が預け入れられています。そのため、「政府の銀行」とも呼ばれているのです。例えば、私たちは国に税金や保険料を支払い、年金を受け取っています。また、国は公共事業なども行います。これらのお金を管理しているのが日本銀行です。このほかに、国債の元金や利息の支払いなども行っています。
3.銀行の銀行
私たち個人や一般企業が日本銀行に口座を開設することはできませんが、私たちがお金を預けている民間の金融機関は、日本銀行に当座預金口座を開設しています。そのため、日本銀行は「銀行の銀行」とも呼ばれているのです。金融機関の当座預金口座を通じて、預金の受け入れや貸し付け、金融機関同士の決済などを行います。

売りオペ・買いオペって何?

日本銀行は上記3つの役割のほか、物価の安定と国民経済の発展のために、市場に出回るお金を調整する政策(金融政策)を行っています。さまざまな金融政策がありますが、ここでは「売りオペレーション(売りオペ)」と「買いオペレーション(買いオペ)」について解説します。

売りオペレーション
好景気のときには、日本銀行は保有する国債や手形などを金融機関へ売却します。すると、銀行などの民間金融機関が持つ資金が減りますよね。その結果、金融市場に出回るお金が減り、金利が上昇するのです。このように日本銀行が国債や手形などを売却することを「売りオペレーション」といいます。売りオペレーションが行われると、一般的にはお金を借りにくくなりますので、景気が抑制されて物価が下がる傾向となります。
買いオペレーション
一方、不景気のときには日本銀行は金融市場で国債や手形などを購入します。すると、民間の金融機関が持つ資産が増え、金融市場に出回るお金が増えますよね。その結果、金利が下がるのです。このように日本銀行が国債や手形などを購入することを「買いオペレーション」といいます。買いオペレーションが行われると、一般的にはお金を借りやすくなりますので、景気が刺激され、物価が上がる傾向となります。

日銀総裁を決めるのは大変!

私たちが日本銀行に関するニュースで目にすることが多いのは、日本銀行総裁に関するものではないでしょうか。平成25年3月に白川方明(しらかわまさあき)氏が日本銀行総裁を退任し、黒田東彦(くろだはるひこ)氏が就任しました。任期途中での退任がなければ、平成30年4月まで黒田氏が務める予定です。
日本銀行総裁は、その発言によって日本だけでなく海外の経済情勢にも影響を与える重要な役割を担っています。選任方法は、“衆議院と参議院の同意を得て内閣が任命する”ことが日本銀行法で定められており、副総裁と審議委員の人事もこの方法で決定します。日本銀行総裁や副総裁を決めるのは大変なことなのですね。
ちなみに、黒田氏はアメリカの経済誌フォーブス(Forbes)の「世界で最も影響力がある人物ランキング2015」で50位にランクイン。安倍晋三首相の41位にはおよびませんが、日本銀行総裁にどのような人物が就任するのかは日本だけの問題とはいえないでしょう。


日本銀行は物価の安定と国民経済の発展を理念として、通貨と金融の調整を行っています。直接利用することはなくても、私たちの生活には大きな影響力を持っています。日銀の金融政策や日銀総裁の発言を参考にしながら、今後の景気動向に注目してみてください。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

丹所美紀
アステル行政書士事務所代表 行政書士・知的資産経営認定士
「皆様の明日を照らす」を理念とし、建設業許可申請をはじめとする各種許認可申請、知的資産経営支援、事業計画書や補助金申請書等の作成代行、遺言相続業務、会社設立支援、外国人関連業務等に従事。
ホームページ:名古屋遺言書作成支援センター