実際何をしているの?株主総会について知ろう

マネープラン

6月は株主総会がたくさん開かれる時期。ニュースで話題になることも多いです。しかし、株を持っていても、実際に株主総会に参加したことがある人は少ないかもしれません。株主総会の仕組みや参加するメリットについてご紹介しましょう。

株主総会ってそもそも何?

株式会社は、文字通り「株式」を発行する会社です。株式を購入した人(株主)からの出資金を、事業を行うための資金に充てています。株主側からみれば、資金を出す代わりに、利益が出れば還元を受けられるという仕組みです。
そして、「株主総会」というのは、株式会社の最高意思決定機関。株主たちは事実上会社の所有者なので、重要な議案は株主総会で、株主の意見を聞いて決定することになっているのです。
株主総会には、次の2種類があります。

定時株主総会
決算期ごとに開催される株主総会。原則決算日から3か月以内に開催され、決算の報告・承認、剰余金の配当などについて決議されます。例えば3月決算の株式会社の場合、通常は6月末までに定時株主総会が開催されます。
臨時株主総会
必要に応じて開催される株主総会。定款の変更、取締役に欠員が出た時などに開催され、決議されます。
持ち株数に応じて議決権が割り当てられる
株主は原則として1株につき1つの議決権を行使することができます。しかし、単元株制度を採用している会社においては、「1単元」(一定の範囲内で会社が決める株式数)につき1つの議決権です。持ち株数が1単元に満たない株主は、議決権を行使することができません。
例えば、X社は100株を1単元とする単元株制度を採用しているとします。
Aさん:X社の株を1,000株所有
Bさん:X社の株を50株所有
この場合、Aさんは10の議決権を行使することができます。これに対して、Bさんは議決権を行使することができません。

事例から見る株主総会

では、株主総会の事例をひとつ挙げてみましょう。
平成28年3月24日にクックパッド株式会社の第12回定時株主総会が開催され、定款の変更や取締役の選任などに関する決議が行われました。
クックパッドは、ご存知の通り有名なレシピ検索サイトを運営する会社です。そんな会社が、株主総会の2日前に創業者の佐野陽光(さのあきみつ)氏を執行役から解任しました。
しかし、佐野氏は2016年4月現在、クックパッドの全ての株のうち4割以上を保有する「筆頭株主」(持ち株比率が最も高い株主)です。筆頭株主の意見は当然大きく反映されます。
結果として、株主総会における佐野氏の株主提案が一部取り入れられ、株主総会後に社長は交代。佐野氏も再度執行役に就くことになりました。
このように、会社の経営権を誰が掌握するのかという非常に重要な事項を株主総会で決議するのですね。株主の力の大きさがよくわかる事例です。

参加することでどんなメリットがある?

株主総会に参加するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

業界の動向に詳しくなれる
まずは事業内容や決算の報告があるので、業界の動向や会社の取り組みがわかります。通常、会社の経営陣の話を直接聞く機会はめったにありませんよね。会社の方針や業績などがわかると、社会勉強になるだけでなく、その会社への見方が変わることや、愛着を持てるようになることもあります。
自分の意見が反映されることも
株主として質問する機会や、意見を述べる機会もあるため、自分の意見を他の株主や経営陣に伝え、場合によってはその意見が反映される可能性があります。そうすると、会社の所有者の1人という認識が芽生えてより有意義に感じるでしょう。
なお、会社によっては株主総会の参加者へお土産を渡しています。あくまでも株主が株主総会へ出席する目的は議決権を行使することですが、お土産があるとうれしいものですね。

6月は株主総会シーズンといわれています。会社の重要事項を決議する株主総会に参加できるのは、株主の特権です。株主になったら株主総会へ参加し、事業や決算の報告、経営陣の方針を理解したうえで、自らの貴重な議決権を行使してはいかがでしょうか。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

丹所美紀
アステル行政書士事務所代表 行政書士・知的資産経営認定士
「皆様の明日を照らす」を理念とし、建設業許可申請をはじめとする各種許認可申請、知的資産経営支援、事業計画書や補助金申請書等の作成代行、遺言相続業務、会社設立支援、外国人関連業務等に従事。
ホームページ:名古屋遺言書作成支援センター