子どもが生まれたら検討したい!「個人賠責(個人賠償責任保険)」って何?

マネープラン

医療保険や死亡保険を検討する人は多いですが、「個人賠償責任保険」という保険の存在を知っていますか?私たちは、日常生活において常にリスクと隣り合わせ。自分が被害を受ける可能性もありますが、誰かにケガをさせる、あるいは他人の持ち物を誤って壊してしまうこともあるかもしれません。

どんなときに助かる?個人賠償責任保険

個人賠償責任保険は、日常生活で他人にケガを負わせたり、他人の物を壊したりして、法律上の損害賠償責任を負ってしまった場合に保険金が支払われるというものです。
被保険者には家族も含まれます。一般的には本人以外に配偶者、同居の親族、生計を共にする別居の未婚の子が対象となる場合が多いです。そのため、子どもが起こしてしまった事故もカバーされます。
例えば、以下のような場合に、補償の対象となります。

  • 友達の家に遊びに行ったときに、高価な美術品を壊してしまった。
  • 自転車で走行中に、歩行者とぶつかり後遺障害を負わせた。
  • マンションのベランダから鉢植えを落としてしまい、通行人にケガをさせた。
  • 駐車場に停めてある他人の車に傷をつけた。
  • 飼い犬が他人に噛みついて、相手にケガをさせた。

特に子どもがいる家庭にとっては、ドキッとする事例ばかりですね。

もちろん大人でも、

  • デパートで買い物中に陳列商品を落として破損させてしまった。
  • 自宅マンションの風呂場からの水漏れで、階下の家財に損害を与えてしまった。

など、さまざまなケースが想定できます。住んでいる住宅の使用や管理を原因とする偶然の事故によって損害を与えてしまった場合も該当するのですね。
被害者に対する損害賠償金(治療費、修理費、慰謝料など)だけでなく、弁護士費用や、訴訟になった場合にかかる費用なども保険金支払いの対象となります。
なお、他人の「身体」や「財物」に損害を与えた場合が支払い対象となります。他人への名誉棄損、プライバシー侵害などは対象外なので注意しましょう。

「特約」なので、忘れないで!

個人賠償責任保険は、単独で加入することはほとんどありません。多くの場合、自動車保険や火災保険、傷害保険など他の保険の「特約」として契約するのです。損害保険会社により、「個人賠償責任補償特約」、「日常生活賠償特約」、「個人賠償責任特約」など名称は異なります。注意点と保険金額・保険料の目安を見てみましょう。

注意点
特約のため、主契約に加入したときに気づかないうちに入っていた、入っていることを忘れている、二重に入っている、といったことがあるかもしれません。逆に、火災保険などの主契約を解約したときに、特約も自動的に解約されていたことに気がつかないという場合も考えられますので気をつけましょう。
保険金額と保険料
個人賠償責任保険(特約)の保険料は損害保険会社ごとに異なりますが、一般的にとても安いです。例えば、保険金額(補償額)1億円の場合、毎月の保険料は高くても数百円程度のことが多いでしょう。万一のことを考えれば、このくらいの保険料なら「安心料」と思えるかもしれませんね。

実際に損害が発生したら?

もし、誰かにケガをさせた、他人のものを壊してしまったなどの事故が起き、実際に損害が発生した場合には、まず保険会社あるいは損害保険代理店に連絡しましょう。保険金請求時に必要な書類は損害保険会社ごとに異なりますが、主なものは以下のとおりです。

  1. 保険金請求書
  2. 修理費用の請求書や見積書、示談書などの書類
  3. 被害物件の写真

個人賠償責任保険のなかには示談交渉サービスを行ってくれる商品もあります。ただし、商品によって異なるので、加入前にきちんと確認したほうがよいでしょう。


日本でも、何かにつけ謝罪を要求する風潮が強まっているように思います。日常生活で失敗してしまったときに、賠償責任を負うリスクは高まっているのではないでしょうか。特に、子どものいる家庭は心配ですね。個人賠償責任保険を有効に活用して、上手にリスク回避しましょう。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

一色徹太
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®認定者
金融商品や保険を販売しない中立的な独立系のファイナンシャル・プランナーとして、個人のマネー・ライフプラン相談、講演・セミナー、執筆等に従事。東証(東京証券取引所)でJPXアカデミー講座の講師も務めている。
ホームページ:一色FPオフィス