やっぱりエアコンが高い?夏の電気代節約術をチェック!

マネープラン

夏といえば猛暑。連日の熱帯夜で、冷房なしでは過ごせないという人も多いでしょう。しかし、冷房を使う時間が長くなると、電気代の明細を見るのが恐ろしくなってしまいます…。夏の電気代は、どうしたら節約できるのでしょうか?

電気代がかさむ一番の原因はやっぱりエアコン!

夏の13時~16時頃は電力需要がピークになる傾向があります。日中は最も節電を心掛けなくてはならない時間帯です。
資源エネルギー庁の推計によれば、夏の昼間14時頃に最も多くの電気を消費するのがエアコン(58%)。次いで冷蔵庫(17%)、照明(6%)、テレビ(5%)、待機電力(3%)と続きます。
消費電力の半分以上をエアコンが占めていますね。電気代を節約できるかどうかは、エアコンの使い方にかかっていると言えます。

電気代節約につながるエアコンの使い方とは?

では、エアコンをどのように使えば、電気代を節約できるのでしょうか?一番のポイントは、エアコンの設定と掃除です。

まずは設定を見直そう
推奨されている温度設定は28℃ですが、それでは暑くて耐えられないという人もいるかもしれません。もちろん無理は禁物ですが、冷房を1℃高く設定するだけで約10%の節電になることは覚えておきましょう。
エアコンの設定でもうひとつチェックしたいのが、風量。「微風」や「弱風」ではなく、設定温度に合わせて効率的に調整してくれる「自動」にしておくのがベストです。
また、暑いなと思ったら、温度を下げる前に風量を強くしてみましょう。温度よりも風量で調節する方が、電力消費が抑えられるからです。風量を強くするだけでも体感温度が下がるので涼しく感じます。
こまめな掃除も忘れずに
エアコンの中にゴミやホコリが入るのを防ぐフィルターは、こまめな掃除が欠かせません。フィルターが詰まってしまうと冷房効果が弱まり、より多くの電気を消費してしまいます。2週間に1度ぐらいの頻度でお手入れするようにしましょう。
室外機にも気を配って
室外機の日よけ対策も重要です。室外機に日光が当たる状態のままにしておくと、熱がこもり、消費電力が上がってしまいます。すだれを立てかける、植物を植えるなどして、日陰をつくるようにしましょう。ただし、吹き出し口を塞がないようご注意を。

または、電力需要ピークの時間帯に外出してはいかがでしょうか?家にいるとどうしてもエアコンを使って電気代がかかってしまうわけですから、冷房の効いた施設へ出かけて涼むというのもひとつの手です。

その他の電気代節約術いろいろ

電気代を節約する方法は、まだまだあります。エアコン以外の節電方法もいくつか見てみましょう。

冷蔵庫の詰め込みすぎは厳禁
電力消費の第2位にランクインしている冷蔵庫ですが、まずは扉を開ける時間と回数を減らすようにしましょう。食品を腐らせないよう注意する必要はありますが、庫内温度設定を「強」から「中」に下げるのも効果的。食材を詰め込みすぎると冷気がまわらなくなるので、夏場は中身を減らすのがベストです。
冷凍庫はその逆で、できるだけ詰め込むのが正解。冷凍された食品同士が冷却しあうので、すき間なく詰めておくことで効果が上がります。
待機電力をなくす努力を
待機電力をカットするには、こまめに主電源を切る習慣をつけること。また、長時間使わない場合はコンセントを抜くか、省エネタップ(コンセントにつないだまま待機電力を一括または個別にオフできる電源タップ)を使ってスイッチをオフにするなどの工夫が必要です。
ただし、冷蔵庫をはじめとする、常に電気が必要なもののスイッチを間違えて切らないよう注意したいところです。また、エアコンは一度コンセントを抜いてしまうと、再び差し込んでから運転するまでしばらく待たなくてはなりません。トラブルが発生する恐れもありますので、エアコンを頻繁に使う時期はコンセントを差したままの方がよいでしょう。
契約を見直してみよう
契約しているアンペア数を下げられないかチェックしてみることをおすすめします。アンペア数を下げると基本料金が下がり、電気代が安くなるケースが多いです。ただし、ブレーカーが落ちる可能性があるため、電子レンジとドライヤーは時間をずらして使用する、といったようにたくさんの電気を同時に使わない工夫が必要です。家族の人数や生活習慣を考慮し、無理して下げないようにしましょう。
また、電気会社によっては、時間帯ごとにお得な割引プランを用意しているところもあります。例えば、昼間は基本的に不在で夜型の生活、ということであれば、夜間の料金が割安なプランを選ぶとよいでしょう。

電気代節約術の一部をご紹介しました。夏の電気代に毎年悩まされている人は、エアコン設定の見直しからはじめてみてはいかがでしょうか?

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。