もし自動車事故を起こしたら?万が一に備える手続きとお金の話

マネープラン

自動車を運転する以上、安全運転を心がけていても事故のリスクはあります。もらい事故だけでなく加害者になる可能性もゼロではありません。万が一事故を起こしてしまったら…。その時に取るべき行動や手続き、そしてお金のことについて解説します。

物損事故の場合

自動車事故は、けが人のいる「人身事故」とけが人のいない「物損事故」に大別されます。物損事故の場合、まずは事故の拡大を防ぐことが重要です。可能なら車を安全な場所に移動させ、走行できない場合は発煙筒や停止表示機材を置くなど、道路上の危険を防止する措置をとります。その後、警察へ事故発生の時間や場所などを連絡しましょう。

保険会社の手続きや保険金を受け取るまでの流れ

次いで、保険会社にも連絡します。保険金受け取りまでの簡単な流れは下記の通りです。

  1. 事故発生時の連絡
    日時、場所や事故の状況、運転者氏名、免許証番号、証券番号などを伝えます。コールセンターの電話番号や証券番号は保険証券に記載されていますので、車に常備しておくと安心です。ただし車の状態によっては保険証券を取り出せないこともありますので、電話番号と証券番号だけは別にメモしておくことをおすすめします。
  2. 初期対応
    補償内容や事故内容などの事実確認のほかに、必要書類や今後のスケジュールなどの事故対応、保険金を受け取るための手順等を確認します。
  3. 必要書類の提出
    事故によって必要書類は異なります。書類は基本的に保険会社が指示、もしくは用意してくれるケースが多いですが、内容としては保険金請求書、事故発生状況報告書、修理見積書などです。
  4. 損害状況の確認・調査
    専門のスタッフが事故状況や損害の確認、修理工場への立ち合いを行います。こういった調査を経て、保険金額が確定し支払われることになります。
    注意すべき点は保険金の上限額です。損害賠償額が補償上限を超えた部分は自分で支払うことになりますので、保険金の上限額を決める際は慎重に判断しましょう。

人身事故の場合

人身事故も同じ自動車事故ですので、基本的な流れは物損事故と変わりません。ただしいくつか注意点や相違点があります。

とにかく救命第一
物損事故と違い、人命にかかわるため、真っ先に被害者の安否を確認します。負傷していれば救急車を呼びます。慌てると110番と119番をかけ間違える人もいますが、救急車と警察はどちらに電話しても相互に連絡がいく仕組みなので大丈夫です。
用意すべき書類が増える
人身事故の場合は、物損事故で必要な書類に加えて、診断書や治療費を算定する資料なども必要になります。
勝手に相手方と交渉しない
警察や保険会社に連絡する前に、勝手に「賠償します」「全額弁償します」といった約束をしないように気をつけましょう。言った、言わないで揉めることがありますし、相手方にも過失のある場合など、素人では正確な判断がつきません。なお、近年は万一に備えて車にドライブレコーダー(映像や音声を記録する車載装置)を取り付ける人が増えています。争いを避けられるケースもありますので、心配な人は検討するといいでしょう。
「責任」が重くなる

人身事故の場合は当然責任も重くなります。事故の責任には次の3つがあることを知っておきましょう。

  1. 民事責任(相手方:事故の被害者)
    加害者が被害者に与えた損害を、お金(損害賠償)で支払うのが民事責任です。
  2. 刑事責任(相手方:国)
    交通事故を犯罪とみなし、罰金や禁固刑が科される場合があります。無罪判決が出されることもある一方、飲酒運転やひき逃げなどの過失があると罪が重くなります。
  3. 行政責任(相手方:公安委員会)
    運転免許の停止や免許の取り消しなどの処分を受けることがあります。信号無視やスピード違反をすると免許の点数が減点されますが、その延長にある処分と考えるといいでしょう。

交通事故というと民事責任の損害賠償責任を思い浮かべる人が多いと思いますが、それ以外の責任を問われる可能性があることも知っておきましょう。

安心のために任意保険に入ろう

自動車の保険には、強制加入である自賠責保険と任意保険があります。

被害者救済のための自賠責保険
自賠責保険は、全ての自動車(原動機付自転車を含む)に加入が義務づけられている保険です。交通事故の被害者救済を目的とした保険であり、被害者の状態によって最高4,000万円まで保障されます。1人あたりの保障金額には上限がありますが、複数被害者がいても支払限度額が減らされない、1事故当たりの限度額はないなどの特徴があります。
しかし、自賠責保険は被害者のいない物損事故や自損事故は対象外です。自損事故保険や搭乗者傷害保険(自分が運転している車の同乗者の傷害を補償)など、自分側の補償は任意保険でカバーしましょう。
自損もカバーしてくれる任意保険
任意保険の強みは補償だけではありません。事故発生時のロードサービスや、対人事故の示談交渉など、お金以外で頼れる部分が多くあります。事故を起こすとどうしても気が動転してしまうものですが、保険会社が手厚いサポートをしてくれれば安心できるでしょう。
条件に合わせて保険料が変わってくるため、自動車の利用状況に合わせて任意保険への加入もしっかり検討しましょう。

自動車事故を起こしてしまった場合、事故発生から終結まで多くの手続きや段階を踏まなければなりません。任意保険を利用して、少しでも負担を減らしたいものです。万が一に備えて任意保険はしっかり選んでください。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

横山晴美
企業に所属せず、中立・公平の立場で活動する住宅系ファイナンシャルプランナー。新規購入・リフォーム・二世帯住宅を問わず、家に関することなら購入額から返済計画まで幅広く対応。また、住宅購入は家計・教育費・老後資金・相続など多くの視点が必要なため、ライフプランを見据えた相談を行う。
ホームページ:ライフプラン応援事務所