話題のマイナス金利。私たちの生活にどう影響する?

マネープラン

2016年に日本で初めて導入された話題のマイナス金利政策(以下、「マイナス金利」)。なかには、「私たちの預金金利がマイナスに……!?」と思った人もいたようです。マイナス金利の仕組みと私たちへの影響について知っておきましょう。

マイナス金利は、経済を活性化させるための日銀の施策

では、そもそもマイナス金利とはいったいどういうものなのでしょうか?詳しく見てみましょう。

マイナス金利とは
日本銀行(以下、「日銀」)は、金融機関から当座預金を受け入れています。マイナス金利とは、この当座預金を基礎残高、マクロ加算残高、政策金利残高という3つに分け、そのうち政策金利残高の金利をマイナス(-0.1%)とする政策です。分かりやすく言うと、これまで金融機関は、日銀にお金を預けると金利分の利息をもらえましたが、この政策金利残高の部分は逆に日銀に利息を払わなくてはならなくなり、損をしてしまうことになります。
マイナス金利は、私たちの預金金利をマイナスにする政策ではないことがわかりました。あくまでも日銀と金融機関との間のやりとりのように見えますが、本当に私たちの生活には影響がないのでしょうか?
マイナス金利の目的

日銀は、マイナス金利を導入した理由について、「2%の物価安定目標を早期に実現するため」としています。これは、原油価格の下落や中国をはじめとする新興国・資源国の経済に対する先行き不透明感などから世界経済が不安定になり、物価に悪い影響をおよぼすことを心配したものです。
ただし、それ以外にも日銀は、マイナス金利による次のような効果を期待しているものと思われます。

  1. 金融機関が、今まで日銀に預けていた資金を融資や株式投資などに回すことによる、企業の設備投資促進、株式市場への資金流入
  2. 強い金利低下圧力による、円高の防止
  3. 住宅ローン金利や預金金利の低下による、消費の活発化

日銀には、マイナス金利により経済を活発化させたいねらいがあるのは疑いのないところでしょう。マイナス金利が私たちの生活に与える影響について、もう少し詳しく見てみましょう。

借りるときには有利

マイナス金利導入後、いろいろな金利が大きく下がりました。なかでも代表的なのが、住宅ローンの金利です。
主な銀行9行の住宅ローン金利について、マイナス金利導入前と後の数字を比べると、特に固定金利型や5年、10年の固定金利期間選択型で軒並み金利が下がっています。
これを受け、住宅ローンを借り入れている人のなかで「借り換え」を検討する人が急増しました。また、新たに住宅を購入して住宅ローンを組もうとする人も増えています。ほかにも、自動車ローンの金利が大きく下がりました。
このように、マイナス金利は、一般的に借り入れ側には有利に作用します。日銀のねらいどおり、経済が活発化する可能性があるでしょう。

一方で、資産運用の選択肢が減ることに

では、マイナス金利はよいことだらけなのでしょうか?かなり思い切った政策ですので、残念ながら副作用もあります。特に、資産運用にとっては影響が大きく、マイナス金利導入後、以下のような事態が生じました。

  • 預金の金利や国債の利率が大幅に低下
  • MMF(マネー・マネジメント・ファンド。公社債を中心に安全性の高い商品で運用する投資信託)が販売停止に
  • 生命保険商品のうち、貯蓄性の高い一時払い終身保険の販売停止や予定利率引き下げ

上記のとおり、マイナス金利により資産運用の選択肢は減りました。普通預金や定期預金をはじめとする元本保証のある商品で確実に資産を増やしていくことは、とても難しくなっています。
一方、マイナス金利を受け、個人向け国債やREIT(不動産投資信託)などには資金が集まっています。百貨店の友の会(会員優待制度)の新規加入件数も大幅に伸びているのです。


マイナス金利は、私たちの生活にプラスとマイナス両面の影響を与えます。マイナス金利の仕組みを正しく理解し、マイナス金利と上手につきあっていきましょう。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

一色徹太
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®認定者
金融商品や保険を販売しない中立的な独立系のファイナンシャル・プランナーとして、個人のマネー・ライフプラン相談、講演・セミナー、執筆等に従事。東証(東京証券取引所)でJPXアカデミー講座の講師も務めている。
ホームページ:一色FPオフィス