「爆買い」も話題。中国がもたらす経済効果とは?

マネープラン

近年、春節や夏休みなどの長期休暇に合わせて中国人観光客が来日し、驚くほどの数の商品を購入していく、いわゆる「爆買い」が話題になっています。中国人観光客が両手にいくつもの買い物袋を提げていたり、商品でいっぱいのカートを押していたりする姿を目にしたこともあるのではないでしょうか。
なぜ、爆買いする中国人観光客が増えたのでしょう?その理由と、爆買いが日本にもたらす経済効果に迫ります。

中国人観光客による日本での支出は約1兆4,000億円!

日本政府観光局の「平成27年 訪日外客数・出国日本人数」によれば、2015年に日本を訪れた中国人観光客の数は約500万人。2014年は約240万人でしたから、およそ2倍に増えていることになります。
また、国土交通省(観光庁)の「訪日外国人消費動向調査 平成27年(2015年)年間値」によれば、2015年の中国人観光客1人あたりの旅行支出は28万3,842円。旅行消費額の合計は1兆4,174億円となり、訪日外国人旅行者による消費全体の約4割を占めています。
合計額を費目別に見てみると、買い物代が8,088億円でダントツのトップ。その後に宿泊料金(2,503億円)、飲食費(2,113億円)と続いています。
ニュースでは、ドラッグストア、百貨店、家電量販店などでの爆買いが注目を集めていますが、実際にはどんなものが購入されているのでしょうか?同調査によると1位は「化粧品・香水」、2位は「菓子類」、3位は「医薬品・健康グッズ・トイレタリー」です。「服・かばん・靴」は5位、「電気製品」は6位、「カメラ・ビデオカメラ・時計」は7位にランクインしています。

どうして「爆買い」が起きるようになったの?

中国人観光客はなぜ、お金と時間をかけて日本までやって来て、たくさんの商品を買っていくのでしょうか?

高品質・高性能の製品
まず挙げられるのが、日本で買える商品の品質や性能の高さ。中国人観光客は、自国の製品にはない魅力を求めて、わざわざ日本まで足を運んでいるのです。
円安
円安・元高も理由のひとつです。中国人観光客に人気の商品カテゴリのひとつが、高級ブランド品。人民元が強くなるなか、日本ではブランド品の価格が値上げされない状況が続きました。そのため、中国人観光客にとっては自国よりも日本で購入する方がお得だったのです。しかし、価格の上昇や中国の景気減速などの理由から、高級ブランド品の人気には、変化が現れはじめています。
外国人旅行者向け消費税免税制度の改正
2014年の10月から改正となった、外国人旅行者向け消費税免税制度の存在も大きいでしょう。改正前までの免税対象品は家電、衣類、かばんなどに制限されていましたが、改正後は食品、飲料、薬品、化粧品といった消耗品も対象となりました。
官製バブル
官製バブルは、政府が意図的に起こすバブルのこと。リーマンショックの際に、中国は景気対策として4兆元(約57兆円)を投じ、バブルが発生して景気がよくなりました。そのバブルの恩恵を受けた人たちがよりよいものを求めるようになった、というのも中国人観光客が日本に押し寄せた理由のひとつです。

爆買いはいつまで続く?

日本に大きな経済効果をもたらしている爆買いは、今後も続くのでしょうか?実は、中国人観光客に嗜好の変化が見えはじめています。前述の「訪日外国人消費動向調査」から、中国人観光客が来日中にしたこと、次に来日するときにやりたいこととして、回答数が多かったものを見ていきます(ショッピングを除く)。

  • 日本食を食べること
  • 繁華街の街歩き
  • 自然・景勝地観光
  • 温泉入浴
  • 旅館に宿泊
  • 日本のお酒を飲むこと
  • テーマパーク
  • 四季の体感(花見・紅葉・雪等)
  • 日本の歴史・伝統文化体験

体験型の消費が多いことにお気づきでしょうか?ほかには美容室・エステ体験、アニメなどの舞台となった場所の訪問、アイドルのコンサートなども人気です。
爆買いを体験した中国人観光客が、次に日本を訪れるときもショッピングを楽しみたいかどうかはわかりません。「物」よりも「体験」というニーズの変化が進めば、爆買いブームが終わる可能性も考えられます。日本側も、中国人観光客が求めるものを提供できるよう対策をしていく必要があるのかもしれません。


中国人観光客による大量購入は日本経済にとってありがたいことですが、今の状態がいつまで続くかはわかりません。爆買いのピークは過ぎたという見方も出はじめているので、今後の動向が見逃せないですね。

参考:
  • 観光庁|【訪日外国人消費動向調査】平成27年(2015年)
  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。