借金地獄に陥らないために!知っておきたい消費者金融とヤミ金の話

マネープラン

手元に現金がなくなって困ったとき、「クレジットカードの分割払いやリボ払いで支出を管理する」「キャッシングやカードローンを利用する」といった方法があります。しかし、それでも首がまわらなくなってしまうと、ヤミ金に手を出してしまう人もいるかもしれません。注意しないと借金地獄に陥ってしまう恐れもあります。しっかりと仕組みを知っておきましょう。

消費者金融、サラ金、ヤミ金、違いは何?

お金を借りる手段は、家族や親戚に頼る、銀行・消費者金融を利用する、などの方法が考えられますが、比較的気軽に借りられるのが消費者金融ではないでしょうか。また、「ヤミ金、サラ金=消費者金融」と勘違いしている人もいるかもしれませんが、実際には異なります。一体どのような違いがあるのでしょうか?

消費者金融、サラ金は法律に従っている
サラ金とは、サラリーマン金融の略称です。消費者金融と同じ意味で使われることが多いので、ここでは「消費者金融」としてまとめます。消費者金融では、借りられる額や利息が貸金業法などの法律で決まっています。
借入限度額が年収の3分の1までとなっているほか、金利の上限も利息制限法と出資法という2つの法律で定められています。以前は2つの法律は上限利率が異なりましたが、現在は等しく上限金利20.0%です。利息制限法の上限金利は借入金額によって多少差があり、元本10万円未満の場合で最大20.0%、上限金利を超過した支払い分は、利息ではなく元本の返済に充てられることになっています。
利息制限法の上限金利を超える金利は民事上無効で、行政処分の対象にもなります。なお、出資法では上限金利を超える金利帯での貸付けは、刑事罰の対象となっています。
消費者金融は法律を順守し、貸金業者の登録も行っています。一方、ヤミ金は大きく毛色が異なります。まず、ヤミ金は、貸金業者の登録をしていません。したがって法律も守らず、返済不可能な金額を貸し付けたり、高額の利息が発生したりする恐れがあるため、注意が必要なのです。
ヤミ金に手を出すとどうなる?
手を出してはいけないのがヤミ金です。高額の利息が発生する恐れがあり、俗にいう「トイチ」など10日で1割という法外な利息が付くことも。また、親兄弟が脅迫まがいの取り立てを受ける、勤務先にも催促の電話をかけてくるなど生活に支障をきたすような状態に陥るケースもあります。
金利が高く常に利息分の返済しかできないと、いつまでたっても借金は減りません。うっかりヤミ金からお金を借りてしまったときのために、年109.5%を超える高利の契約は無効となることを覚えておきましょう。

どうしてもお金が足りないときはどうすればいいのか

借りるならば、返済計画を立てられることが前提です。その意味からも、高い金利が発生する可能性のあるヤミ金は利用してはいけません。では、お金に困ってしまったときは、どうすればよいのでしょうか?

カードローン
クレジットカードで現金借り入れを行います。限度内であれば比較的自由に借り入れが可能ですが、金利は利用するカードや借入額によって異なります。事前に確認しておきましょう。
大手消費者金融
インターネットやスマートフォンから気軽に申し込みができ、審査時間も早いです。大手業者では20日や30日の無利息期間があるため、早期返済のあてがある人に向いているといえます。しかし、利便性が高く簡単に借りられるため利用を繰り返してしまう恐れもあります。
おまとめローン
既に、複数の借り入れをしているなら、利息の低い借入れにまとめてしまう手もあります。借り入れ先をひとつにすれば、返済日や返済額が把握しやすいので、返済計画も立てやすくなるでしょう。
「生活福祉資金貸付制度」や「債務整理」という手段も
毎月借り入れをしないと生活がまわらないという場合、自治体が管轄する「生活福祉資金貸付制度」を検討してみましょう。所得や年齢などの要件はありますが、連帯保証人がいれば無利息で貸し付けを受けられます。
また、借り入れがかさんで返済の目処がつかなくなったときは、債務整理も考えましょう。自己破産というイメージが強く抵抗があるかもしれません。しかし、その手前に任意整理や民事再生などの選択肢もあります。債務整理については無料の電話相談もあるので、まずは相談してみましょう。
参考:
法テラス・サポートダイヤル

街中の広告やインターネットなどでよく目にする消費者金融は身近な存在かもしれません。お給料日前で現金がない、急な支出に対応できないといった場合には便利ですが、多用は避けたいものです。怖いのは、最初は消費者金融で借りていたものの返済がおぼつかなくなり、審査や限度額の甘いヤミ金に手を出してしまうというパターンです。


借り入れは、返済さえできれば怖いものではありません。大手消費者金融やクレジット会社のウェブサイトでは返済シミュレーションも充実しています。利息を考慮したうえで返済できる範囲を見極め、上手に利用したいですね。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。