たばこの税金が高いのはなぜ?話題の電子タバコはどうなの?

マネープラン

たばこの税率はどれくらいかご存じですか?「販売価格の63%程度」といわれており、上昇する傾向にあります。なぜたばこの税金は上がりやすいのでしょう?そして、最近話題の電子タバコとはどんなものでしょうか?

たばこの税負担率は6割以上

たばこの税率は約63%ということですが、たばこには、「国たばこ税」「地方たばこ税」「たばこ特別税」そして「消費税」という何種類もの税金がかかっています。1箱440円(20本入り)の紙巻たばこを例に、税金の内訳を見てみましょう。

  • 国たばこ税:106.04円
  • 地方たばこ税:122.44円(道府県たばこ税、市町村たばこ税の合計)
  • たばこ特別税:16.40円
  • 消費税:32.59円
  • 合計:277.47円

440円のうち、実際にたばこに払っているお金は162.53円で、6割以上は税金が占めています。参考までに、350mlのビール6缶の税負担率が47.7%、700mlのウィスキーが28.4%と比較すると、たばこの税金がいかに高いかわかりますね。ちなみに、レギュラー1リットルのガソリンの税負担率は42.6%、18リットルの灯油は10.0%です。
過去10年間で行われたたばこ税の増税は、2003年7月、2006年7月、2010年10月の3回。たばこにかかる税金は、上昇し続けているのです。

たばこ税が増税される理由と税金の使いみち

次に、たばこが増税されやすい理由と、たばこ税が何に使われているかを見ていきます。

なぜ、たばこだけが増税されやすいのか?
たばこは、「世論が味方をするため増税しやすい」といえるでしょう。消費税が上がると、反発する国民もいます。しかし、たばことなると話が変わるのです。
「喫煙は悪いこと」という考え方が浸透してきているのは、ご存じのとおりです。たばこは身体に悪く、受動喫煙が社会問題化して、飲食店や施設での分煙や禁煙が進みました。「値上がりするなら」とたばこをやめる人も増えたので、不満の声を上げるのは少数派の喫煙者だけです。
また禁煙の流れは、日本だけでなく世界的なものになっています。海外では、たばこ1箱が1,000円以上する国もあります。
2015年に世界保健機構(WHO)が、たばこの消費を減らすため、「たばこ税を価格の75%まで引き上げましょう」と提言した影響もあります。つまり、「たばこを吸わない」は世界の常識であり、“税金を上げる=禁煙を助ける”という構図もあるため、たばこは増税の対象となりやすいのです。
たばこ税の使いみちは?
「たばこ特別税」は、もともと、ばく大な債務を抱えていた旧国鉄と国有林野事業を助けるためにつくられたもの。つまり、国の借金返済に使われているのです。
「国たばこ税」は主に国の一般財源、「地方たばこ税」は各地方自治体の一般財源として使われています。一般財源は使いみちが自由なので、何に使われているか不透明です。福祉や教育など、国民の暮らしと関連のあることに使われているといわれています。

話題の電子タバコはどうなの?

最近利用者が増えている電子タバコは、香りのついた液体を加熱してその水蒸気を吸引するもの。吸引機はたばこのような形をしています。海外にはニコチン入りの電子タバコがありますが、日本の場合、薬事法の規制により、国内で販売される電子タバコにニコチンは含まれません。
それでは、電子タバコにたばこ税はかかっているのでしょうか?たばこ事業法では、製造たばこは「葉たばこを原料の全部又は一部とし、喫煙用、かみ用又はかぎ用に供し得る状態に製造されたもの」と定義されています。つまり、たばこの葉が使われていない電子タバコは、法律上「たばこ」ではないので、たばこ税がかかりません。
電子タバコには、副流煙の心配がない、たばこ臭くないといったメリットがあります。しかし、ニコチンが含まれていなくても、健康に悪影響を及ぼす可能性もあるようです。


吸う人も吸わない人も、たばこ税の使いみちについて知っておくとよいでしょう。街でたばこを吸っている人を見かけたり、自身が次の1本に火を点けたりするときは、「税金やその行方」に思いをめぐらせてみるのもよいかもしれません。

参考:
  • 財務省|主な紙巻たばこの税負担割合等
  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。