掛け捨て型?貯蓄型?入らない?医療保険について考えよう

マネープラン

「医療保険は掛け捨てのみ」と思っている人も多いようですが、貯蓄型の医療保険も存在します。また、「貯蓄があれば医療保険はいらない」という話を聞くこともありますよね。実際のところどうなのでしょう。医療保険の必要性はその人の抱えるリスクによって異なります。医療保険の種類や選択肢について知っておきましょう。

掛け捨て型と貯蓄型の医療保険の違いとは?

医療保険の加入率は7割以上といわれています。近年は保険の内容もバラエティに富んでいますが、医療保険はどれも同じに見えるという人も多く、貯蓄型医療保険の存在を知らない人もいるようです。

掛け捨て型医療保険は安心感抜群
一般的な医療保険は病気やケガによる入院や手術に備えるというもので、以前は、入院給付日額と入院日数が加入を決める際の主な判断基準でした。最近では入院日数が短期化しているため、入院時の一時金や通院給付金に着目した保険も多くなっています。
主流の掛け捨て型医療保険の特徴は、貯蓄型と比較して保険料が安いこと。低価格でもしもの時のための安心を得られるという大きなメリットがあります。その一方で、何事もなければ払った保険料は戻ってこない点がデメリットかもしれません。しかし給付金を受け取ることがなかったとしても、「健康でいた証」ということで納得できる料金設定といえるのではないでしょうか。
貯蓄型医療保険は積み立てと同じ
貯蓄型とは、払ったお金が戻ってくる保険のことです。ただし無条件ではなく、入院や手術による保険金支払いがなければ、という条件付きになります。一定期間、もしくは保険期間中ずっと健康であれば、「生存給付金」や「お祝い金」などの名称で還付金が受けられるのです。
また、一定の条件を満たした場合に、支払った保険料が全額戻ってくる商品も登場しています。5万、10万といった定額ではなく、保険料が返金されるのは画期的です。入院や手術などが発生した場合は、その分を差し引いた残存する保険料が戻ってくると考えましょう。ただしこの商品は保険料水準も高くなります。貯蓄型の保険は、お金を積み立てながら、ケガや入院時には大きな保障が得られるもの、と考えるとわかりやすいですね。

貯蓄があれば医療保険はいらないってホント?

医療保険はもしもの時に心強い保険ではありますが、会社員の場合は入院や通院により収入がダウンしたときに賃金の3分の2程度が受け取れるという「傷病手当金制度」があります。そもそも医療費の自己負担割合は多くても3割です。それらを考慮すると、そもそも医療保険がいらないのでは…?と感じる人も多いかもしれません。医療保険に加入しないという選択肢についても検討してみましょう。

医療保険に加入する必要性が低い人の主な特徴は以下の通りです。

  1. 十分な貯蓄がある
  2. 病気や入院について職場の理解がある
  3. 在宅ワークが可能である

貯蓄の額は大事ですが、それに加えて入院、療養中の収入確保も重要です。貯蓄があり、かつ病中・病後の収入が途切れないのであれば医療保険の必要性は低いでしょう。ただし、上記3つの条件を満たしていたとしても、医療保険に加入しておいたほうがよい人もいます。例えば個室を望む場合です。自ら希望した場合は個室料金(差額ベッド代)が発生します。差額ベッド代が一泊数万円という病院もあり大きな負担になる可能性も。また、最先端の医療を受けたいなら先進医療特約付き保険に加入しておくと安心です。

医療保険料が高くて悩んでいるなら

医療保険料を抑えたい場合もありますよね。その際は、保険の見直しをする前に公的医療制度の支援をどの程度受けられるか確認しましょう。前述の傷病手当金制度は健康保険加入者だけが対象で、自営業者や健康保険に加入していない従業員は恩恵を受けられません。
高額な医療費を払った場合に自己負担限度額を超えた金額の払い戻しを受けられる制度(高額療養費制度)もあります。ただし、自己負担額の上限は、所得や年齢により異なるので注意が必要です。入院時にかかる医療費総額と、自己負担限度額および受けられる給付額を確認し、医療保険とのバランスを見直しましょう。


医療保険が必要かどうか、加入の際はどんな医療保険がいいのか、悩みは尽きません。最終的な答えは貯蓄額、仕事内容による本人の就業不能リスク、病気をしたときに希望する医療などによって変わってきます。自分のリスクと希望を明確にし、ニーズに合った保険を探しましょう。

  • 本ページの内容は掲載時点での情報です。

ライター紹介

横山晴美
企業に所属せず、中立・公平の立場で活動する住宅系ファイナンシャルプランナー。新規購入・リフォーム・二世帯住宅を問わず、家に関することなら購入額から返済計画まで幅広く対応。また、住宅購入は家計・教育費・老後資金・相続など多くの視点が必要なため、ライフプランを見据えた相談を行う。
ホームページ:ライフプラン応援事務所